日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 病院で受ける検査事典  > 画像などによるおもな生体検査:消化器系の検査  > 腹部血管造影検査

画像などによるおもな生体検査:消化器系の検査

腹部血管造影検査

ふくぶけっかんぞうえいけんさ

膵臓がんや肝臓がんなどを調べる検査です。検査後は止血のため、カテーテル挿入部を6時間ほど圧迫し、ベッドで安静にする必要があります。

膵臓がんの診断に重要な検査

 膵(すい)臓がんを疑うときは、まず腹部超音波(参照)や腹部CT(参照)、MR(MRCP参照)で調べますが、膵臓は腹部の後ろのほうにあり、また膵臓の厚さは数センチと薄いことから、これらの検査では、がんの発見が難しいことがあります。

 この腹部血管造影検査は膵臓がん発見の最終検査ともいえるもので、高い診断能力を示します。

 また、肝臓がんの診断やその広がりを調べる検査としても重要で、その他、胆嚢(たんのう)がんの診断、肝硬変の血流状態(胃・食道静脈瘤(りゅう))や、原因不明の消化管出血の診断のためにも行われています。

膵臓がんでは、がんを取り巻く血管が不整・狭窄する

 膵臓がんでは、がんが血管に浸潤するため、がんを取り巻く血管の不整・狭窄(きょうさく)像を認めます。

 肝臓がんでは、がんに栄養を与えている動脈が集まって、毛玉のようになります。

時間は約60分、とくに苦痛はない

 入院して検査します。検査前に鼠径(そけい)部(股のつけ根)の毛を切り(除毛)、尿道カテーテル(細いプラスチックの管)を留置し、また筋肉注射(鎮静剤)と点滴をします。

 検査台にあお向けになり、右側の鼠径部に局所麻酔の注射をします。麻酔が効いたら大腿(だいたい)動脈に針を刺し、細い造影用カテーテルを腹部の動脈から腹腔動脈へと挿入し(痛みはない)、目指すところまで入れて造影剤(ヨード剤)を注入しながらX線撮影します。造影剤注入時、腹部が熱く感じますが、痛みはありません。約60分で終了します。

 検査が終わったら、そのまま約15分間、鼠径部を圧迫し、止血します。止血を確認後、絆創膏(ばんそうこう)でしっかり固定し、事前に用意しておいた前あきの浴衣(ゆかた)とT字帯を着せてもらい、さらに砂嚢(さのう)をのせて6時間は圧迫しておき、病室でベッド上安静になります。止血を完全に確認してから、歩行が許可されます。

検査後は出血に注意

 検査のため、前あきの浴衣とT字帯を用意します。前日の夕食は普通ですが、当日の朝は絶食です。検査後、鼠径部からの出血に注意が必要で、安静にしていることが何より大事です。

 ヨード剤にアレルギーのある人や妊娠中あるいはその可能性のある人は、この検査は行いません。医師にその旨を告げてください。喘息(ぜんそく)やそばアレルギーのある人、腎(じん)機能の悪い人も注意が必要です。事前に申し出てください(参照)。

■肝臓がん
がんがあるため、動脈が集まって白い毛玉のようになっている。

▲医師が使う一般用語:「アンギオ」=angiography(血管造影) の略

◎著作権 日経Gooday(グッデイ)の「病院で受ける検査事典」検索サービスは、「四訂版 病院で受ける検査がわかる本」(発行:法研)をデータベース化したものです。掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

◎日経Gooday(グッデイ)の免責事項必ずお読みください

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 認知症のリスクを下げる食事のポイントは?

    近年の研究から、認知症リスクは生活習慣によって大きく変わることが分かってきた。中でも重要なのが食生活だ。米国の最新食事法をきちんと実践した人は、認知症の発症リスクが最大53%低かったという驚きの結果も出ている。では、具体的にどのような食生活にすればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、最新研究に基づいた「認知症を遠ざける食事」のポイントを紹介しよう。

  • 宴会で「尿酸値・血糖値・中性脂肪」を上げない賢い飲み方

    年末年始や年度の変わり目など、宴会が増える季節に、楽しくお酒を飲みながらふと頭をよぎるのが、「体重の増加」と「気になる検査値への影響」ではないだろうか。暴飲暴食が続くとさまざまな検査値に影響が及ぶ。今回は、働き盛りの世代に身近な「尿酸値」「血糖値」「中性脂肪」を上げないための、宴会での上手な飲み方・食べ方のコツをまとめた。

  • 青魚のDHAやEPAで、血管を若返らせて、メタボも抑制!

    サバ、イワシなどの「青魚」の健康効果が注目されている。青魚にたっぷり含まれるDHAやEPAは、血管を若返らせ、メタボを抑制したり、認知症のリスクを下げる効果も期待できる。手軽に食べられる「サバ缶」や「イワシ缶」も人気で、カルシウムもしっかりとれるため、骨粗鬆症の予防にもなる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

人生100年時代プロジェクト 日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.