日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 病院で受ける検査事典  > おもな検体検査:血液生化学検査  > 血糖

おもな検体検査:血液生化学検査

血糖

けっとう

基準値

110mg/dl未満(酵素法)

血糖とは

 血液中に含まれているブドウ糖(グルコース)のこと。血糖は膵臓から分泌されるインスリンやグルカゴンと呼ばれるホルモン、甲状腺ホルモン、副腎皮質ホルモンなどによって調節され、一定の量に保たれている。

■糖尿病の判定基準
最初の検査で、① 空腹時血糖値が126mg/dl以上、② 75gブドウ糖負荷試験(参照)の2時間値が200mg/dl以上、③ 随時血糖値が200mg/dl以上のいずれかに該当すれば、〈糖尿病型〉と判定。さらに別の日に再検査して、①~③のいずれかで〈糖尿病型〉が再確認できれば「糖尿病」と確定診断される。ただし、・糖尿病の特徴的な症状(口渇、多飲、多尿、体重減少など)がある、・HbA1c値(参照)が6.5%以上、・過去に〈糖尿病型〉を示した検査データがある、・確実な糖尿病性網膜症が認められる場合は、1回の検査で〈糖尿病型〉と判定されれば、「糖尿病」と診断される。(日本糖尿病学会『科学的根拠に基づく糖尿病診療ガイドライン2013』より)
とくに糖尿病を調べる検査です。糖尿病が続くと、急性心筋梗塞や脳梗塞などをおこしやすくなるので、十分に注意してください。

糖尿病で上昇

 血糖の検査は、糖尿病の疑いがあるとき、まず第一に行う検査です。

 血糖を調節しているホルモンはいくつもありますが、とくに重要なのがインスリン(参照)です。これは、食事によって血液中に増加したブドウ糖をグリコーゲン(血糖の補給、エネルギー源に使われる糖類)として組織に貯蔵し、血糖値を下げて一定に保つ働きをしています。

 健康な人では、食後でも血糖値が約170mg/dlを超えることはありませんが、何らかの原因でインスリンが減少したり、インスリンが作用できなくなると血糖値が上昇します。これが糖尿病です。

肥満に注意

 血糖値は、糖尿病をはじめとする下に示した病気のほか、肥満、暴飲暴食、運動不足、ストレスなどの環境によっても上昇します。すなわち、これらが糖尿病の危険因子で、なかでも肥満が最も強い危険因子です。

前日の夜9時から絶食し、朝一番に空腹の状態で測定

 この血糖の検査は、診断基準の①「早朝空腹時血糖値」のことで、酵素を用いた試薬によって分析します。前日の夜9時以降絶食し、朝一番に空腹の状態で測定します。

 血糖値は、採血する血液で異なります。動脈や毛細血管での血糖値は静脈の場合よりも10~20mg/dl程度高値になります。このため、糖尿病の人が自己血糖管理に用いる簡易血糖測定器で血糖値をモニタリングする場合は、病院で測るときより高値になることを知っておく必要があります。

 基準値は110mg/dl未満で、病態識別値(日本糖尿病学会正常型上限)です。

〈糖尿病型〉は再検査

 最初の早朝空腹時血糖の値が126mg/dl以上の場合は〈糖尿病型〉と判定し、診断基準に従って糖尿病か否かを判定します。その結果、糖尿病と診断されれば、まずは医師の指導のもと、食事・運動療法(高蛋白・低カロリーの食事と適切な運動など)によって血糖値を下げる生活をするようにします。

 〈境界型〉とは、〈糖尿病型〉にも〈正常型〉にも属さない群のことです。糖尿病になる危険性が高い状態として、3カ月に1回くらいの間隔で代謝状態を観察し、くわえてライフスタイルの改善を行い、糖尿病への進展の予防、糖尿病への移行の早期発見に努めます。

疑われるおもな病気などは

◆高値→糖尿病、膵疾患(膵炎、膵臓がん)、内分泌疾患(クッシング症候群、褐色細胞腫、甲状腺機能亢進症、グルカゴノーマなど)、肝疾患(肝硬変、慢性肝炎)、その他(妊娠、ストレス、過剰栄養、肥満など)

◆低値→膵疾患(インスリノーマ)、肝疾患(肝硬変、肝がん)、機能性低血糖(絶食、激しい運動、腎性糖尿など)、先天性代謝異常(糖原病、ガラクトース血症)

▲医師が使う一般用語:「けっとう」

◎著作権 日経Gooday(グッデイ)の「病院で受ける検査事典」検索サービスは、「四訂版 病院で受ける検査がわかる本」(発行:法研)をデータベース化したものです。掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

◎日経Gooday(グッデイ)の免責事項必ずお読みください

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 老化を左右する血管! 若返りのポイントは?

    体の中に縦横無尽に張り巡らされた「血管」をよい状態に保つことは、健康を維持するため、そして老化を防ぐために極めて重要だ。では、強い血管をキープし、老化した血管を若返らせるには、何をすればいいのだろうか。本特集では、2万例を超える心臓・血管手術を手がけてきたスペシャリストに、血管の若さを維持する秘訣と、血管を強くする運動法・食事法を聞いていく。

  • つらい「肩こり」は動的ストレッチで解消!

    肩こりの原因の大半は、生活習慣。すなわち、不自然な姿勢で過ごすことや、たとえ良い姿勢であっても長時間続けてしまうことが、首や背中の筋肉を緊張させ、筋疲労を引き起こす。この記事では、肩こりに関する記事の中から重要ポイントをピックアップして、肩こりの解消方法をコンパクトに紹介していく。

  • 筋肉博士が教えるロコモ予防の下半身筋トレ

    健康寿命を延ばすためには、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動だけでなく、「筋トレ」も重要であることが最近改めて認識されている。東京大学大学院教授で“筋肉博士”こと石井直方さんは、「寝たきりにならないためには、40~50代のうちから筋肉量を増やす意識で運動することが大切」という。そこで本特集では、石井さんに聞いた、筋トレの効果と、具体的な下半身筋トレの方法を一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.