日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 病院で受ける検査事典  > おもな検体検査:血液生化学検査  > クレアチンキナーゼ

おもな検体検査:血液生化学検査

クレアチンキナーゼ

クレアチンキナーゼ

基準値

50~200U/l(JSCC勧告法)

クレアチンキナーゼとは

 筋肉に多量に存在する酵素で、筋肉細胞の代謝に重要な役割を果たしている。

■図① 急性心筋梗塞における血中酸素の変動
筋肉の病気を調べる検査です。検査を受けるときは、4日前頃から激しい運動は控えてください。筋肉の病気が特定できない場合は、甲状腺疾患を疑います。

急性心筋梗塞、筋ジストロフィー症などで高値に

 クレアチンキナーゼは、筋肉にたくさん含まれているため、筋肉の病気を疑うとき、この検査を行います。

 筋肉に傷害があると、クレアチンキナーゼが血液中に出現して高値となり、なかでも代表的な筋肉の病気である急性心筋梗塞(こうそく)、筋ジストロフィー症では著しく上昇します。

 急性心筋梗塞では図①のように発作後4~5時間から上昇し始め、20~24時間後にピークとなったのち、4~5日で基準値に戻ります。一方、筋ジストロフィー症では筋肉が持続的に傷害されているため高値が続きます。

CK-MBアイソザイムは急性心筋梗塞の特異的指標

 アイソザイムとは、同じ働きをするが分子構造が異なる酵素群のことで、クレアチンキナーゼの場合、さらに分析すると、おもにCK-BB、CK-MB、CK-MMの3つに分けられます。これらのどのアイソザイムが上昇しているかで異常のある臓器などがある程度わかります。

 クレアチンキナーゼのアイソザイム(図②)のうちCK-MBは、とくに心臓の筋肉に多く含まれるため、CK-MBが上昇しているときは急性心筋梗塞や心筋炎など心筋傷害によるクレアチンキナーゼの上昇と考えます。

原因不明の場合は甲状腺疾患を疑う

 筋肉の病気が特定できない場合には、甲状腺の病気も考えられます。甲状腺機能低下症では高値、甲状腺機能亢進症では低値になります。

男性は女性より高値

 基質(クレアチンリン酸)と酵素の入った試薬と比色計を用いて測定し、アイソザイムも同時に分析します。クレアチンキナーゼは筋肉の量と関係するため、男性は女性と比較して10~15%高値になります。

 また、筋肉運動をすると筋肉からクレアチンキナーゼが血液中に漏れ出て上昇し、24時間前後でピークとなり、3~4日後にもとに戻ります。検査を受けるときは、4日前頃から激しい運動は控えてください。検査当日の飲食は普通にとってかまいません。

高値のときは再検査

 基準値を超えていたら、検査前の筋肉運動の有無を確認して、7~10日後に再検査する必要があります。また、アイソザイム分析によってCK-MB の上昇が認められたときは、心筋障害を中心とした精密検査が必要です。

■図② 各種臓器のCKアイソザイムの局在
疑われるおもな病気などは

◆高値→急性心筋梗塞、心筋炎、筋ジストロフィー症、多発性筋炎(皮膚筋炎)、甲状腺機能低下症、悪性高熱症など

◆低値→甲状腺機能亢進症、長期臥床(がしょう)、妊娠など

▲医師が使う一般用語:「シーケイ」=creatine kinaseの略CKから。その他、 旧名のcreatine phosphokinase(クレアチンフォスフォキナーゼ)の略CPKから「シーピーケイ」

◎著作権 日経Gooday(グッデイ)の「病院で受ける検査事典」検索サービスは、「四訂版 病院で受ける検査がわかる本」(発行:法研)をデータベース化したものです。掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

◎日経Gooday(グッデイ)の免責事項必ずお読みください

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 始めよう筋トレ 最低限やりたいエクササイズと食生活のポイント

    筋トレはできるだけ若いうちに始めることに大きなメリットがあるといわれる。それはなぜなのか。また、どんな筋肉をどのように鍛えるのが効果的なのか。高齢になってもしっかりした足腰でいるために今のうちから最低限やっておきたい筋肉エクササイズ、食生活の注意点などを知り、今年こそ「筋トレ習慣」を身に付けよう。

  • 第3波を乗り切るためのコロナ対策

    新型コロナウイルスの新規感染者が再び急増し、日本は今、流行の第3波を迎えている。今後さらに気温と湿度が下がると、ウイルスの生存により適した条件が整うようになる。これ以上の流行拡大を防ぐためには、1人1人が感染予防策を改めて見直し、感染リスクの高い行動を避けて生活することが不可欠だ。第3波を乗り切るためのコロナ対策を、もう一度まとめた。

  • 寝たきり予備軍「フレイル」を防ぐためにできること

    老化を防ぎ、健康寿命を延ばすためには、加齢により心身が衰えた状態である「フレイル」の予防が必要になる。フレイルは、健康な状態と要介護状態の中間に当たるが、これを避けるために特に重要なのが「筋肉量の維持」だ。筋肉量が減少すると、足腰が弱くなって寝たきりにつながるだけでなく、認知症や心疾患のリスクが上がることも分かってきた。筋肉量を維持し、フレイルを防ぐために何をすればよいだろうか。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設 日経Gooday初割キャンペーン

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.