日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 病院で受ける検査事典  > おもな検体検査:血液凝固・線溶検査  > FDP、Dダイマー

おもな検体検査:血液凝固・線溶検査

FDP、Dダイマー

FDP、Dダイマー

基準値

FDP:2.0~8.0μg/ml

Dダイマー:150ng/ml以下

FDP、Dダイマーとは

 FDPとは、前項で述べたフィブリン(→参照)がプラスミンという酵素で分解された産物(フィブリン分解産物)。Dダイマーは、FDPがさらにプラスミンに分解されてできる最終の分解産物。

血栓があると線溶現象が高まってFDP、Dダイマーが増加する
どちらも、血液の線溶現象を調べる検査です。高値のときは、体内のどこかに血栓があることを示します。

血栓症で高値に

 私たちの体には、体内に血栓ができると、この血栓を溶かして(溶解して)除去しようとする機能があります。この機能は、プラスミンという酵素が行っています。

 血栓によって傷口が止血されることは体にとって有効ですが、この血栓がずーっと傷口に居続けると、逆に体にとっては害になってしまいます。

 そこで、そうならないためにプラスミンが働き出し、血液凝固因子であるフィブリノゲンやフィブリンを溶解していきます。この現象を線溶現象(正確には線維素〈=フィブリン〉溶解現象)といい、そのとき分解される物質がFDP(フィブリン分解産物)です。そして、FDPはプラスミンによりさらに分解されて、最終的にはDダイマーとE分画とになります。FDPはフィブリノゲン分解(一次線溶)とフィブリン分解(二次線溶)を総合的に反映しますが、Dダイマーは二次線溶だけを反映します。

 FDP、Dダイマーともに、この線溶現象を調べる検査です。体の中のどこかに血栓ができていれば線溶減少が亢進し、FDP、Dダイマーが高い値を示します。

DICで高値に

 フィブリノゲンと同様に、FDP、Dダイマーも播種(はしゅ)性血管内凝固症候群(DIC)が疑われるときも検査します。

 播種性血管内凝固症候群は、必ず悪性腫瘍や重症細菌感染症、あるいは白血病などの基礎となる病気があって二次的に発症する病気で、全身のいたるところで血液凝固がおこるため、それを溶かそうとして線溶現象が亢進し、FDP、Dダイマーが高値になります。

FDPは血清で検査

 FDPを検査するときは抗線溶剤を添加して採血します。FDPはフィブリノゲンと類似して(交差反応を示す)いるため血漿では検査できません。一方、Dダイマーは交差反応性がないため血漿でも測定可能です。普通は両方一緒に測定しますが、最初にFDPを測定し、高値ならDダイマーを測定する場合もあります。これはFDPだけが高い場合はフィブリノゲンが分解される一次線溶と考えられ、両方が高い場合には二次線溶と考えられるためです。

疑われるおもな病気などは

◆高値→播種性血管内凝固症候群(DIC)、悪性腫瘍、薬剤(ウロキナーゼ、蛇毒)の影響など

◆低値→低フィブリノゲン血症など

▲医師が使う一般用語:「エフディーピー」=fibrin degradation product(フィブリン分解産物)の略FDPから。「ディーダイマー」

◎著作権 日経Gooday(グッデイ)の「病院で受ける検査事典」検索サービスは、「四訂版 病院で受ける検査がわかる本」(発行:法研)をデータベース化したものです。掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

◎日経Gooday(グッデイ)の免責事項必ずお読みください

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • あなたも「隠れ心房細動」?! 高齢化で急増する危険な不整脈

    脈の速さやリズムが乱れる「不整脈」。その一種である「心房細動」は、高齢化に伴い患者数が増加しており、潜在患者も含めると100万人を超えると言われている。心房細動の怖いところは、放置すると脳梗塞などの命に関わる病気を引き起こす可能性があることだ。本記事では、心房細動の症状や早期発見のコツ、治療のポイントなどをコンパクトにまとめた。

  • 変形性膝関節症のつらい痛みを改善する運動とは?

    年を取ると多くの人が感じる「膝の痛み」。その原因で最もよくあるケースが「変形性膝関節症」だ。膝が痛いと外出がおっくうになり、体を動かす機会が減るため、そのまま何もしないとますます足腰が衰えてしまう。だが実は、変形性膝関節症の痛みをとり、関節の動きを改善するために有効なのが、膝への負担を抑えた「運動」なのだ。ここでは、膝の痛みが起きる仕組みから、改善するための運動のやり方までをまとめよう。

  • 始めよう筋トレ 最低限やりたいエクササイズと食生活のポイント

    筋トレはできるだけ若いうちに始めることに大きなメリットがあるといわれる。それはなぜなのか。また、どんな筋肉をどのように鍛えるのが効果的なのか。高齢になってもしっかりした足腰でいるために今のうちから最低限やっておきたい筋肉エクササイズ、食生活の注意点などを知り、今年こそ「筋トレ習慣」を身に付けよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.