日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 病院で受ける検査事典  > 画像などによるおもな生体検査:消化器系の検査  > 下部消化管内視鏡検査

画像などによるおもな生体検査:消化器系の検査

下部消化管内視鏡検査

かぶしょうかかんないしきょうけんさ

肛門からファイバースコープを挿入して観察。疑わしい病変があれば採取する(生検)。
下部消化管内視鏡を行う場合

①診断:生検

②治療:ポリープ・早期がんの切除、異物の除去、薬物局所注入(がん)

大腸がんの最終検査です。検査前日の朝昼晩の食事は消化のよいものにします。検査後は30~60分ほど安静にし、数時間は車の運転をしてはいけません。

大腸がんの確定診断に重要な検査

 大腸がんの最終検査です。内視鏡で直接、病変を肉眼的に観察し、がん細胞らしき病変があれば、その場で病変の一部を採取する生検(せいけん)を行い、その病変を細胞検査して、がんの確定診断にします。 近年、ファイバー先端のカメラの倍率を高くし(拡大内視鏡)、表面細胞の状態を細かく観察し、生検をしなくても良性・悪性の区別をするようになってきています。

 がんのほか、大腸の潰瘍・ポリープ・結核などの診断のため、さらに下血(便に血液が混じること)の部位および原因確認の目的で、緊急にこの検査を行うこともあります。

大腸がんは腸の内腔に突出した腫瘤としてみえる

 大腸がんの多くは、腸の内腔に突出した腫瘤(しゅりゅう)を認め、しばしば出血を伴います。また、進行すると内腔は狭くなります。

 大腸ポリープは、いぼ状にみえます。ポリープには表面の一部にがんのあることもあり、ポリープを発見したら、内視鏡で観察しながら切除します。

大腸の中をきれいにして検査

 検査前日の朝昼晩の食事は、うどん、粥(かゆ)など消化のよいものにします。当日の朝は絶食ですが、糖尿病薬以外の常用薬は飲んでかまいません。

 朝9時頃、大腸の中をきれいにする薬(ニフレック、2000ml)を、約1時間かけて飲みます。何回か下痢をし、最後は透明なやや黄色の水様便になります。便がまだ残っているようなら、さらに浣腸して腸の中をきれいにします。検査着に着替え、痛み止めの筋肉注射をし、検査台に左を下に横になります。

 まず、肛門を診察してから、肛門に麻酔薬入りのゼリーを塗りながら、直径約10mmのファイバースコープを挿入し、ときどき空気を入れながら直腸から下行結腸へと進めます。腸が曲がっているところを通るときは、一瞬ひきつれを感じることもあります。盲腸まで観察したら、ファイバースコープを抜きながら再び観察し、病変があれば生検します。

 検査には、訓練を積んだ技術を要しますが、10~30分で終了。検査後30~60分、安静にします。

車を運転して病院へ行かない

 緑内障、前立腺肥大症、心臓病の人は、検査の前に申し出てください(参照)。

 検査後、しっかりと排便してください。空気でおなかがはっていても、じきに治ります。食事はすぐできますが、車の運転は数時間は禁止です。

 高齢の人は、家族のつき添いがあったほうがよいでしょう。

■大腸がん
出血と白い苔のようなものを伴う巨大な結節状の隆起が認められる。

▲医師が使う一般用語:「シーエフ」=colon fiberscope(大腸内視鏡)の略CF から

◎著作権 日経Gooday(グッデイ)の「病院で受ける検査事典」検索サービスは、「四訂版 病院で受ける検査がわかる本」(発行:法研)をデータベース化したものです。掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

◎日経Gooday(グッデイ)の免責事項必ずお読みください

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 老化を左右する血管! 若返りのポイントは?

    体の中に縦横無尽に張り巡らされた「血管」をよい状態に保つことは、健康を維持するため、そして老化を防ぐために極めて重要だ。では、強い血管をキープし、老化した血管を若返らせるには、何をすればいいのだろうか。本特集では、2万例を超える心臓・血管手術を手がけてきたスペシャリストに、血管の若さを維持する秘訣と、血管を強くする運動法・食事法を聞いていく。

  • つらい「肩こり」は動的ストレッチで解消!

    肩こりの原因の大半は、生活習慣。すなわち、不自然な姿勢で過ごすことや、たとえ良い姿勢であっても長時間続けてしまうことが、首や背中の筋肉を緊張させ、筋疲労を引き起こす。この記事では、肩こりに関する記事の中から重要ポイントをピックアップして、肩こりの解消方法をコンパクトに紹介していく。

  • 筋肉博士が教えるロコモ予防の下半身筋トレ

    健康寿命を延ばすためには、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動だけでなく、「筋トレ」も重要であることが最近改めて認識されている。東京大学大学院教授で“筋肉博士”こと石井直方さんは、「寝たきりにならないためには、40~50代のうちから筋肉量を増やす意識で運動することが大切」という。そこで本特集では、石井さんに聞いた、筋トレの効果と、具体的な下半身筋トレの方法を一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.