日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 病院で受ける検査事典  > 画像などによるおもな生体検査:消化器系の検査  > 腹部CT検査

画像などによるおもな生体検査:消化器系の検査

腹部CT検査

ふくぶCTけんさ

ガントリー(丸いドーム状の中)の中のX線管球を回転させながら、検査する部位にX線を照射し、透過したX線を検出器で測定して画像処理する。
■肝臓がん
〈単純撮影〉の像。マルで囲んだあたりの黒っぽい部分ががん。
コンピュータで腹部の臓器を撮影します。狭い空間での検査ですが、心配せず、落ち着いて受けてください。検査後の安静は不要、食事もとってかまいません。

肝臓がん、胆嚢がん、膵臓がんの診断に有用な検査

 腹部にある臓器(肝、胆(たん)、膵(すい)、脾(ひ)、腎(じん)、子宮、卵巣)や、腹水の診断に有用で、良性・悪性の病気の区別やその広がり、周囲との関連性などを調べるのに重要な検査です。

 この腹部CT(コンピュータ断層撮影)は、病変部のX線の吸収力の差によって病気を診断する方法で、造影剤を使わない〈単純撮影〉と使う〈造影撮影〉があり、後者ではより明らかに判定できます。近年では、どちらの場合も断層幅5mmで撮影するため、小さな変化(5mm以上)も読影できます。

肝臓がんは単純撮影は黒い像、造影撮影では白い像

 肝臓がんは、〈単純撮影〉では周囲の正常な肝細胞よりやや黒っぽい腫瘍像として写り、〈造影撮影〉ではそれが白く写ります。

 膵臓がんは、〈単純〉〈造影〉どちらでも部分的な黒っぽい腫瘍像として写り、腫瘍より尾側(びそく)の膵管が拡張している像になります。

10~15分で終了、X線の被爆量は問題ない

 〈単純撮影〉と〈造影撮影〉の両方を行うのが一般的です。

 検査着に着替え、検査台にあお向けに寝ます。まず〈単純撮影〉を行い、次に造影剤(ヨード剤)を2分くらいかけて点滴静注し、〈造影撮影〉をします。

 10~15分で終了、苦痛はありません。X線の被爆量は人体には問題なく、月に2~3回の繰り返し検査も可能です。

 また、ダイナミックCTと呼ばれる検査があります。これは、造影剤をより急速に静脈注射し、肝臓がんや血管腫の状態をよりはっきりと診断する方法で、必要に応じて追加する検査です。

アレルギーのある人や妊娠中の人などは事前に申し出を

 前日の夕食は普通ですが、当日の朝は絶食です。糖尿病薬以外の常用薬は、飲んでもかまいません。検査後の安静は不要、食事もとってかまいません。水分は多めにとってください(ヨード剤が尿から出ます)。

 ヨード剤にアレルギーのある人や妊娠中あるいはその可能性のある人は〈造影撮影〉は行いません。医師にその旨を告げてください。

 喘息(ぜんそく)やそばアレルギーのある人、腎(じん)機能の悪い人は、〈造影撮影〉には注意が必要です。事前に申し出てください(参照)。

疑われるおもな病気の追加検査は

◆肝臓がん→腫瘍マーカー(AFP、PIVKA-Ⅱ)、MR、PET-CT、腹部血管造影など

◆膵臓がん→腫瘍マーカー(CEA、CA19-9)、MR、 PET-CT、 逆行性膵(胆)管造影、 腹部血管造影など

▲医師が使う一般用語:「シーティー」=computer tomography(コンピュータ断層撮影)の略CTから

◎著作権 日経Gooday(グッデイ)の「病院で受ける検査事典」検索サービスは、「四訂版 病院で受ける検査がわかる本」(発行:法研)をデータベース化したものです。掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

◎日経Gooday(グッデイ)の免責事項必ずお読みください

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 睡眠不足は肥満や生活習慣病のリスクを高める

    近年、睡眠不足が積み重なる「睡眠負債」の怖さが取り上げられるようになり、睡眠の大切さがクローズアップされている。実際、睡眠不足や質の低下が、疲れや集中力の低下につながることを実感したことがある人も多いだろう。しかし、問題はそれだけではない。睡眠不足や質が低下すると“太りやすくなる”。さらに、高血圧、糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病のリスクも高まることも分かっている。そこで本特集では、睡眠と生活習慣病の関係から、実践的な睡眠改善法までを一挙に紹介する。

  • 女性の「尿漏れ」「頻尿」には骨盤底筋トレーニングが効く!

    トイレに行く回数が多い、くしゃみをすると少し漏らしてしまう、突然尿意に襲われて我慢できない…。女性の尿の悩みは、「頻尿」や「尿漏れ(尿失禁)」が多いのが特徴だ。これらを改善するにはどうすればいいのだろうか?

  • 男性も無関係ではない骨粗鬆症、飲酒・喫煙・高血糖はリスク

    骨がスカスカになってもろくなり、骨折の危険性が増すのが「骨粗鬆症」だ。急速な高齢化に伴って患者数が増えており、日本骨粗鬆症学会などによると、日本における患者数は現在1300万人と推定されている。骨粗鬆症というと女性のイメージがあるが、男性の患者数は300万人と見られている。本特集では、骨粗鬆症が起きる仕組みから、気をつけたい生活習慣、そして骨を強くするための対策までを一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.