日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 病院で受ける検査事典  > おもな検体検査:血液一般検査  > 網赤血球数

おもな検体検査:血液一般検査

網赤血球数

もうせっけっきゅうすう

基準値

0.2~2.0%

網赤血球(網状赤血球)とは

 下図に示すように、赤血球というのは、まず骨髄で幹細胞から赤芽球になり、核が抜けた(脱核)のち血液中に入り、網赤血球を経て成熟した赤血球になる。網赤血球とは、成熟した赤血球のひとつ前の段階の未熟な赤血球のことで、特殊な染色を行うと核が抜けた(脱核した)跡が網状・塊状に見えるため、この名がついた。

おもに、どのようなタイプの貧血かを調べる検査です。タイプにより高値・低値を示します。
●溶血性貧血→骨髄での赤血球造血が亢進→網赤血球が増加
●再生不良性貧血→骨髄での造血能力が低下→網赤血球数が減少

増加は造血亢進、減少は造血低下

 私たちが一般に赤血球というときは成熟赤血球を指し、網赤血球とはそのひとつ前のまだ未熟な段階、いうなればできたての赤血球のことです。

 この数を調べれば、骨髄で赤血球がどのくらいつくられているかがわかります。増えていれば、赤血球の造血が盛ん(造血亢進(こうしん))で、反対に減っていれば、あまり造血されていないこと(造血低下)を示しています。

 網赤血球は、約2日で網状が消え、成熟した赤血球になります。

貧血の種類により高値、あるいは低値

 この検査も、おもに貧血の種類を調べるときに行います。溶血性貧血など、赤血球がつくられる段階の異常ではない貧血の場合は、それを代償する(補う)目的で、骨髄での赤血球造血は亢進します。このような場合は網赤血球は増加し、多くの若い赤血球がつくられます。

 一方、骨髄での造血能力が低下する再生不良性貧血では、赤血球がつくられないために網赤血球数は減少します。

比率と絶対数で判定

 検査は、網赤血球数を自動的に計測できる自動血球計数器、あるいは超生体染色と呼ばれる染色によって測定されます。測定値は、赤血球数(参照)に対する比率(%)で現し、基準値は0.2~2.0%です。

 また、骨髄での造血能力を知るためには、網赤血球の絶対数も把握する必要があります。すなわち、比率が同じ1.2%でも、赤血球数が500万/μlの場合では6万/μlですが、250万/μlの貧血状態では3万/μlで、造血能力は半分になり、相対比率だけでは病態を正しく把握できないこともあるためです。

 絶対数の基準値は、8000~11万/μlで、自動血球計数器では比率と絶対数が同時に測定できます。

 検査当日の朝、絶食する必要はありません。

1週間後に再検査

 溶血性貧血や出血では、骨髄での造血能力は、末梢血の網赤血球数に反映されるまでに1週間ほどかかるため、この時期に再検査する必要があります。

赤血球の一生

 赤血球は骨髄で生まれ、脾臓などで一生を終える。寿命は約120日。

 赤血球は円盤型をしており、表面積と比較して体積は小さく、変形能に富んでいる。

 血液中に出て時間がたつと、コレステロールが貯まり、変形能が低下してくるため、脾臓にある網目をくぐり抜けることができなくなって壊れる。

疑われるおもな病気などは

◆高値→溶血性貧血、鉄欠乏性貧血、巨赤芽球(きょせきがきゅう)性貧血など

◆低値→再生不良性貧血、骨髄線維症、急性白血病など

▲医師が使う一般用語:「レチクロ」=reticulocyte(網状赤血球)の略

◎著作権 日経Gooday(グッデイ)の「病院で受ける検査事典」検索サービスは、「四訂版 病院で受ける検査がわかる本」(発行:法研)をデータベース化したものです。掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

◎日経Gooday(グッデイ)の免責事項必ずお読みください

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 老化を左右する血管! 若返りのポイントは?

    体の中に縦横無尽に張り巡らされた「血管」をよい状態に保つことは、健康を維持するため、そして老化を防ぐために極めて重要だ。では、強い血管をキープし、老化した血管を若返らせるには、何をすればいいのだろうか。本特集では、2万例を超える心臓・血管手術を手がけてきたスペシャリストに、血管の若さを維持する秘訣と、血管を強くする運動法・食事法を聞いていく。

  • つらい「肩こり」は動的ストレッチで解消!

    肩こりの原因の大半は、生活習慣。すなわち、不自然な姿勢で過ごすことや、たとえ良い姿勢であっても長時間続けてしまうことが、首や背中の筋肉を緊張させ、筋疲労を引き起こす。この記事では、肩こりに関する記事の中から重要ポイントをピックアップして、肩こりの解消方法をコンパクトに紹介していく。

  • 筋肉博士が教えるロコモ予防の下半身筋トレ

    健康寿命を延ばすためには、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動だけでなく、「筋トレ」も重要であることが最近改めて認識されている。東京大学大学院教授で“筋肉博士”こと石井直方さんは、「寝たきりにならないためには、40~50代のうちから筋肉量を増やす意識で運動することが大切」という。そこで本特集では、石井さんに聞いた、筋トレの効果と、具体的な下半身筋トレの方法を一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.