日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 病院で受ける検査事典  > おもな検体検査:血液凝固・線溶検査  > 出血時間

おもな検体検査:血液凝固・線溶検査

出血時間

しゅっけつじかん

基準値

デューク法:2~5分

アイビー法:2~6分

■出血時間の測定
 デューク法は、耳朶をランセットもしくはメスで傷つけ、まず30秒後に出血液をろ紙で吸い取る。その後、30秒ごとに出血液を吸い取り、血痕の大きさが1mm以下になったところ(図では4分30秒)が出血時間となる。最初の血痕の直径が10mm以上でないと、正しく検査できていないとされている。アイビー法では、前腕に傷をつけてデューク法と同様の方法を行う。
血小板や血管系の異常などを調べる検査です。服用している薬剤によっては出血時間が延びるので、その旨を伝えましょう。

出血が止まりにくいか、止まりやすいかを調べる検査

 出血時間は、一定の大きさと深さの傷を耳たぶや腕につけて、皮膚から出血した血液が自然に固まって止まるまでの時間を測る検査で、血小板、血液凝固と毛細血管の機能を反映します。とくに、血小板の粘着能力と凝集能力は大きく影響します。

 この検査は、皮膚内の浅い部分に点状の出血斑や紫斑(しはん)、あるいは鼻出血などがあるときに、血小板系や血管系の異常を疑って行います。

 また、血小板数が正常でも、出血がみられ、血小板機能異常が考えられるときは、第一にこの検査で調べます。

手術前の基本検査のひとつ

 手術は体を傷つけるため、手術前に傷からの出血が止まるか否かの検査をしておく必要があります。このために、出血時間は大切な検査として行われています。

 ただし、この検査では、いつも一定した測定値が得られるとは限らないため、最近では血小板数や血漿(けっしょう)を用いた凝固検査(後述のプロトロンビン時間(→参照)や活性化部分トロンボプラスチン時間(→参照))で、その能力を推定する方向にあります。

検査を受ける前はアスピリンや消炎薬は休薬

 デューク法、アイビー法などがあり、日本では普通、デューク法で測定しています。これは、耳たぶにランセットと呼ばれる刃物で傷をつける方法で基準値は2~5分、一方のアイビー法は、前腕を傷つける方法で基準値は2~6分です。

 この検査を受けるときは服用している薬剤に注意します。解熱鎮痛薬のアスピリンや消炎薬のインドメタシンなどは、出血時間を延長させます。影響がなくなるまでに1週間程度の休薬が必要ですから、服用したときはその旨を伝えてください。

延長・短縮しているときは10~14日後に再検査

 基準値外であれば再検査をしますが、延長の場合は上で述べたような薬剤を休薬し、10~14日後に測定します。

 延長の場合は、血小板の減少か血小板の機能異常によるものかをまず究明し、血小板の減少が3万/μl以下ならば大出血の危険性が大きいため、血小板補充(血小板輸血)を行います。

疑われるおもな病気などは

◆延長→血小板減少:再生不良性貧血、急性白血病、特発性血小板減少性紫斑病(ITP)、播種(はしゅ)性血管内凝固症候群(DIC)、重症肝機能障害など

  血小板機能異常:血小板無力症、ベルナール・スーリエ症候群、尿毒症、全身性エリテマトーデス(SLE)など

  その他:薬剤(アスピリン、インドメタシン)、遺伝性出血性毛細管拡張症(オスラー病)など

◆短縮→血栓症(脳梗塞、心筋梗塞)、ネフローゼ症候群、動脈硬化症など

▲医師が使う一般用語:「しゅっけつじかん」

◎著作権 日経Gooday(グッデイ)の「病院で受ける検査事典」検索サービスは、「四訂版 病院で受ける検査がわかる本」(発行:法研)をデータベース化したものです。掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

◎日経Gooday(グッデイ)の免責事項必ずお読みください

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「胃がん」撃退のため知っておきたい最新情報

    これまで多くの人の命を奪い、「死の病」であった胃がんが、「ピロリ菌」除菌の登場によって未然に防ぐことができる病気になってきた。また、万が一胃がんになってしまった場合も、胃カメラによる検診を定期的に受けていれば、超早期の段階で見つけて治療し、胃の機能をほとんど損ねることなく日常生活に戻ることができる。本特集では、近年死亡率が大きく減少している胃がんの最新事情をまとめる。

  • 寝ても取れない疲れを取るには?

    「疲労大国」といわれる日本。「頑張って仕事をすれば、ある程度疲れるのは当たり前」「休む間もないほど忙しいが、やりがいがあるから、さほど疲れは感じない」などと思っている人も多いかもしれない。だが、睡眠時間を削るような働き方を続けていると、知らぬうちに疲れはたまる。結果、「寝てもなかなか疲れがとれない」という状態に陥るばかりか、免疫力の低下や、生活習慣病の発症につながることは多くの研究で知られている。疲労の正体から、疲労回復の実践的な方法までをまとめた。

  • つらい筋トレ不要? 効率的に「お腹を凹ませる」トレーニング

    薄着の季節になると、何かと気になる“お腹ぽっこり”。短期間で何とか解消したい!と思う人は多いだろう。しかし、スポーツジムでしっかり運動するのはつらいし、運動する時間を確保するのも大変だ。そこで、今回のテーマ別特集では、手軽に実践できる「ドローイン」と「猫背姿勢の改善」で“ぽっこりお腹”を解消していこう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.