日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 病院で受ける検査事典  > おもな検体検査:血液生化学検査  > アルカリホスファターゼ(ALP)

おもな検体検査:血液生化学検査

アルカリホスファターゼ(ALP)

アルカリホスファターゼ(ALP)

基準値

100~350U/l(JSCC 勧告法)

アルカリホスファターゼ(ALP)とは

 エネルギー代謝にかかわる酵素のひとつで、ほとんどすべての臓器や組織に含まれている。

肝臓や胆道系の異常、骨肉腫などを調べる検査です。黄疸がおこると高値となり、かなり肝臓や胆道系が弱っています。

肝臓・胆道系の病気で黄疸がおこると高値に

 アルカリホスファターゼ(ALP)は、胆道系(胆嚢(のう)・胆管)の上皮細胞(毛細胆管)の細胞膜に多く含まれています。

 この上皮細胞が炎症や胆汁の流出低下などで破壊されると、血液中にたくさん出てきて高値になるため、肝臓や胆道の変化(結石や腫瘍)を調べる検査のひとつとして利用されています。

 胆汁うっ滞性肝炎や総胆管結石や腫瘍で黄疸(おうだん)がおこると、アルカリホスファターゼは基準値の数倍に上昇します。抗菌薬などの薬剤を飲んでおこる薬剤性肝炎でも、黄疸とともに数倍に上昇します。これは、胆汁うっ滞により胆管内圧が上昇することで、アルカリホスファターゼの合成が亢進するためです。逆流と合成亢進のために、異常に高値となるのです。

骨折、骨肉腫などでも高値に

 アルカリホスファターゼは、骨の病気でも高値になります。骨の成長にかかわる骨芽(こつが)細胞にも多く含まれているため、骨折や骨肉腫などで骨が破壊されたときや骨が新生されるとき(成長期)には2~3倍に上昇します。骨の病気では、黄疸がなく、肝障害を示す酵素(AST、ALT、LDHなど)の上昇もないことなどから、肝臓・胆道系の病気との区別ができます。

 悪性腫瘍が骨に転移した場合、転移したところの骨の持続性の強い痛みと、アルカリホスファターゼの上昇を認めます。成人の胃の切除などでおこる吸収不良症候群による骨軟化症でも、2~3倍の上昇になるため、悪性腫瘍や肝障害がないときは骨のX線撮影などのチェックも参考になります。

小児、妊娠時は2~3倍の高値に

 血清を用いて、自動分析器で測定します。基準値は、測定法により異なります。アルカリホスファターゼは、骨の成長でも上昇するため、小児では成人の2~4倍の値になります。また、胎盤でもつくられるので、妊娠時には2~3倍の高値になることがあります。検査当日の飲食は普通にとってかまいません。

高値のときはアイソザイムを測定

 基準値を超えていたら、血液検査、腹部超音波(参照)、腹部CT(参照)などを行って原因を追究し、またアイソザイムも測定します。

 アイソザイムとは、同じ働きをするが分子構造が異なる酵素群のことで、アルカリホスファターゼはさらに分析するとALP1~ALP6の6つに分けられます。1と2は肝機能障害、3は骨疾患、4は妊娠によって増加し、5は小腸に多く含まれているため、アイソザイムを調べると、その上昇が骨によるものか肝臓、胆道によるものかなどが区別できます。

疑われるおもな病気などは

◆高値→肝疾患:急性肝炎、胆汁うっ滞性肝炎、慢性肝炎、肝硬変、肝臓がんなど

    胆道疾患:結石、腫瘍など

    骨疾患:骨折、骨肉腫、転移性骨腫瘍、骨軟化症など

    その他:小児期、妊娠末期、甲状腺機能亢進症など

▲医師が使う一般用語:「エイエルピー」=alkali-phosphatase(アルカリホスファターゼ)の略ALPから。その他、「アルカリピー」「アルホス」

◎著作権 日経Gooday(グッデイ)の「病院で受ける検査事典」検索サービスは、「四訂版 病院で受ける検査がわかる本」(発行:法研)をデータベース化したものです。掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

◎日経Gooday(グッデイ)の免責事項必ずお読みください

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「胃がん」撃退のため知っておきたい最新情報

    これまで多くの人の命を奪い、「死の病」であった胃がんが、「ピロリ菌」除菌の登場によって未然に防ぐことができる病気になってきた。また、万が一胃がんになってしまった場合も、胃カメラによる検診を定期的に受けていれば、超早期の段階で見つけて治療し、胃の機能をほとんど損ねることなく日常生活に戻ることができる。本特集では、近年死亡率が大きく減少している胃がんの最新事情をまとめる。

  • 寝ても取れない疲れを取るには?

    「疲労大国」といわれる日本。「頑張って仕事をすれば、ある程度疲れるのは当たり前」「休む間もないほど忙しいが、やりがいがあるから、さほど疲れは感じない」などと思っている人も多いかもしれない。だが、睡眠時間を削るような働き方を続けていると、知らぬうちに疲れはたまる。結果、「寝てもなかなか疲れがとれない」という状態に陥るばかりか、免疫力の低下や、生活習慣病の発症につながることは多くの研究で知られている。疲労の正体から、疲労回復の実践的な方法までをまとめた。

  • つらい筋トレ不要? 効率的に「お腹を凹ませる」トレーニング

    薄着の季節になると、何かと気になる“お腹ぽっこり”。短期間で何とか解消したい!と思う人は多いだろう。しかし、スポーツジムでしっかり運動するのはつらいし、運動する時間を確保するのも大変だ。そこで、今回のテーマ別特集では、手軽に実践できる「ドローイン」と「猫背姿勢の改善」で“ぽっこりお腹”を解消していこう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.