日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 病院で受ける検査事典  > おもな検体検査:血液生化学検査  > ALT(GPT)

おもな検体検査:血液生化学検査

ALT(GPT)

ALT(GPT)

基準値

5~30U/l(JSCC勧告法)

ALT(GPT)とは

 ASTと同様、体の重要な構成要素であるアミノ酸の代謝にかかわっている酵素。おもに肝臓に含まれている。

・ALT、ASTが高度に上昇 →急性肝炎、・ALT、ASTが100前後かそれ以下 →肥満、アルコールの飲み過ぎ、慢性肝炎、・ALTがASTより高値 →急性・慢性肝炎、脂肪肝、胆石
ASTとともに、肝障害の指標として重要な検査です。両者が高値ならば肝臓の病気を、ASTの高値が優位ならば心臓や骨格筋の病気を疑います。

肝臓が障害を受けると高値に

 前項で述べたAST(→参照)と同様、これも肝臓の障害を疑うときに行う最もポピュラーな検査のひとつです。

 ALTは、おもに肝細胞に含まれているため、肝細胞の破壊が強いと、血液中のALT値が異常に上昇してきます。

 ALTは、ASTとほとんど同様に変動し、急性肝炎では発症1~2週後に2000~3000U/lに上昇します。

 ALTは、ASTより血液中から消失するのに時間がかかるため、しばらく高値が続くという特徴があります。そのため、急性肝炎の極期ではASTよりALTが高値となり、またこの時期に黄疸(おうだん)も強くなります。

 さらに、慢性肝炎や脂肪肝でも、ASTよりALTが高値(100~300U/l)になります。

急性心筋梗塞では軽度の上昇

 ALTもASTと同様、肝細胞のほかに心筋(心臓の筋肉)や骨格筋の細胞にも含まれているため、これらの病気の指標にもなります。

 ただし、ASTに比べて含まれている量が少なく、上昇の程度は軽くなります。

 急性心筋梗塞(こうそく)では、ASTが高値、ALTは軽度上昇と、両者の差が大きいことが特徴です。筋肉の病気でのALTの上昇もごく軽度です。

ALTはASTと異なり、運動の影響はない

 血清を用いて、自動分析器で測定します。基準値は5~30U/lで、上限値の30は病態識別値(病気の診断を目的として設定する値)です。

 ALTは、日内変動がなく、ASTと異なって運動の影響もありません。

 検査当日の飲食は普通にとってかまいません。

急性肝炎などの急性期では連日の検査

 ALTは、ASTと似た変動を示すため、両者に異常値がみられたら肝障害を疑い、精密検査を行います。

 急性肝炎や劇症肝炎などでは、急性期の発症1~2週以内の経過が重要となるので、連日、繰り返してALTを測定することがあります。

 ASTの上昇が強く、ALTの上昇が軽度(2~3倍)のときは、心筋や骨格筋の障害を考えます。

疑われるおもな病気などは

◆高値→肝疾患:急性肝炎、慢性肝炎、肝硬変、肝臓がん、脂肪肝、アルコール性肝炎など

   心疾患:急性心筋梗塞など

   筋疾患:筋ジストロフィー症など

◆低値→人工透析を行っているときなど

▲医師が使う一般用語:「エイエルティー」=alanine aminotransferase(アラニンアミノ基転移酵素)の略ALTから。または「ジーピーティー」(GPT)とも

◎著作権 日経Gooday(グッデイ)の「病院で受ける検査事典」検索サービスは、「四訂版 病院で受ける検査がわかる本」(発行:法研)をデータベース化したものです。掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

◎日経Gooday(グッデイ)の免責事項必ずお読みください

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • もの忘れと将来の認知症の関係は?

    「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」…。“もの忘れ”は、ミドル以上なら誰にでも経験があるもの。本特集では、もの忘れの原因は何なのか、将来の認知症につながるのかなどについて紹介する。

  • 健康寿命を左右する「全粒穀物と食物繊維」の摂取方法

    今、世界的に「全粒穀物」の健康効果が注目されている。全粒穀物の摂取が増えるほど、がん、心血管疾患、総死亡率が低くなるという研究報告も出ている。その健康効果の中核となっているのが「食物繊維」だ。食物繊維が体にいいことはよく知られているが、主に便通などに影響するものと軽視されがち。だが、食物繊維不足は生活習慣病と密接な関係がある。本特集では、主食の選択が及ぼす健康効果から、注目の大麦の健康効果、穀物以外の食物繊維のとり方までを一挙に紹介する。

  • 「胃がん」撃退のため知っておきたい最新情報

    これまで多くの人の命を奪い、「死の病」であった胃がんが、「ピロリ菌」除菌の登場によって未然に防ぐことができる病気になってきた。また、万が一胃がんになってしまった場合も、胃カメラによる検診を定期的に受けていれば、超早期の段階で見つけて治療し、胃の機能をほとんど損ねることなく日常生活に戻ることができる。本特集では、近年死亡率が大きく減少している胃がんの最新事情をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.