日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 病院で受ける検査事典  > おもな検体検査:電解質の検査  > ナトリウム(Na)

おもな検体検査:電解質の検査

ナトリウム(Na)

ナトリウム

基準値

135~145mEq/l(mmol/l)

腎不全などで低下

 ナトリウムとは、体の水分の保持、浸透圧の調節(酸-塩基平衡の調節)などにたずさわっている電解質(陽イオン)です。ナトリウムは、腎(じん)機能の異常を疑うときや、浮腫(ふしゅ)(むくみ)などの体液過剰症状、尿量異常などがみられるときに検査します。

 体の中のナトリウムの97%は細胞外液にあるため、体内の水分の増加とナトリウムの体外への出が多くなると低値になります。

 体内の水分とナトリウムの調節は、腎臓(+尿管)で行われています。腎臓の機能が低下する腎不全になると、尿量が減少して体内の水分が外へ出ていかなくなるため浮腫(顔や手足のむくみ)になり、体内のナトリウムが水分で薄まって血液中のナトリウムは低値になります。

 その他、肝硬変や心不全でも尿量が減少し、同じようにナトリウム値が低下します。

過剰の発汗、脱水などで高値に

 ナトリウムは、過剰な発汗、激しい下痢や嘔吐(おうと)がみられるときにも調べます。これらの症状によって、体の中の水分が異常になくなると、体内のナトリウム濃度が上昇し、血液中のナトリウムが高値になります。

 ナトリウムが高値になる原因のほとんどは水分の欠乏で、塩分を多くとり過ぎたためにナトリウム値が上昇することはそんなに多くありません。塩分を多くとった場合は、体は口の渇きを感じ、水分をたくさんとるようになり、ナトリウム濃度が上昇し過ぎないように調節しています。

異常値が出たら、さらに細かく検査を

 血清を用いて、自動分析器で測定します。検査前に異常発汗があったり、過剰に塩分をとり過ぎると、一時的に軽度の高値になることがあります。検査当日の飲食は普通にとってかまいません。

 ナトリウムは低値の異常が多いのですが、高過ぎても低過ぎても体にとってはよくありません。ナトリウム値の異常は病気の原因でもあり、結果でもあります。脱水でも浮腫でも、それがおこれば循環不全となり、体にとっては大きなマイナスになります。

 異常値の場合には、その理由をはっきりさせるため、さらに細かな血液検査や心電図(参照)、胸部単純X線撮影(参照)などを行います。

 なお、ナトリウムは、クロールと同様の変動を示すので、両者はつねに同時に測定します。クロールの基準値は98~108mEq/l(mmol/l)です。

腎臓の異常やむくみ、過剰な発汗などがあるときに行う検査です。高値になる原因のほとんどは、水分の欠乏です。
電解質とは

 水に溶けてイオンになる物質、すなわち溶解すると電気を帯びる物質を、電解質という。イオンとは、原子が電気を帯びた状態にあること。

 人の体の約60%は、水分すなわち体液で、体液は、細胞の中に含まれる細胞内液と、細胞のまわりにある細胞外液(血液も細胞外液の一種)とで構成されている。

 体液中にはさまざまな物質が溶け込んでおり、その物質を大別すると、水に溶けて電気を帯びる(イオンになる)電解質と、水には溶けても電気を帯びない(イオンにはならない)非電解質がある。

 電解質はさらに、陽イオン(+)と陰イオン(-)に分かれ、陽イオンにはナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウムなど、陰イオンにはクロール、無機リンなどがある。非電解質には、ブドウ糖や尿素などがある。

疑われるおもな病気などは

◆高値→発汗過多、熱傷、高度の下痢、尿崩(にょうほう)症、食塩過剰摂取など

◆低値→腎不全、ネフローゼ症候群、うっ血性心不全、肝硬変、利尿薬の過剰内服、嘔吐、下痢など

▲医師が使う一般用語:「ナトリウム」ときに「ナト」

◎著作権 日経Gooday(グッデイ)の「病院で受ける検査事典」検索サービスは、「四訂版 病院で受ける検査がわかる本」(発行:法研)をデータベース化したものです。掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

◎日経Gooday(グッデイ)の免責事項必ずお読みください

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「胃がん」撃退のため知っておきたい最新情報

    これまで多くの人の命を奪い、「死の病」であった胃がんが、「ピロリ菌」除菌の登場によって未然に防ぐことができる病気になってきた。また、万が一胃がんになってしまった場合も、胃カメラによる検診を定期的に受けていれば、超早期の段階で見つけて治療し、胃の機能をほとんど損ねることなく日常生活に戻ることができる。本特集では、近年死亡率が大きく減少している胃がんの最新事情をまとめる。

  • 寝ても取れない疲れを取るには?

    「疲労大国」といわれる日本。「頑張って仕事をすれば、ある程度疲れるのは当たり前」「休む間もないほど忙しいが、やりがいがあるから、さほど疲れは感じない」などと思っている人も多いかもしれない。だが、睡眠時間を削るような働き方を続けていると、知らぬうちに疲れはたまる。結果、「寝てもなかなか疲れがとれない」という状態に陥るばかりか、免疫力の低下や、生活習慣病の発症につながることは多くの研究で知られている。疲労の正体から、疲労回復の実践的な方法までをまとめた。

  • つらい筋トレ不要? 効率的に「お腹を凹ませる」トレーニング

    薄着の季節になると、何かと気になる“お腹ぽっこり”。短期間で何とか解消したい!と思う人は多いだろう。しかし、スポーツジムでしっかり運動するのはつらいし、運動する時間を確保するのも大変だ。そこで、今回のテーマ別特集では、手軽に実践できる「ドローイン」と「猫背姿勢の改善」で“ぽっこりお腹”を解消していこう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.