日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 病院で受ける検査事典  > 画像などによるおもな生体検査:消化器系の検査  > 上部消化管内視鏡検査

画像などによるおもな生体検査:消化器系の検査

上部消化管内視鏡検査

じょうぶしょうかかんないしきょうけんさ

上部消化管内視鏡を使う場合

食道、胃、小腸など上部消化管の

①診断:生検、擦過

②治療:ポリープ・早期がんの切除、異物の除去、薬物局所注入(がん、止血)

いわゆる胃カメラのことで、ファイバースコープで胃を観察する検査です。先端が喉を通るときは怖がらず、リラックスして受けましょう。

胃がんの確定診断に欠かせない検査

 前項のバリウム検査(→参照)で、胃がんや潰瘍が疑われた際に行う最終検査です。

 胃がんの場合、確定診断するためにはがん細胞の証明が必要になるため、内視鏡で直接病変を肉眼的に観察・撮影します。がん細胞らしき病変があれば、その場で病変の一部を採取したり(生検(せいけん))、ブラシで病変を擦り取ったりします(擦過(さっか))。その病変を細胞検査して、がんの確定診断とします。

 内視鏡は食道から胃、十二指腸までを調べるもので、がんや潰瘍をはじめポリープ、リンパ腫、炎症の確定診断、食道や胃の静脈瘤(りゅう)の検査などでも行われます。近年では胃の症状がある場合、バリウム検査をしないで初めから内視鏡をすることも多くなってきました。

胃がんは白苔や出血、 ひだの乱れなどが写る

 胃がんには、胃の粘膜がくぼんだ形(陥凹(かんおう)型)と、いぼ状に出っ張る形(隆起型)とがあり、また、がんの進行の程度により、早期がんと進行がんに分けられます。

 陥凹型のがんがあると、不整形の白い苔(こけ)のようなもの(白苔(はくたい))や出血、ひだの乱れなどの所見を示します。

マウスピースを口にくわえて検査

 検査前に、唾液や胃液の分泌を抑える薬と、胃の運動を抑える薬を筋肉注射し、さらに喉(のど)をスプレーで麻酔します。ベルトやネクタイは外し、検査台に左を下にして横になり、マウスピースをくわえます。先端にレンズのついた直径約7mmのファイバースコープを挿入します。先端が喉を通るとき、一瞬息がつまる感じがありますが、通ってしまえばあとは苦痛はありません。胃を観察するとき空気を入れるため、おなかがはる感じになりますがゲップは我慢します。

 観察・生検(擦過)後、ファイバースコープを通して止血剤を胃の中に散布し、空気を吸引し、ファイバースコープをゆっくり抜いて終了です。時間は10~15分、検査後30~60分安静にします(麻酔薬を使ったときは60分くらい)。

 なお、近年では、鼻の粘膜をスプレーで麻酔し、鼻からファイバースコープを入れる経鼻内視鏡も行われるようになりました。

検査当日の朝は絶食、常用薬も飲まないように

 検査前日の夕食は、8時頃までに済ませ、当日の朝は絶食、常用薬も飲まないようにします。検査前に排尿しておきます。緑内障、前立腺肥大症、心臓病のある人は検査前に申し出ます(参照)。心臓のペースメーカーが入っていても検査できます。

 検査後2~3時間、尿の出が悪くなることがありますが自然に戻るでしょう。検査直後の車の運転は禁止です。

■胃がん
早期がんのⅡc型(表面陥凹型)。マルで囲んだ写真右側の白苔がこびりついているところががん。左下部の穴は十二指腸への出口。直径約1㎝。

▲医師が使う一般用語:「いカメラ」「いファイバースコープ」

◎著作権 日経Gooday(グッデイ)の「病院で受ける検査事典」検索サービスは、「四訂版 病院で受ける検査がわかる本」(発行:法研)をデータベース化したものです。掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

◎日経Gooday(グッデイ)の免責事項必ずお読みください

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 放置すると命を脅かす「高血圧」 140未満でも油断禁物

    収縮期血圧(上の血圧)が基準値の140より低くても130以上であれば「高値血圧」と言い、生活改善が望まれる。そこで本記事では、なぜ血圧を下げる必要があるのかや、手軽で効果的な「血圧リセット術」について紹介する。今年こそ、高血圧を改善しよう。

  • 健康長寿の生命線! 放置は禁物 「腎臓」の異常値

    生命維持に欠かせないさまざまな機能を担っている腎臓は、よほど悪くならない限り悲鳴を上げない「沈黙の臓器」でもある。本記事では、大切な腎機能が失われる前に、異常値にどう対処すればいいか、腎臓を守るためにはどのような生活習慣に気を付けていけばいいかについて解説する。

  • 加齢で進む胃の不調 機能性ディスペプシアと逆流性食道炎の原因と対策

    加齢により胃の機能が衰えると、さまざまな不調が起きる。ピロリ菌の除菌が進んで胃がんや胃潰瘍が減ってきた今、胃の病気の主役は、胃もたれや胃痛の症状を招く「機能性ディスペプシア」と、胸やけやげっぷが起きる「逆流性食道炎」の2つに移行しつつある。なぜ機能性ディスペプシアと逆流性食道炎は起きるのか、どのような治療が必要なのか、セルフケアで改善・予防できるのか。このテーマ別特集では、胃の不調の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設 日経Gooday初割キャンペーン2022

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.