日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 病院で受ける検査事典  > 画像などによるおもな生体検査:腎・尿路系の検査  > 膀胱尿道造影検査

画像などによるおもな生体検査:腎・尿路系の検査

膀胱尿道造影検査

ぼうこうにょうどうぞうえいけんさ

前立腺肥大症、前立腺がんの診断に重要な検査

 前立腺は、男性にのみある生殖器官です。多くの男性は、50歳代後半になる頃から、尿の出に勢いがなくなる、尿の切れが悪い、尿が出始めるまで時間がかかるなどの症状を自覚し始めます。

 これらの症状は、前立腺肥大による初期症状と考えられ、この場合に行う検査のひとつが膀胱(ぼうこう)尿道造影です。

 前立腺は、尿道の根部(膀胱との境)にあり、これが肥大すると尿道を圧迫して排尿障害をおこします。前立腺がんでも、前立腺は大きくなり、初期には前立腺肥大症と同じ症状を示すため、がんと肥大を区別するためにも重要な検査です。その他、尿道狭窄(きょうさく)、尿道憩室(けいしつ)、外傷、膀胱がんなどの診断のためにも行われます。

前立腺肥大症では膀胱の底部が滑らかに挙上

 前立腺肥大症では、膀胱底部が滑らかに挙上し、後部尿道(前立腺部尿道)の圧排と前屈(さやえんどう状)を認めます。

 前立腺がんでは、腫瘍が尿道や膀胱に浸潤するため、膀胱底部や後部尿道の壁が不整になります。

尿道口からカテーテルを入れて撮影

 排尿してから検査を始めます。まず、ズボンや下着はすべて脱ぎ、タオルを腰に巻いて検査台にあお向けになり、膀胱部の単純写真(造影剤を使わない写真)を1枚撮ります。

 次に、外尿道口から麻酔薬の入ったゼリーを塗った細いカテーテルを約3㎝入れ(軽い痛みのあることがある)、カテーテルを通して造影剤(60%ウログラフィン)を30ml注入しながら尿道の正面の写真を、さらに45℃ほど体をおこして、再び造影剤を注入しながら同じ部分の写真を撮ります。

 最後に、約40mlの造影剤を注入し、膀胱部の正面像を撮影します。

 造影剤の注入時、苦痛はほとんどありません。約10分で終了します。

検査前には完全に排尿する

 検査当日の朝食も常用薬も、ふだん通りでかまいません。検査前に、完全に排尿してください。

 検査後の安静はいりません。水分を多めにとって尿量を増やし、造影剤を早めに排出します。検査後に少量の出血がありますが、じきにきれいになります。出血が多いときは、病院へ連絡してください。

■前立腺肥大症
膀胱の下に前立腺があり、それが肥大しているため、膀胱の底部が滑らかにもち上がっている。また、前立腺部の尿道が肥大によって押されて、さやえんどう状になっている。
女性の場合

 膀胱尿道造影検査は、ほとんど男性が対象です。女性で尿の出が悪く、尿道の異常を検査する場合は、チェーン膀胱尿道造影検査を行います。

 この検査は、チェーンのついたブジー(細い管)を膀胱まで挿入し、造影剤を注入して撮影します。

疑われるおもな病気の追加検査は

◆前立腺肥大症→前立腺超音波(経直腸的)および生検、残尿量測定など

◆前立腺がん→前立腺超音波、膀胱鏡(生検)、腫瘍マーカー(γ-Sm、 PSA)など

◆膀胱がん→腹部超音波、膀胱鏡(生検)など

▲医師が使う一般用語:「シーユージー」=cystourethrography(膀胱尿道造影)の略CUG から

◎著作権 日経Gooday(グッデイ)の「病院で受ける検査事典」検索サービスは、「四訂版 病院で受ける検査がわかる本」(発行:法研)をデータベース化したものです。掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

◎日経Gooday(グッデイ)の免責事項必ずお読みください

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 老化を左右する血管! 若返りのポイントは?

    体の中に縦横無尽に張り巡らされた「血管」をよい状態に保つことは、健康を維持するため、そして老化を防ぐために極めて重要だ。では、強い血管をキープし、老化した血管を若返らせるには、何をすればいいのだろうか。本特集では、2万例を超える心臓・血管手術を手がけてきたスペシャリストに、血管の若さを維持する秘訣と、血管を強くする運動法・食事法を聞いていく。

  • つらい「肩こり」は動的ストレッチで解消!

    肩こりの原因の大半は、生活習慣。すなわち、不自然な姿勢で過ごすことや、たとえ良い姿勢であっても長時間続けてしまうことが、首や背中の筋肉を緊張させ、筋疲労を引き起こす。この記事では、肩こりに関する記事の中から重要ポイントをピックアップして、肩こりの解消方法をコンパクトに紹介していく。

  • 筋肉博士が教えるロコモ予防の下半身筋トレ

    健康寿命を延ばすためには、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動だけでなく、「筋トレ」も重要であることが最近改めて認識されている。東京大学大学院教授で“筋肉博士”こと石井直方さんは、「寝たきりにならないためには、40~50代のうちから筋肉量を増やす意識で運動することが大切」という。そこで本特集では、石井さんに聞いた、筋トレの効果と、具体的な下半身筋トレの方法を一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.