日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 病院で受ける検査事典  > おもな検体検査:血液生化学検査  > 銅(Cu)

おもな検体検査:血液生化学検査

銅(Cu)

どう

基準値

男性:80~135μg/dl

女性:100~160μg/dl

生体に必須のミネラル

 銅は、生体にとって必須のミネラル(微量金属)の1つであり、酵素や蛋白質を構成しています。銅は小腸上部から吸収され、約95%はセルロプラスミンという糖蛋白となり、残りはアルブミン(参照)と結合しています。

 銅の生理作用は、貯蔵鉄動員作用、血漿鉄交替率の促進、鉄酸化触媒酵素としての作用、酸化酵素の補酵素的な働き、成長の促進などに関与しています。

 血清中の銅の値は、女性の場合、妊娠中は月を追って上昇し、後期には基準値の2~3倍になりますが、分娩後1~2週間後には元に戻ります。また、ストレスや激しい運動などによっても高値を示すことがあります。

ウィルソン病の診断に重要

 血清中の銅は、先天性の銅代謝異常、銅欠乏症、胆道疾患などの診断や悪性腫瘍のスクリーニング(ふるい分け)などのときに検査をします。高値より低値のときのほうがむしろ問題で、なかでもウィルソン病の診断に重要です。

 ウィルソン病は、先天性の銅代謝異常により組織に銅が沈着する病気で、肝臓におけるセルロプラスミンの生成障害が原因でおこります。ウィルソン病は、脳のレンズ核変性による神経症状、肝硬変、角膜周辺に沈着するカイザー・フライシャー輪の3つを主症状とする病気で、小児から高齢者まで幅広く発症します。

 その他には、血清中の銅の値がとくに重要な鍵となる病気や症状はありません。

疑われるおもな病気などは

◆高値→感染症、胆道疾患(閉塞性黄疸、細胆管性肝炎、胆汁性肝硬変)、鉄欠乏性貧血、悪性腫瘍、胆道閉鎖症など

◆低値:ウィルソン病、メンケス病、ネフローゼ症候群、多発性硬化症、栄養不良など

▲医師が使う一般用語:「どう」または「シーユー」

◎著作権 日経Gooday(グッデイ)の「病院で受ける検査事典」検索サービスは、「四訂版 病院で受ける検査がわかる本」(発行:法研)をデータベース化したものです。掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

◎日経Gooday(グッデイ)の免責事項必ずお読みください

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイントNEW

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

  • 痛風だけじゃない!「高すぎる尿酸値」のリスク

    尿酸値と関係する病気といえば「痛風」を思い浮かべる人が多いだろう。だが、近年の研究から、尿酸値の高い状態が続くことは、痛風だけでなく、様々な疾患の原因となることが明らかになってきた。尿酸値が高くても何の自覚症状もないため放置している人が多いが、放置は厳禁だ。本記事では、最新研究から見えてきた「高尿酸血症を放置するリスク」と、すぐに実践したい尿酸対策をまとめる。

  • 早期発見、早期治療で治す「大腸がん」 適切な検査の受け方は?

    日本人のがんの中で、いまや罹患率1位となっている「大腸がん」。年間5万人以上が亡くなり、死亡率も肺がんに次いで高い。だがこのがんは、早期発見すれば治りやすいという特徴も持つ。本記事では、大腸がんの特徴や、早期発見のための検査の受け方、かかるリスクを下げる日常生活の心得などをまとめていく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.