日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 病院で受ける検査事典  > おもな検体検査:血液一般検査  > 赤血球恒数

おもな検体検査:血液一般検査

赤血球恒数

せっけっきゅうこうすう

基準値

MCV:80~99fl

MCH:27~32pg

MCHC:32~35%

■表① 赤血球恒数の算出式
おもにどのようなタイプの貧血なのかを調べる検査です。貧血の種類を推測したら、さらに精密検査を行います。

赤血球の大きさやヘモグロビンの量・濃度を調べる検査

 赤血球恒数とは、赤血球1個の平均的な大きさや、その中に含まれるヘモグロビン(血色素)の量や濃度を調べる検査で、赤血球数、ヘモグロビン量、ヘマトクリット値(血球容積)の3つの数値から、表①の式で算出します。

 ヘマトクリットとは、一定量の血液中に赤血球がどのくらい含まれているかを調べる検査で、赤血球やヘモグロビンと一緒に測定します。基準値は、男性36~50%、女性34~46%です。

貧血の種類の推測に有用

 貧血にはいろいろな種類がありますが、種類により赤血球の大きさや、その中に含まれるヘモグロビンの量や濃度が異なるため、この検査を行うと、貧血の種類や程度をおおよそ把握することができます(表②)。

●赤血球が小さく、ヘモグロビン量が減少する貧血(小球性低色素性貧血)

 このタイプの代表的な病気が鉄欠乏性貧血で、とくに若い女性では生理での出血があるため、つねにこの病気の予備軍です。また、サラセミアはヘモグロビン異常症で、地中海沿岸地方に多いため地中海性貧血とも呼ばれています。

●赤血球、ヘモグロビン量ともに正常な貧血(正球性正色素性貧血)

 溶血性貧血、腎性貧血など。溶血とは赤血球が寿命(約120日)以前に壊れてしまうことで、それによっておこる貧血を総称して溶血性貧血といいます。

●赤血球が大きく、ヘモグロビン量が増加または正常な貧血(大球性貧血)

 血液(核酸)をつくる働きをするビタミンB12または葉酸(右コラム)が欠乏しておこる巨赤芽球(きょせきがきゅう)性貧血など。ビタミンB12の欠乏による貧血を悪性貧血といいます。また、肝機能障害ではヘモグロビン量は正常ですが、赤血球は若干大きくなります。

 この検査で貧血の種類を推測したら、さらにその原因を探るため、くわしく検査を行うことになります。

MCHCは正しい測定の指標

 赤血球中に含まれるヘモグロビンの濃度は、どんな状態でもほぼ一定です。したがって、MCHC(平均赤血球血色素濃度)が極端に異常である場合は、赤血球数、ヘモグロビン量、ヘマトクリット値が正しく測定されていないことを意味します。再度、測定しなければなりません。

■表② 赤血球恒数による貧血の分類
《小球性低色素性貧血》
 [MCV(fl)]79以下
 [MCHC(%)]30以下
 [おもな貧血の種類]鉄欠乏性貧血、鉄芽球性貧血、サラセミア
《正球性正色素正貧血》
 [MCV(fl)]80~99
 [MCHC(%)]31~35
 [おもな貧血の種類]溶血性貧血、急性出血、腎性貧血、再生不良性貧血
《大球性貧血》
 [MCV(fl)]100以上
 [MCHC(%)]31~35
 [おもな貧血の種類]巨赤芽球性貧血、肝機能障害による貧血

葉酸とビタミンB12

 葉酸はビタミンBの一種。どちらも造血ビタミンといわれ、これらが欠乏すると巨赤芽球性貧血をおこします。通常の食生活を送っていれば必要量は足ります。

 葉酸は、鶏・牛・豚のレバー、モロヘイヤ、ブロッコリー、ほうれん草、春菊、大豆製品、うになどに多く含まれます。一方、ビタミンB12はレバー、肉、魚、卵、貝など動物性食品に多く、植物性食品には一部を除いて含まれていないため、ベジタリアンは注意が必要です。

▲医師が使う一般用語:

MCV=「エムシーブイ」

MCH=「エムシーエッチ」

MCHC=「エムシーエッチブイ」

◎著作権 日経Gooday(グッデイ)の「病院で受ける検査事典」検索サービスは、「四訂版 病院で受ける検査がわかる本」(発行:法研)をデータベース化したものです。掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

◎日経Gooday(グッデイ)の免責事項必ずお読みください

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • もの忘れと将来の認知症の関係は?

    「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」…。“もの忘れ”は、ミドル以上なら誰にでも経験があるもの。本特集では、もの忘れの原因は何なのか、将来の認知症につながるのかなどについて紹介する。

  • 健康寿命を左右する「全粒穀物と食物繊維」の摂取方法

    今、世界的に「全粒穀物」の健康効果が注目されている。全粒穀物の摂取が増えるほど、がん、心血管疾患、総死亡率が低くなるという研究報告も出ている。その健康効果の中核となっているのが「食物繊維」だ。食物繊維が体にいいことはよく知られているが、主に便通などに影響するものと軽視されがち。だが、食物繊維不足は生活習慣病と密接な関係がある。本特集では、主食の選択が及ぼす健康効果から、注目の大麦の健康効果、穀物以外の食物繊維のとり方までを一挙に紹介する。

  • 「胃がん」撃退のため知っておきたい最新情報

    これまで多くの人の命を奪い、「死の病」であった胃がんが、「ピロリ菌」除菌の登場によって未然に防ぐことができる病気になってきた。また、万が一胃がんになってしまった場合も、胃カメラによる検診を定期的に受けていれば、超早期の段階で見つけて治療し、胃の機能をほとんど損ねることなく日常生活に戻ることができる。本特集では、近年死亡率が大きく減少している胃がんの最新事情をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.