日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 病院で受ける検査事典  > 画像などによるおもな生体検査:骨・筋肉の検査  > 骨塩定量検査

画像などによるおもな生体検査:骨・筋肉の検査

骨塩定量検査

こつえんていりょうけんさ

骨の密度を測るための検査です。腕・腰椎・股関節をスキャンアームでスキャンし、検査時間は15~20分です。検査前後の注意事項はとくにありません。

骨粗鬆症の診断に行う検査

 40歳を過ぎるころより、腰の痛みや膝の痛みなどを感じることが多くなってきます。原因はさまざま考えられますが、骨粗鬆症(こつそしょうしょう)もそのひとつです。

 骨は、たえず古い骨が吸収され(骨吸収という)、新しい骨がつくられています(骨形成という)。年齢が高くなると、骨形成以上に骨吸収が多くなり、骨密度(骨量)が粗くなります。この変化が異常に強くなった状態、いわゆる骨がスカスカになった状態を骨粗鬆症といい、ちょっとしたことで骨折しやすくなります。

 この骨の密度を計る検査が骨塩定量検査で、骨粗鬆症の診断に用いられます。

骨粗鬆症では骨塩量が減少

 骨の強度や硬性は、コラーゲン線維とそこに含まれるミネラル(おもにカルシウム)の量と構造によって維持されています。骨粗鬆症がおこると、骨吸収が盛んになって骨のカルシウム分が少なくなり、骨密度が減少してきます。測定すると、骨塩量が少なくなっていることがわかります。

とくに閉経後の女性に多い骨粗鬆症

 骨粗鬆症は女性、とくに閉経後に多く発症します。閉経によってエストロゲンという女性ホルモン(参照)が減少し、骨の代謝回転が亢進しますが、骨吸収が骨形成より亢進して骨密度が低下し、骨粗鬆症になりやすくなります。

 その他、カルシウムの摂取不足、運動不足、喫煙なども骨粗鬆症の要因になります。

副甲状腺機能亢進症などでも骨塩量を測定

 血液中のカルシウムやリンの濃度が低下すると、骨からカルシウムやリンが遊出し、骨密度は低下します。

 副甲状腺ホルモンは、カルシウムやリンの調節を行っているため、骨の変化をきたす副甲状腺機能亢進症でも骨塩量を測定します。

 また、卵巣摘出後の経過や甲状腺機能亢進症などでも検査します。

腕、腰、大腿の3カ所を検査

 検査着に着替えて、橈(どう)骨、腰椎、大腿骨頭の3カ所を撮影して解析します。

 まず、座位で左前腕を検査台の上に置き、橈骨を検査します。X線骨密度測定装置のスキャンアームがピンポイントのX線を出しながら移動して、手首から肘関節にかけて15㎝くらいを4~5分でスキャンします。

 次に、検査台にあお向けになり、第2~4腰椎を4~5分でスキャンします。最後に、左足をやや内側に曲げたあお向けの体位で、股関節をスキャンします。

 すべての検査は、15~20分で終了し、データが解析されます。

 検査当日の飲食は普通にとってかまいません。検査前後の注意もとくにありません。

疑われるおもな病気の追加検査は

◆骨粗鬆症→MRなど

◆副甲状腺機能亢進症→血液検査、頸部超音波、頸部CTなど

▲医師が使う一般用語:「こつえんていりょう」=骨塩定量から。その他、「こつみつど」=骨密度

◎著作権 日経Gooday(グッデイ)の「病院で受ける検査事典」検索サービスは、「四訂版 病院で受ける検査がわかる本」(発行:法研)をデータベース化したものです。掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

◎日経Gooday(グッデイ)の免責事項必ずお読みください

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 痛風だけじゃない!「高すぎる尿酸値」のリスク

    尿酸値と関係する病気といえば「痛風」を思い浮かべる人が多いだろう。だが、近年の研究から、尿酸値の高い状態が続くことは、痛風だけでなく、様々な疾患の原因となることが明らかになってきた。尿酸値が高くても何の自覚症状もないため放置している人が多いが、放置は厳禁だ。本記事では、最新研究から見えてきた「高尿酸血症を放置するリスク」と、すぐに実践したい尿酸対策をまとめる。

  • 早期発見、早期治療で治す「大腸がん」 適切な検査の受け方は?

    日本人のがんの中で、いまや罹患率1位となっている「大腸がん」。年間5万人以上が亡くなり、死亡率も肺がんに次いで高い。だがこのがんは、早期発見すれば治りやすいという特徴も持つ。本記事では、大腸がんの特徴や、早期発見のための検査の受け方、かかるリスクを下げる日常生活の心得などをまとめていく。

  • 放置は厳禁! 「脂肪肝」解消のコツ

    人間ドック受診者の3割以上が肝機能障害を指摘されるが、肝臓は「沈黙の臓器」だけあって、数値がちょっと悪くなったくらいでは症状は現れない。「とりあえず今は大丈夫だから…」と放置している人も多いかもしれないが、甘く見てはいけない。肝機能障害の主たる原因である「脂肪肝」は、悪性のタイプでは肝臓に炎症が起こり、肝臓の細胞が破壊され、やがて肝硬変や肝がんへと進んでいく。誰もが正しく知っておくべき「脂肪肝の新常識」をまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.