日経 Gooday

ホーム  > 病院で受ける検査事典  > おもな検体検査:電解質の検査  > マグネシウム(Mg)

おもな検体検査:電解質の検査

マグネシウム(Mg)

マグネシウム

基準値

1.2~4.8mg/dl

慢性下痢や嘔吐、アルコールの多飲などで低値に

 マグネシウムは、細胞内の酵素的反応(とくにATP産生に関わる経路)や、アミノ酸の活性化・蛋白合成に関与し、リポゾームの保全、RNAやDNAの合成反応、神経・筋における情報伝達などの働きをする電解質(陽イオン)です。

 食物中のマグネシウムの約50%は腸で吸収され、血液中にあるマグネシウムはおもに腎(じん)臓を通って尿中へ排泄されています。嘔吐(おうと)や下痢を繰り返したりして腎臓からのマグネシウムの排泄が増加すると、低値になります。

 また、アルコールをたくさん飲むと、下痢をおこしやすくなって便中へのマグネシウムの排泄が増加し、血液中のアルコール濃度が高くなると、尿中へのマグネシウムの排泄が多くなり、低値になります。

 一方、腎不全や尿毒症では、腎臓からの排泄が低下してマグネシウム値は高くなります。

とくに低値に注意

 マグネシウムは、低くても高くても異常ですが、とくに低値(欠乏症)が問題になります。疲れやすい、脱力感、しびれなどを感じ、さらに低くなると筋肉のつれや収縮、ふるえなどが、また頻(ひん)脈や不整脈、妄想、不安感などが出現したりします。

 筋肉や心臓、神経症状などを認め、マグネシウムが低値ならマグネシウム入りの点滴をし、その原因を明らかにするため血液検査などを追加します。

疑われるおもな病気などは

◆高値→各種腎疾患、脱水、ケトアシドーシス、アジソン病、ビタミンDやリチウム投与など

◆低値→小腸切除手術後、慢性下痢、アルコール依存、各種薬物(ゲンタマイイシン、カルベニシリン、アンホテリシンB、シスプラチン、シクロスポリンなど)

▲医師が使う一般用語:「マグネシウム」

  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.