日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 病院で受ける検査事典  > 画像などによるおもな生体検査:皮膚の検査  > 皮内アレルギーテスト

画像などによるおもな生体検査:皮膚の検査

皮内アレルギーテスト

ひないアレルギーテスト

■おもなアレルゲン
《吸入アレルゲン》
  ハウスダスト(室内塵)、ダニ、花粉(イネ科植物、雑草、樹木など)、かび類、動物の表皮(ネコ、イヌ、インコなど)、そばがらなど
《食物アレルゲン》
  牛乳、卵白、そば、小麦、魚、肉、かに、えび、かき、ナッツなど
《薬剤アレルゲン》
  ペニシリンなど
《昆虫アレルゲン》
  蚊、蜂など
《接触アレルゲン》
  色素など
■皮内テスト
アトピーとは

 アレルゲンに接触すると、ただちに症状が現れる一群の病気がある。これらには遺伝性があり、このような即時性のアレルギー反応をおこしやすい体質をアトピーという。花粉症、気管支喘息、アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎などがアトピー性疾患。

■スクラッチテスト
さまざまな物質による過敏症(アレルギー)の有無を調べる検査です。皮内テスト、スクラッチテスト、パッチテストなどがあります。

アレルギーがあるか否かを調べる検査

 私たちの体は、体の外から侵入してくる外敵(抗原、アレルゲン)に対して、それに抵抗する物質(抗体)をつくって自らを防御し、病気を未然に防ぐシステムを備えています。これを免疫機構といいます。しかし、免疫機構は正常に働いているものの、ある特定のアレルゲンに対してのみ過剰に防御反応を示して、体に害を及ぼすことがあり、この現象をアレルギー(反応)といいます。

 皮内アレルギーテストは、どのようなアレルゲンによってアレルギーがおこっているかを調べる検査で、アレルゲンを特定あるいは検出します。おもなアレルゲンを左の表に示しました。これらによっておこる病気をアレルギー疾患といい、花粉症、アトピー性皮膚炎、気管支喘息(ぜんそく)などをはじめ、たくさんの種類があります。

皮内テスト、スクラッチテスト、パッチテストなどで検査

・皮内テスト

 皮膚に皮内テスト用アレルゲンを注射して、一定時間内にその部位におこる皮膚反応(赤くなったり、はれたり、硬くなったりする)を調べます。

 目的は、①薬剤過敏症の有無、②感染症の診断、③アレルゲンの検出です。

 ペニシリンなどの抗生物質、ピリン系解熱剤などの使用前に、これらの物質による過敏症があるかないかの検査として必ず行われます。また、ツベルクリン反応も皮内テストのひとつで結核診断のために、さらにジフテリアや猩紅(しょうこう)熱、サルコイドーシスなどの診断にも広く用いられています。

・スクラッチテスト(掻爬(そうは)試験)

 注射針で皮膚に線状の傷をつけ、各種のアレルゲンを滴下して、この部位が赤くはれ上がるか否かを観察します。

・パッチテスト

 アレルゲンと疑われる薬剤や物質を、パッチテスト用絆創膏(ばんそうこう)の小片に染み込ませ、これを上腕や背中の皮膚に張りつけ、一定時間後にはがして皮膚の状態を観察します。

 以上のテストで皮膚反応を観察して、赤くなったり、はれたり、小水疱ができた場合には陽性と判断し、適切な処置・治療を行います。

▲医師が使う一般用語:「ひないテスト」「スクラッチテスト」「パッチテスト」

◎著作権 日経Gooday(グッデイ)の「病院で受ける検査事典」検索サービスは、「四訂版 病院で受ける検査がわかる本」(発行:法研)をデータベース化したものです。掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

◎日経Gooday(グッデイ)の免責事項必ずお読みください

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • あなたの腎臓、大丈夫? 急増する慢性腎臓病を防ぐ

    普段あまり意識することの少ない「腎臓」。だが近年、人口の高齢化に伴い、慢性腎臓病から人工透析へと至る患者が急増している。腎臓は、ひとたびその機能が失われると、坂道を転がり落ちるように悪化していく。そうなる前に腎臓の異常を察知し、腎機能の悪化を食い止めるにはどうすればいいのか。重要ポイントをまとめた。

  • もの忘れと将来の認知症の関係は?

    「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」…。“もの忘れ”は、ミドル以上なら誰にでも経験があるもの。本特集では、もの忘れの原因は何なのか、将来の認知症につながるのかなどについて紹介する。

  • 健康寿命を左右する「全粒穀物と食物繊維」の摂取方法

    今、世界的に「全粒穀物」の健康効果が注目されている。全粒穀物の摂取が増えるほど、がん、心血管疾患、総死亡率が低くなるという研究報告も出ている。その健康効果の中核となっているのが「食物繊維」だ。食物繊維が体にいいことはよく知られているが、主に便通などに影響するものと軽視されがち。だが、食物繊維不足は生活習慣病と密接な関係がある。本特集では、主食の選択が及ぼす健康効果から、注目の大麦の健康効果、穀物以外の食物繊維のとり方までを一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.