日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 病院で受ける検査事典  > おもな検体検査:血液生化学検査  > 総コレステロール

おもな検体検査:血液生化学検査

総コレステロール

そうコレステロール

基準値

130~220mg/dl(酵素法)

コレステロールとは

 脂質の一種で、細胞膜や血管壁の構成、副腎皮質ホルモンや性ホルモンの原料、脂肪の吸収に必要な胆汁酸の材料になるなど重要な役割をしている。総コレステロールとは、血液中に含まれるコレステロールのすべての量をさす。

■リポ蛋白の構造
 コレステロールやトリグリセリド(参照)などの脂質は不溶性のため血液には溶けない。このため、コレステロールは血液中では脂肪酸と結びついたコレステロール・エステル、結びついていない遊離コレステロールの形でアポ蛋白という蛋白と結合し、血液に溶ける形になって全身に流れていく。これをリポ蛋白と呼び、比重の違いからカイロミクロン、VLDL、LDL(低比重リポ蛋白参照)、HDL(高比重リポ蛋白参照)の4つに大別される。
血液中の脂質の量を調べる検査です。高値が続くと、急性心筋梗塞や脳梗塞などの動脈硬化性の病気がおこりやすくなります。

高値が続くと動脈硬化に

 コレステロールは、細胞膜や血管壁を構成して、形状を保つ役割をしています。

 しかし、異常に高値になると血管壁に取り込まれ、内腔に向かって血管壁が隆起して内腔を狭くします。これが動脈硬化で、冠動脈疾患(狭心症、急性心筋梗塞(こうそく))や脳梗塞などの動脈硬化性の病気の原因になります。

糖尿病、甲状腺疾患などで高値に

 糖尿病では、糖代謝異常と関連して脂質代謝も異常となり、血液中の総コレステロールが増加します。

 甲状腺機能低下症では代謝が低下するため、ネフローゼ症候群などの腎疾患では腎機能が低下して血液中のアルブミン(参照)が少なくなるため、それを代償するためにコレステロールを含むリポ蛋白が増加します。

 また、血液中に余分となったコレステロールは、肝臓から胆汁中へ排泄されるため、胆管が閉塞すると逆流して増加します。

減少すると生体の機能が低下

 コレステロールは、副腎皮質ホルモンや性ホルモンの原料であり、また脂肪の吸収に必要な胆汁酸の材料でもあります。このため、コレステロールが減少すると、生体の機能は低下します。

検査前12時間以上は絶食

 酵素を用いた簡単な方法で測定できます。コレステロールは食事の影響が大きいため、検査前12時間以上は絶食、禁酒・禁煙です。

高値のときはLDLコレステロールを調べる

 2007年、日本動脈硬化学会は、それまで使われてきた「高脂血症」という名称を「脂質異常症」に変更しました。これは、脂質異常の重要な指標である低HDLコレステロール血症が、高脂血症という名称のくくりでは、「低」が「高」という矛盾があって、不適切だったためです。

 また、さまざまな研究により、動脈硬化・冠動脈疾患を予防するためには、次項で述べるLDLコレステロール(LDL-C)(→参照)の値が最も重要だということが判明し、このLDL-Cを中心とした脂質異常症の診断基準が新たにつくられ、総コレステロール(TC)は診断基準から外されました。TCの基準値は130~220mg/dlで、上限値は病態識別値(動脈硬化性疾患)になります。

疑われるおもな病気などは

◆高値→家族性高コレステロール血症、糖尿病、甲状腺機能低下症、閉塞性黄疸、胆汁性肝硬変、ネフローゼ症候群など

◆低値→タンジア病、肝実質障害(肝硬変、肝臓がん)、甲状腺機能亢進症、アジソン病など

▲医師が使う一般用語:「そうコレステロール」「そうコレ」あるいは単に「コレステロール」

◎著作権 日経Gooday(グッデイ)の「病院で受ける検査事典」検索サービスは、「四訂版 病院で受ける検査がわかる本」(発行:法研)をデータベース化したものです。掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

◎日経Gooday(グッデイ)の免責事項必ずお読みください

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 健康寿命を左右する「全粒穀物と食物繊維」の摂取方法

    今、世界的に「全粒穀物」の健康効果が注目されている。全粒穀物の摂取が増えるほど、がん、心血管疾患、総死亡率が低くなるという研究報告も出ている。その健康効果の中核となっているのが「食物繊維」だ。食物繊維が体にいいことはよく知られているが、主に便通などに影響するものと軽視されがち。だが、食物繊維不足は生活習慣病と密接な関係がある。本特集では、主食の選択が及ぼす健康効果から、注目の大麦の健康効果、穀物以外の食物繊維のとり方までを一挙に紹介する。

  • 「胃がん」撃退のため知っておきたい最新情報

    これまで多くの人の命を奪い、「死の病」であった胃がんが、「ピロリ菌」除菌の登場によって未然に防ぐことができる病気になってきた。また、万が一胃がんになってしまった場合も、胃カメラによる検診を定期的に受けていれば、超早期の段階で見つけて治療し、胃の機能をほとんど損ねることなく日常生活に戻ることができる。本特集では、近年死亡率が大きく減少している胃がんの最新事情をまとめる。

  • 寝ても取れない疲れを取るには?

    「疲労大国」といわれる日本。「頑張って仕事をすれば、ある程度疲れるのは当たり前」「休む間もないほど忙しいが、やりがいがあるから、さほど疲れは感じない」などと思っている人も多いかもしれない。だが、睡眠時間を削るような働き方を続けていると、知らぬうちに疲れはたまる。結果、「寝てもなかなか疲れがとれない」という状態に陥るばかりか、免疫力の低下や、生活習慣病の発症につながることは多くの研究で知られている。疲労の正体から、疲労回復の実践的な方法までをまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.