日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 病院で受ける検査事典  > おもな検体検査:血液生化学検査  > 総コレステロール

おもな検体検査:血液生化学検査

総コレステロール

そうコレステロール

基準値

130~220mg/dl(酵素法)

コレステロールとは

 脂質の一種で、細胞膜や血管壁の構成、副腎皮質ホルモンや性ホルモンの原料、脂肪の吸収に必要な胆汁酸の材料になるなど重要な役割をしている。総コレステロールとは、血液中に含まれるコレステロールのすべての量をさす。

■リポ蛋白の構造
 コレステロールやトリグリセリド(参照)などの脂質は不溶性のため血液には溶けない。このため、コレステロールは血液中では脂肪酸と結びついたコレステロール・エステル、結びついていない遊離コレステロールの形でアポ蛋白という蛋白と結合し、血液に溶ける形になって全身に流れていく。これをリポ蛋白と呼び、比重の違いからカイロミクロン、VLDL、LDL(低比重リポ蛋白参照)、HDL(高比重リポ蛋白参照)の4つに大別される。
血液中の脂質の量を調べる検査です。高値が続くと、急性心筋梗塞や脳梗塞などの動脈硬化性の病気がおこりやすくなります。

高値が続くと動脈硬化に

 コレステロールは、細胞膜や血管壁を構成して、形状を保つ役割をしています。

 しかし、異常に高値になると血管壁に取り込まれ、内腔に向かって血管壁が隆起して内腔を狭くします。これが動脈硬化で、冠動脈疾患(狭心症、急性心筋梗塞(こうそく))や脳梗塞などの動脈硬化性の病気の原因になります。

糖尿病、甲状腺疾患などで高値に

 糖尿病では、糖代謝異常と関連して脂質代謝も異常となり、血液中の総コレステロールが増加します。

 甲状腺機能低下症では代謝が低下するため、ネフローゼ症候群などの腎疾患では腎機能が低下して血液中のアルブミン(参照)が少なくなるため、それを代償するためにコレステロールを含むリポ蛋白が増加します。

 また、血液中に余分となったコレステロールは、肝臓から胆汁中へ排泄されるため、胆管が閉塞すると逆流して増加します。

減少すると生体の機能が低下

 コレステロールは、副腎皮質ホルモンや性ホルモンの原料であり、また脂肪の吸収に必要な胆汁酸の材料でもあります。このため、コレステロールが減少すると、生体の機能は低下します。

検査前12時間以上は絶食

 酵素を用いた簡単な方法で測定できます。コレステロールは食事の影響が大きいため、検査前12時間以上は絶食、禁酒・禁煙です。

高値のときはLDLコレステロールを調べる

 2007年、日本動脈硬化学会は、それまで使われてきた「高脂血症」という名称を「脂質異常症」に変更しました。これは、脂質異常の重要な指標である低HDLコレステロール血症が、高脂血症という名称のくくりでは、「低」が「高」という矛盾があって、不適切だったためです。

 また、さまざまな研究により、動脈硬化・冠動脈疾患を予防するためには、次項で述べるLDLコレステロール(LDL-C)(→参照)の値が最も重要だということが判明し、このLDL-Cを中心とした脂質異常症の診断基準が新たにつくられ、総コレステロール(TC)は診断基準から外されました。TCの基準値は130~220mg/dlで、上限値は病態識別値(動脈硬化性疾患)になります。

疑われるおもな病気などは

◆高値→家族性高コレステロール血症、糖尿病、甲状腺機能低下症、閉塞性黄疸、胆汁性肝硬変、ネフローゼ症候群など

◆低値→タンジア病、肝実質障害(肝硬変、肝臓がん)、甲状腺機能亢進症、アジソン病など

▲医師が使う一般用語:「そうコレステロール」「そうコレ」あるいは単に「コレステロール」

◎著作権 日経Gooday(グッデイ)の「病院で受ける検査事典」検索サービスは、「四訂版 病院で受ける検査がわかる本」(発行:法研)をデータベース化したものです。掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

◎日経Gooday(グッデイ)の免責事項必ずお読みください

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 老化を左右する血管! 若返りのポイントは?

    体の中に縦横無尽に張り巡らされた「血管」をよい状態に保つことは、健康を維持するため、そして老化を防ぐために極めて重要だ。では、強い血管をキープし、老化した血管を若返らせるには、何をすればいいのだろうか。本特集では、2万例を超える心臓・血管手術を手がけてきたスペシャリストに、血管の若さを維持する秘訣と、血管を強くする運動法・食事法を聞いていく。

  • つらい「肩こり」は動的ストレッチで解消!

    肩こりの原因の大半は、生活習慣。すなわち、不自然な姿勢で過ごすことや、たとえ良い姿勢であっても長時間続けてしまうことが、首や背中の筋肉を緊張させ、筋疲労を引き起こす。この記事では、肩こりに関する記事の中から重要ポイントをピックアップして、肩こりの解消方法をコンパクトに紹介していく。

  • 筋肉博士が教えるロコモ予防の下半身筋トレ

    健康寿命を延ばすためには、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動だけでなく、「筋トレ」も重要であることが最近改めて認識されている。東京大学大学院教授で“筋肉博士”こと石井直方さんは、「寝たきりにならないためには、40~50代のうちから筋肉量を増やす意識で運動することが大切」という。そこで本特集では、石井さんに聞いた、筋トレの効果と、具体的な下半身筋トレの方法を一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.