日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 病院で受ける検査事典  > おもな検体検査:血液生化学検査  > クレアチニン

おもな検体検査:血液生化学検査

クレアチニン

クレアチニン

基準値

男性:0.5~1.0mg/dl

女性:0.4~0.8mg/dl

(酵素法)

クレアチニンとは

 尿素窒素と同様、体内の蛋白質が分解されたあとの最終産物。筋肉内でクレアチンという物質からつくられて血液中に出現し、腎臓から尿中へ排泄される。

腎機能が低下するとクレアチニンが増加
腎臓や筋肉の病気などを調べる検査です。高値のときは、腎機能がかなり悪化している可能性があります。筋肉の萎縮する病気の場合は、低値になります。

腎機能が低下すると高値に

 尿素窒素(ちっそ)(参照)と同様に、腎(じん)臓病の疑いがあるときに行う検査です。

 ただし、尿素窒素は腎臓では糸球体で濾過(ろか)されて、尿細管から再吸収されますが、クレアチニンは糸球体から濾過されるだけで、尿細管から再吸収はされません。さらに、クレアチニンは、腎臓以外の影響を受けにくいという性質があります。

 そのため、腎臓の排泄能力の指標としてより有効で、クレアチニンの上昇は、腎機能が低下した状態をよりよく反映しています。

 しかし、クレアチニンは、腎機能(糸球体濾過率参照)が正常の50~75%以下になるまでは上昇しないため、軽度の腎機能障害の判定には適当とはいえず、そのためには次に述べるクレアチニン・クリアランスの検査が必要です。

筋肉の萎縮する病気では低値に

 クレアチニンは、筋肉の病気を調べるときにも検査されます。

 筋肉内で合成されるクレアチニンの量は筋肉の量に比例するため、筋ジストロフィー症などの筋肉の萎縮(いしゅく)する病気があるときは、低値になります。

男性は女性より高値

 測定法にはいくつかあり、それぞれで基準値が若干異なります。本書で提示している酵素法では、酵素の入った試薬と比色計を用いて測定します。

 筋肉量の多い男性は、女性と比べると10~20%高値になり、体格のよい人は当然、高値になります。

 また、年齢が増すごとに糸球体濾過率が低下するため、高値になります。しかし、同時に筋肉量も低下するため、高齢者では腎機能の指標としての血清クレアチニンは、わずかしか上昇しないので、注意が必要です。

 検査当日の飲食は普通にとってかまいません。前日・当日の激しい運動は控えます。

基準値以上のときは繰り返し検査を

 基準値以上のときは繰り返し検査を行い、いつも基準値を超えるような場合は、糸球体濾過率はすでに3分の1~2分の1に低下していると考えられます。

 運動や食事などに気をつけて、脱水・感染・妊娠などの憎悪因子を避けるような日常生活を送る必要があります。

 また、慢性腎疾患では月1~2回測定し、さらに糸球体濾過率を推定するために、クレアチニン・クリアランスを半年ごとに調べるほうがよいでしょう。

疑われるおもな病気などは

◆高値→腎機能障害(腎不全)、肝硬変、降圧薬服用など

◆低値→筋疾患(筋ジストロフィー症)、長期臥(が)床、妊娠など

▲医師が使う一般用語:「ニン」=クレアチニンから

◎著作権 日経Gooday(グッデイ)の「病院で受ける検査事典」検索サービスは、「四訂版 病院で受ける検査がわかる本」(発行:法研)をデータベース化したものです。掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

◎日経Gooday(グッデイ)の免責事項必ずお読みください

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 健康寿命を左右する「全粒穀物と食物繊維」の摂取方法

    今、世界的に「全粒穀物」の健康効果が注目されている。全粒穀物の摂取が増えるほど、がん、心血管疾患、総死亡率が低くなるという研究報告も出ている。その健康効果の中核となっているのが「食物繊維」だ。食物繊維が体にいいことはよく知られているが、主に便通などに影響するものと軽視されがち。だが、食物繊維不足は生活習慣病と密接な関係がある。本特集では、主食の選択が及ぼす健康効果から、注目の大麦の健康効果、穀物以外の食物繊維のとり方までを一挙に紹介する。

  • 「胃がん」撃退のため知っておきたい最新情報

    これまで多くの人の命を奪い、「死の病」であった胃がんが、「ピロリ菌」除菌の登場によって未然に防ぐことができる病気になってきた。また、万が一胃がんになってしまった場合も、胃カメラによる検診を定期的に受けていれば、超早期の段階で見つけて治療し、胃の機能をほとんど損ねることなく日常生活に戻ることができる。本特集では、近年死亡率が大きく減少している胃がんの最新事情をまとめる。

  • 寝ても取れない疲れを取るには?

    「疲労大国」といわれる日本。「頑張って仕事をすれば、ある程度疲れるのは当たり前」「休む間もないほど忙しいが、やりがいがあるから、さほど疲れは感じない」などと思っている人も多いかもしれない。だが、睡眠時間を削るような働き方を続けていると、知らぬうちに疲れはたまる。結果、「寝てもなかなか疲れがとれない」という状態に陥るばかりか、免疫力の低下や、生活習慣病の発症につながることは多くの研究で知られている。疲労の正体から、疲労回復の実践的な方法までをまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.