日経 Gooday

ホーム  > 病院で受ける検査事典  > おもな検体検査:血液生化学検査  > 銅(Cu)

おもな検体検査:血液生化学検査

銅(Cu)

どう

基準値

男性:80~135μg/dl

女性:100~160μg/dl

生体に必須のミネラル

 銅は、生体にとって必須のミネラル(微量金属)の1つであり、酵素や蛋白質を構成しています。銅は小腸上部から吸収され、約95%はセルロプラスミンという糖蛋白となり、残りはアルブミン(参照)と結合しています。

 銅の生理作用は、貯蔵鉄動員作用、血漿鉄交替率の促進、鉄酸化触媒酵素としての作用、酸化酵素の補酵素的な働き、成長の促進などに関与しています。

 血清中の銅の値は、女性の場合、妊娠中は月を追って上昇し、後期には基準値の2~3倍になりますが、分娩後1~2週間後には元に戻ります。また、ストレスや激しい運動などによっても高値を示すことがあります。

ウィルソン病の診断に重要

 血清中の銅は、先天性の銅代謝異常、銅欠乏症、胆道疾患などの診断や悪性腫瘍のスクリーニング(ふるい分け)などのときに検査をします。高値より低値のときのほうがむしろ問題で、なかでもウィルソン病の診断に重要です。

 ウィルソン病は、先天性の銅代謝異常により組織に銅が沈着する病気で、肝臓におけるセルロプラスミンの生成障害が原因でおこります。ウィルソン病は、脳のレンズ核変性による神経症状、肝硬変、角膜周辺に沈着するカイザー・フライシャー輪の3つを主症状とする病気で、小児から高齢者まで幅広く発症します。

 その他には、血清中の銅の値がとくに重要な鍵となる病気や症状はありません。

疑われるおもな病気などは

◆高値→感染症、胆道疾患(閉塞性黄疸、細胆管性肝炎、胆汁性肝硬変)、鉄欠乏性貧血、悪性腫瘍、胆道閉鎖症など

◆低値:ウィルソン病、メンケス病、ネフローゼ症候群、多発性硬化症、栄養不良など

▲医師が使う一般用語:「どう」または「シーユー」

  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.