日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 病院で受ける検査事典  > 画像などによるおもな生体検査:消化器系の検査  > 腹部CT検査

画像などによるおもな生体検査:消化器系の検査

腹部CT検査

ふくぶCTけんさ

ガントリー(丸いドーム状の中)の中のX線管球を回転させながら、検査する部位にX線を照射し、透過したX線を検出器で測定して画像処理する。
■肝臓がん
〈単純撮影〉の像。マルで囲んだあたりの黒っぽい部分ががん。
コンピュータで腹部の臓器を撮影します。狭い空間での検査ですが、心配せず、落ち着いて受けてください。検査後の安静は不要、食事もとってかまいません。

肝臓がん、胆嚢がん、膵臓がんの診断に有用な検査

 腹部にある臓器(肝、胆(たん)、膵(すい)、脾(ひ)、腎(じん)、子宮、卵巣)や、腹水の診断に有用で、良性・悪性の病気の区別やその広がり、周囲との関連性などを調べるのに重要な検査です。

 この腹部CT(コンピュータ断層撮影)は、病変部のX線の吸収力の差によって病気を診断する方法で、造影剤を使わない〈単純撮影〉と使う〈造影撮影〉があり、後者ではより明らかに判定できます。近年では、どちらの場合も断層幅5mmで撮影するため、小さな変化(5mm以上)も読影できます。

肝臓がんは単純撮影は黒い像、造影撮影では白い像

 肝臓がんは、〈単純撮影〉では周囲の正常な肝細胞よりやや黒っぽい腫瘍像として写り、〈造影撮影〉ではそれが白く写ります。

 膵臓がんは、〈単純〉〈造影〉どちらでも部分的な黒っぽい腫瘍像として写り、腫瘍より尾側(びそく)の膵管が拡張している像になります。

10~15分で終了、X線の被爆量は問題ない

 〈単純撮影〉と〈造影撮影〉の両方を行うのが一般的です。

 検査着に着替え、検査台にあお向けに寝ます。まず〈単純撮影〉を行い、次に造影剤(ヨード剤)を2分くらいかけて点滴静注し、〈造影撮影〉をします。

 10~15分で終了、苦痛はありません。X線の被爆量は人体には問題なく、月に2~3回の繰り返し検査も可能です。

 また、ダイナミックCTと呼ばれる検査があります。これは、造影剤をより急速に静脈注射し、肝臓がんや血管腫の状態をよりはっきりと診断する方法で、必要に応じて追加する検査です。

アレルギーのある人や妊娠中の人などは事前に申し出を

 前日の夕食は普通ですが、当日の朝は絶食です。糖尿病薬以外の常用薬は、飲んでもかまいません。検査後の安静は不要、食事もとってかまいません。水分は多めにとってください(ヨード剤が尿から出ます)。

 ヨード剤にアレルギーのある人や妊娠中あるいはその可能性のある人は〈造影撮影〉は行いません。医師にその旨を告げてください。

 喘息(ぜんそく)やそばアレルギーのある人、腎(じん)機能の悪い人は、〈造影撮影〉には注意が必要です。事前に申し出てください(参照)。

疑われるおもな病気の追加検査は

◆肝臓がん→腫瘍マーカー(AFP、PIVKA-Ⅱ)、MR、PET-CT、腹部血管造影など

◆膵臓がん→腫瘍マーカー(CEA、CA19-9)、MR、 PET-CT、 逆行性膵(胆)管造影、 腹部血管造影など

▲医師が使う一般用語:「シーティー」=computer tomography(コンピュータ断層撮影)の略CTから

◎著作権 日経Gooday(グッデイ)の「病院で受ける検査事典」検索サービスは、「四訂版 病院で受ける検査がわかる本」(発行:法研)をデータベース化したものです。掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

◎日経Gooday(グッデイ)の免責事項必ずお読みください

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • もの忘れと将来の認知症の関係は?

    「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」…。“もの忘れ”は、ミドル以上なら誰にでも経験があるもの。本特集では、もの忘れの原因は何なのか、将来の認知症につながるのかなどについて紹介する。

  • 健康寿命を左右する「全粒穀物と食物繊維」の摂取方法

    今、世界的に「全粒穀物」の健康効果が注目されている。全粒穀物の摂取が増えるほど、がん、心血管疾患、総死亡率が低くなるという研究報告も出ている。その健康効果の中核となっているのが「食物繊維」だ。食物繊維が体にいいことはよく知られているが、主に便通などに影響するものと軽視されがち。だが、食物繊維不足は生活習慣病と密接な関係がある。本特集では、主食の選択が及ぼす健康効果から、注目の大麦の健康効果、穀物以外の食物繊維のとり方までを一挙に紹介する。

  • 「胃がん」撃退のため知っておきたい最新情報

    これまで多くの人の命を奪い、「死の病」であった胃がんが、「ピロリ菌」除菌の登場によって未然に防ぐことができる病気になってきた。また、万が一胃がんになってしまった場合も、胃カメラによる検診を定期的に受けていれば、超早期の段階で見つけて治療し、胃の機能をほとんど損ねることなく日常生活に戻ることができる。本特集では、近年死亡率が大きく減少している胃がんの最新事情をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.