日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 病院で受ける検査事典  > おもな検体検査:血液生化学検査  > 血清鉄(Fe)

おもな検体検査:血液生化学検査

血清鉄(Fe)

けっせいてつ

基準値

男性:60~200μg/dl

女性:40~160μg/dl

(比色法)

血清鉄とは

 体の中の酸素を組織へ運搬するヘモグロビン(参照)の構成因子のひとつ。

子宮に筋腫ができて出血が続くと鉄が減少する(左図)。白血球ががん化してできた白血病細胞は骨髄で増殖、赤血球造血を障害するため、鉄が利用されずに高値に(右図)
貧血の原因や白血病などを調べる検査です。高値でも低値でも異常が考えられるので、さらに検体検査や画像検査などを行います。

出血性貧血などで低値に

 貧血の原因を調べるときに行う重要な検査です。

 胃や腸の潰瘍やがん、子宮筋腫などで、体内から多くの血液が失われる(吐血、下血、不正性器出血)と強い貧血(出血性貧血)となり、同時に鉄分も失われて血液中の鉄は低値になります。

 食物からとった鉄分は十二指腸で吸収され、血液中では蛋白(トランスフェリン)と結合し、骨髄へ運ばれてヘモグロビン(参照)をつくるもとになり、さらに、これをもとに赤血球がつくられます。

 十二指腸での鉄分の吸収が悪いときや食事の内容が偏っていると(偏食)、血液中の鉄が不足し、その結果、ヘモグロビンの合成が低下して貧血がおきてしまいます。若い女性に多くみられる鉄欠乏性貧血になるわけです。

溶血性貧血、白血病などで高値に

 赤血球(参照)の寿命は約120日で、骨髄でつくられて、肝臓や脾(ひ)臓などで壊されます。

 赤血球が何らかの原因で、寿命以前に壊されることを溶血といいますが、溶血性貧血がおこると血球の破壊がおきて、ヘモグロビンが血液中に出てきて、鉄は高値になります。

 肝硬変では、肝臓が硬くなって肝臓への血液の流れが悪くなり、かわりに脾臓への血液の流れが増え、脾臓で異常に血球が破壊され、血液中の鉄が高値を示します。

 また、骨髄で赤血球がつくられなくなる白血病や再生不良性貧血の場合は、原料としての鉄が利用されないため、血液中で高値になります。

女性のほうがやや低い傾向に

 血清を用いて、自動分析器で測定します。女性のほうが、男性よりやや低い傾向にあります。生理後は低値になります。

 検査当日の飲食は普通にとってかまいませんが、鉄は日内変動があり、午前中は高く、午後は低くなります。

高値でも低値でもくわしく検査

 高値でも低値でも異常です。鉄の代謝に関係する血液中蛋白(総鉄結合蛋白やフェリチン、トランスフェリン)をはじめ、種々の血液検査や便潜血反応(参照)、上部消化管内視鏡(参照)、腹部超音波(参照)、腹部CT(参照)、また、婦人科のチェックなども必要なことがあります。

 さらに、骨髄の一部を採取して造血能力を調べる検査(骨髄穿刺(せんし))が必要なこともあります。

疑われるおもな病気などは

◆高値→溶血性貧血、再生不良性貧血、白血病、肝硬変、サラセミアなど

◆低値→鉄欠乏性貧血、出血性貧血、慢性感染症、悪性腫瘍など

▲医師が使う一般用語:「てつ」=血清鉄の略

◎著作権 日経Gooday(グッデイ)の「病院で受ける検査事典」検索サービスは、「四訂版 病院で受ける検査がわかる本」(発行:法研)をデータベース化したものです。掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

◎日経Gooday(グッデイ)の免責事項必ずお読みください

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • もの忘れと将来の認知症の関係は?

    「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」…。“もの忘れ”は、ミドル以上なら誰にでも経験があるもの。本特集では、もの忘れの原因は何なのか、将来の認知症につながるのかなどについて紹介する。

  • 健康寿命を左右する「全粒穀物と食物繊維」の摂取方法

    今、世界的に「全粒穀物」の健康効果が注目されている。全粒穀物の摂取が増えるほど、がん、心血管疾患、総死亡率が低くなるという研究報告も出ている。その健康効果の中核となっているのが「食物繊維」だ。食物繊維が体にいいことはよく知られているが、主に便通などに影響するものと軽視されがち。だが、食物繊維不足は生活習慣病と密接な関係がある。本特集では、主食の選択が及ぼす健康効果から、注目の大麦の健康効果、穀物以外の食物繊維のとり方までを一挙に紹介する。

  • 「胃がん」撃退のため知っておきたい最新情報

    これまで多くの人の命を奪い、「死の病」であった胃がんが、「ピロリ菌」除菌の登場によって未然に防ぐことができる病気になってきた。また、万が一胃がんになってしまった場合も、胃カメラによる検診を定期的に受けていれば、超早期の段階で見つけて治療し、胃の機能をほとんど損ねることなく日常生活に戻ることができる。本特集では、近年死亡率が大きく減少している胃がんの最新事情をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.