日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 病院で受ける検査事典  > おもな検体検査:血液生化学検査  > 尿素窒素

おもな検体検査:血液生化学検査

尿素窒素

にょうそちっそ

基準値

8~20mg/dl(酵素法)

尿素、尿素窒素とは

 尿素とは、蛋白質が体の中で分解されたあとの最終産物。尿素窒素とは、尿素の中に含まれる窒素分。尿素は肝臓でアンモニアから合成され、血液によって腎臓に運ばれ、糸球体で濾過されて尿中に排泄される。

腎機能が低下すると尿素窒素が増加する。高蛋白の食習慣でも尿素窒素が増加する
腎臓や消化器などの異常を調べる検査です。尿素窒素は生理的にも変動するため、基準値外なら病気との鑑別を行います。

腎機能が低下すると高値に

 血液中の尿素は腎(じん)臓に運ばれ、糸球体で濾過(ろか)されて尿中に排泄されます。したがってこの検査は、第一に腎臓の病気の疑いがあるとき行います。

 基準値は8~20mg/dlですが、腎機能が悪くなると尿素を尿中へ排泄できなくなり、血液中の尿素窒素(ちっそ)の値が上昇します。機能がほとんどなくなる腎不全では、100mg/dl以上になることも稀ではありません。

 ただし、腎機能(糸球体濾過率参照)が正常の50~75%以下になるまでは、尿素窒素の上昇は軽微なため、軽度の腎機能障害の判定には適当ではありません。軽度の腎機能障害をみつけるためには、クレアチニン・クリアランスの検査(参照)が必要です。

消化器出血は中等度の上昇、重症肝機能障害では低下

 尿素窒素は、消化器や肝臓の病気を調べるときにも検査されます。

 胃潰瘍やがんなどで小腸や大腸に出血があると、血液とともに消化管に出た蛋白質が分解されてアンモニアになり、これが肝臓に運ばれて尿素が余分に合成され上昇します。ただし、その程度は腎機能障害に比べると小さく、50mg/dl以上にはなりません。

 一方、尿素は肝臓で合成されるため、劇症肝炎などの重症肝機能障害があるときには合成能力が低下し、低値になります。

高蛋白食で上昇、妊娠で低下

 尿素窒素は、血清を用いて、酵素(ウレアーゼ)が入った試薬と比色計を用いて測定されます。

 尿素窒素の値は、病気以外でも変動します。食習慣の影響を受け、高蛋白食を多く摂取する人では上昇します。

 一方、妊娠している人では、循環血液量が増えるために尿素窒素が薄められたり、胎児の発育に利用されるために低下します。

 検査当日の飲食は普通にとってかまいません。

境界値では継続して月1回の診察と検査

 生理的変動が考えられる場合は、数日以内に再検査します。

 境界値(20~25mg/dl)の場合は、継続して月1回の診察と検査が必要で、激しい運動は行わず、浮腫(ふしゅ)(むくみ)がないかぎりは脱水状態にならないよう十分に水分をとってください。

 また、腎機能障害などが急性憎悪した病態では毎日でも測定し、慢性の病態でも月1~2回測定して状態を把握します。

疑われるおもな病気などは

◆高値→腎機能障害、消化管出血など

◆低値→肝機能障害(肝硬変、肝臓がんなどの広汎な障害)など

▲医師が使う一般用語:「ビーユーエヌ」「バン」=blood urea nitrogen(尿素窒素)の略BUNから

◎著作権 日経Gooday(グッデイ)の「病院で受ける検査事典」検索サービスは、「四訂版 病院で受ける検査がわかる本」(発行:法研)をデータベース化したものです。掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

◎日経Gooday(グッデイ)の免責事項必ずお読みください

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 怖い病気を招く「中性脂肪」を食事・運動で徹底対策!

    健康診断でもおなじみの項目である「中性脂肪」。血液中の中性脂肪が150mg/dLを超えると、脂質異常症の1つ、「高中性脂肪血症(高トリグリセライド血症)」と見なされる。血管の老化を防ぎ、心筋梗塞や脳梗塞を遠ざけるためにも、中性脂肪が上がるのを避けなければならない。そこで、今回はやっかいな中性脂肪の正体や、食事や運動でできる鉄板の対策法を一挙紹介していく。

  • 長年の悩み「腰痛」を解消! 痛みを和らげる体操4選

    腰痛は日本人の国民病とも言える身近な症状だ。特に問題なのは、原因がはっきりしない、「なんだか知らないけど、いつの間にか…」始まってしまう「慢性腰痛」だ。長年にわたって慢性腰痛で悩む人は少なくない。そこで、今回は長引く腰痛の解消が期待できる体操を一挙紹介する。

  • 怖い緑内障 忍び寄る失明を回避するには

    緑内障は放っておくと失明を招く怖い病気だが、病気が進んでも中心部の視力は保たれるため、自分ではなかなか気づきにくい。本記事では、緑内障による失明を回避するために知っておきたい期症状の特徴や、早期発見のために必要な検査、最新治療などについてコンパクトに解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.