日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 病院で受ける検査事典  > 画像などによるおもな生体検査:骨・筋肉の検査  > 筋電図検査

画像などによるおもな生体検査:骨・筋肉の検査

筋電図検査

きんでんずけんさ

顔や上肢、下肢の筋肉の異常が筋肉自体の異常か、神経に由来するのかを調べる検査で、細い針を筋肉に刺して行う針電極法が一般的です。

筋肉の活動性を調べる検査

 筋肉は、神経の刺激を受けて働き(収縮)、体を支え、動かしています。筋肉の運動が弱くなると立ったり、座ったり、歩くことも困難になってきます。

 この筋肉の働き具合(収縮性)やその異常が、筋肉自体の変化なのか(筋肉疾患)、神経からの刺激が伝わらなくて筋肉の働きが弱いのか(神経疾患)を調べる検査が筋電図検査です。

 筋電図検査には、皮膚の表面に数mmの電極を2個置いて検査する表面導出法と、細い針を筋肉に刺して検査する針電極法がありますが、個々の筋肉の変化が判定できる針電極法が一般的です。

普通、骨格筋を調べる

 人の体の筋肉は2種類に分けられます。自分の意思で動かすことができる随意筋と、自分の意思とは関係なく活動している不随意筋です。

 随意筋は、骨についていて体を支え、動かしている筋肉で、骨格筋ともいわれています。内臓の筋肉や心臓の筋肉は、自分の意思で動かしたり止めたりできないため、不随意筋といわれています。

 普通、筋電図検査は骨格筋を調べます。おもに顔、上肢、下肢の筋肉などですが、胸の筋肉を検査することもあります。

筋肉や神経、脊髄の病気に有用

 筋電図検査は、進行性筋ジストロフィー症、重症筋無力症、多発性筋炎・皮膚筋炎、神経炎、筋痙攣(けいれん)、筋萎縮、脊髄腫瘍、筋萎縮(いしゅく)側索硬化症などの疑いがあるとき行います。筋ジストロフィー症や筋無力症では、筋電図の波が低く、周期もゆっくりになります。

痛みを伴うが我慢

 上肢の検査は座位で行うこともありますが、検査台にあお向けになって検査するのが一般的です。

 まず、検査する筋肉にアースをつけます。次に、筋肉をアルコール綿で消毒し、筋電図検査装置と接続している細い電極針を1本刺します。麻酔すると正確な筋肉の動きがわからなくなるので、麻酔なしで刺すため痛みがあります。刺す深さは検査する部位によって違いますが、手や足では数mm、上腕では1~2㎝刺します。

 電極針は、検査装置と連結されていて、筋肉に針を刺すとすぐに画面に筋肉の収縮波形が現れます。静かにしているときの波形と、筋肉にいろいろな力を入れたときの波形を記録して解析します。病気によっては、数カ所の筋肉を調べることもあり、我慢が必要です。電極針を抜き、刺したところを絆創膏(ばんそうこう)で止めて終了。検査時間は20~30分くらいです。

検査前後の注意はとくにない

 検査当日の飲食は普通にとってかまいません。検査前後の注意もとくにありません。検査着にも着替えませんが、検査する筋肉が出るような服装にします。

 多少痛みの残ることがありますが、2、3日でとれるので心配ありません。入浴もかまいません。

疑われるおもな病気の追加検査は

◆進行性筋ジストロフィー症→筋生検など

◆重症筋無力症→筋生検、テンシロンテスト、胸部CTなど

▲医師が使う一般用語:「イーエムジー」= electromyogramの略EMGから

◎著作権 日経Gooday(グッデイ)の「病院で受ける検査事典」検索サービスは、「四訂版 病院で受ける検査がわかる本」(発行:法研)をデータベース化したものです。掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

◎日経Gooday(グッデイ)の免責事項必ずお読みください

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 男性ホルモンを増やす5つのポイント

    年齢とともに、男性ホルモンの低下から、体調が優れない、イライラする、よく眠れないという症状が表れる。こうした状態を放っておくと、身体機能の低下やうつ病、メタボリック症候群などの病気リスクが高まってしまう。男性ホルモンについて正しく理解し、どのように生活習慣を改めれば男性ホルモンが増え、ハツラツとした生活を取り戻せるのかについて、5つのポイントにまとめて紹介しよう。

  • 筋肉を衰えさせない「たんぱく質」の正しい摂取法

    最近、筋肉の大切さが指摘される中で、「たんぱく質をしっかりとるべき」という意識が定着しつつある。だが、たんぱく質は、誤解されていること、そして知っているようで知らないことが多くある。いくらとってもいいのか、肉と大豆ではどっちがいいのかなど、即答できない人も多いだろう。本特集では、たんぱく質の基礎から、正しい摂取法、そして身近な食品に含まれるたんぱく質の量までを一挙に紹介する。

  • あなたの腎臓、大丈夫? 急増する慢性腎臓病を防ぐ

    普段あまり意識することの少ない「腎臓」。だが近年、人口の高齢化に伴い、慢性腎臓病から人工透析へと至る患者が急増している。腎臓は、ひとたびその機能が失われると、坂道を転がり落ちるように悪化していく。そうなる前に腎臓の異常を察知し、腎機能の悪化を食い止めるにはどうすればいいのか。重要ポイントをまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.