日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 病院で受ける検査事典  > おもな検体検査:血液一般検査  > 白血球分類

おもな検体検査:血液一般検査

白血球分類

はっけっきゅうぶんるい

基準値

 好中球 桿(かん)状核球: 0~10%

     分葉核球:40~70%

 好酸球     : 2~ 5%

 好塩基球    : 0~ 2%

 リンパ球    :15~60%

 単球      : 3~10%

■図1 白血球の生成過程
■表1 白血球の変動する病態
《好中球》
[増加]
 ・感染症:細菌・真菌・ウイルス感染症
 ・血液疾患:急性出血、骨髄増殖性疾患(慢性骨髄性白血病など)
 ・炎症、組織破壊:心筋梗塞、悪性腫瘍、外傷、外科手術
[減少]
 ・感染症:チフス、多くのウイルス感染症、強度の感染症
 ・血液疾患:再生不良性貧血、悪性貧血、急性白血病
  
《リンパ球》
[増加]
 ・感染症:ウイルス感染症、梅毒
 ・血液疾患:リンパ球性白血病
 ・内分泌疾患:甲状腺疾患、副腎疾患
[減少]
 ・感染症:急性感染症の初期
 ・破壊亢進:副腎皮質ホルモンの増加、放射線療法
 ・遺伝性免疫不全
  
《好酸球》
[増加]
 ・アレルギー:気管支喘息、アトピー性皮膚炎、食物・薬物アレルギー
 ・感染症:寄生虫、クラミジア
 ・血液疾患:リンパ腫、ホジキン病、好酸球性白血病
[減少]
 ・ストレス
 ・内分泌疾患:クッシング症候群
  
《単球》
[増加]
 ・感染症:結核、梅毒、急性炎症からの回復期
 ・血液疾患:慢性骨髄性白血病、単球性白血病、ホジキン病
[減少]
 ・薬剤:副腎皮質ホルモン
 ・感染症:重症感染症

5種類の白血球から、さまざまな病気を診断する検査

 人の血液中には、5種類の白血球(好中(こうちゅう)球、好酸(こうさん)球、好塩基(こうえんき)球、単球、リンパ球)が含まれています。これらは免疫反応において、生体に侵入する微生物に対する役割が異なるため、これらの増減を調べると病気の診断の有力な手がかりとなります。

 この検査を白血球分類と呼び、白血球分類機構を備えた自動血球計数器で測定されます。

 また、採血液を直接ガラス上に塗抹・染色して、顕微鏡下で白血球を観察・算定する方法もあります。検査当日の飲食は普通で大丈夫です。

いくつもの段階をへて、一人前になる白血球

 5種類の白血球が生まれてくる過程のおおよそを、左の図1に示しました。白血球は骨髄の幹細胞からつくられ、大きく骨髄系とリンパ系に分けられ、骨髄系はさらに顆粒(かりゅう)球系と単球系に分かれます。

 幹細胞から生まれ出た最も未熟な細胞を芽球(がきゅう)といい、顆粒球系の骨髄芽球、単球系の単芽球、リンパ系のリンパ芽球がこれにあたります。

 それぞれが段階をへて、一人前になっていきます。例えば、顆粒球系は、まず前骨髄球で好酸性の顆粒、好塩基性の顆粒、この2つの顆粒をもつ顆粒の3つのタイプに分かれます。これらはそれぞれ好酸球、好塩基球、好中球と呼ばれます。そして、それぞれが骨髄球→後骨髄球へと分化してからやっと血液中に入り、さらに桿(かん)状核球→分葉核球に分化していきます。

 血液中に存在する白血球を成熟白血球と呼び、それ以前のものを未熟白血球と呼びます。最も多い成熟白血球は好中球で、検査では好中球は、桿状核球と分葉核球に分類して測定します。

未熟白血球(芽球)が増加・出現したら重症

 各種白血球は、左の表1に示したように、さまざまな病気で増減します。好塩基球については、その機能の詳細がまだ十分にわかっていません。

 健康な人の血液中には成熟白血球が出現するだけで、これより前の未熟な白血球が出現している場合は感染症、組織の炎症・破壊などを考えます。

 さらに、最も未熟な芽球が出現して増加する場合は重篤な病態で、その代表が白血病です。骨髄穿刺(せんし)などの詳細な検査をする必要があります。

▲医師が使う一般用語:「ディッフ」=differentiation(分類)から

◎著作権 日経Gooday(グッデイ)の「病院で受ける検査事典」検索サービスは、「四訂版 病院で受ける検査がわかる本」(発行:法研)をデータベース化したものです。掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

◎日経Gooday(グッデイ)の免責事項必ずお読みください

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 効率的に「お腹を凹ませる」トレーニングNEW

    中年にもなると、お腹がぽっこり出てくるのが気になる人も多い。特に薄着の季節になると、お腹が出ているのが気になり、何とか短期間で凹ませたいと思う人は多いだろう。しかし、スポーツジムでしっかり運動するのはつらいし、運動する時間を確保するのも大変だ。そこで、今回のテーマ別特集では、効率よくお腹を凹ませるために知っておきたい「内臓脂肪」の落とし方と、トレーニングのコツ、そしてお腹を凹ませる「ドローイン」のやり方について解説しよう。

  • 脳を衰えさせる悪い習慣、活性化する良い習慣

    「もの忘れがひどくなった」「単語がスッと出てこない」「集中力が落ちてきた」……。加齢とともに脳の衰えを実感する人は多いだろう。「このままだと、早く認知症になるのでは?」という心配が頭をよぎることもあるだろうが、脳の機能は加齢とともにただ落ちていく一方なのだろうか。どうすれば年齢を重ねても健康な脳を維持できるのか。脳に関する興味深い事実や、健康な脳を維持するための生活習慣について、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

  • 疲労解消は「脳の疲れ」をとることから

    しつこい「疲労」の正体は、実は脳の自律神経の機能の低下であることが近年の疲労医学の研究で明らかになってきた。本記事では、放置すると老化にもつながる「疲労」の怖さとその解消法を、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.