日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 病院で受ける検査事典  > おもな検体検査:血液生化学検査  > ALT(GPT)

おもな検体検査:血液生化学検査

ALT(GPT)

ALT(GPT)

基準値

5~30U/l(JSCC勧告法)

ALT(GPT)とは

 ASTと同様、体の重要な構成要素であるアミノ酸の代謝にかかわっている酵素。おもに肝臓に含まれている。

・ALT、ASTが高度に上昇 →急性肝炎、・ALT、ASTが100前後かそれ以下 →肥満、アルコールの飲み過ぎ、慢性肝炎、・ALTがASTより高値 →急性・慢性肝炎、脂肪肝、胆石
ASTとともに、肝障害の指標として重要な検査です。両者が高値ならば肝臓の病気を、ASTの高値が優位ならば心臓や骨格筋の病気を疑います。

肝臓が障害を受けると高値に

 前項で述べたAST(→参照)と同様、これも肝臓の障害を疑うときに行う最もポピュラーな検査のひとつです。

 ALTは、おもに肝細胞に含まれているため、肝細胞の破壊が強いと、血液中のALT値が異常に上昇してきます。

 ALTは、ASTとほとんど同様に変動し、急性肝炎では発症1~2週後に2000~3000U/lに上昇します。

 ALTは、ASTより血液中から消失するのに時間がかかるため、しばらく高値が続くという特徴があります。そのため、急性肝炎の極期ではASTよりALTが高値となり、またこの時期に黄疸(おうだん)も強くなります。

 さらに、慢性肝炎や脂肪肝でも、ASTよりALTが高値(100~300U/l)になります。

急性心筋梗塞では軽度の上昇

 ALTもASTと同様、肝細胞のほかに心筋(心臓の筋肉)や骨格筋の細胞にも含まれているため、これらの病気の指標にもなります。

 ただし、ASTに比べて含まれている量が少なく、上昇の程度は軽くなります。

 急性心筋梗塞(こうそく)では、ASTが高値、ALTは軽度上昇と、両者の差が大きいことが特徴です。筋肉の病気でのALTの上昇もごく軽度です。

ALTはASTと異なり、運動の影響はない

 血清を用いて、自動分析器で測定します。基準値は5~30U/lで、上限値の30は病態識別値(病気の診断を目的として設定する値)です。

 ALTは、日内変動がなく、ASTと異なって運動の影響もありません。

 検査当日の飲食は普通にとってかまいません。

急性肝炎などの急性期では連日の検査

 ALTは、ASTと似た変動を示すため、両者に異常値がみられたら肝障害を疑い、精密検査を行います。

 急性肝炎や劇症肝炎などでは、急性期の発症1~2週以内の経過が重要となるので、連日、繰り返してALTを測定することがあります。

 ASTの上昇が強く、ALTの上昇が軽度(2~3倍)のときは、心筋や骨格筋の障害を考えます。

疑われるおもな病気などは

◆高値→肝疾患:急性肝炎、慢性肝炎、肝硬変、肝臓がん、脂肪肝、アルコール性肝炎など

   心疾患:急性心筋梗塞など

   筋疾患:筋ジストロフィー症など

◆低値→人工透析を行っているときなど

▲医師が使う一般用語:「エイエルティー」=alanine aminotransferase(アラニンアミノ基転移酵素)の略ALTから。または「ジーピーティー」(GPT)とも

◎著作権 日経Gooday(グッデイ)の「病院で受ける検査事典」検索サービスは、「四訂版 病院で受ける検査がわかる本」(発行:法研)をデータベース化したものです。掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

◎日経Gooday(グッデイ)の免責事項必ずお読みください

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「中途覚醒が多く寝た気がしない」 中高年の睡眠の悩み解消術

    「睡眠の途中で何度も目を覚まし、眠った気がしない」「早朝に目覚めてしまい、その後なかなか寝付けない」――。歳をとるにつれ、そんな「中途覚醒」「早朝覚醒」に悩まされるようになったという人も多いだろう。なぜ中途覚醒は起きるのか。中途覚醒を解消して、若い頃のような「熟睡」を手に入れることはできるのか。このテーマ別特集では、中途覚醒の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.