日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 病院で受ける検査事典  > 画像などによるおもな生体検査:呼吸器系の検査  > アプノモニター検査

画像などによるおもな生体検査:呼吸器系の検査

アプノモニター検査

アプノモニターけんさ

空気の流れを感知するセンサーをつけ、睡眠時の呼吸の異常を調べる検査です。検査前の飲酒は避け、就寝前の飲水も控えめにします。

睡眠時無呼吸症候群の診断に行う検査

 10秒以上呼吸(気流)が止まってしまうことを無呼吸といい、睡眠時に、この無呼吸が1時間に5回以上、または7時間の睡眠中に30回以上の無呼吸があるものを、睡眠時無呼吸症候群といいます。

 この睡眠時無呼吸症候群を診断するための簡単な検査方法がアプノモニター(簡易睡眠時呼吸検知装置)です。睡眠時無呼吸症候群を放置しておくと、合併症、とくに心筋梗塞(こうそく)や脳梗塞など命にかかわる病気が発症しやすくなるので注意が必要です。

睡眠中、鼻孔にセンサーをつける

 アプノモニターは、自宅で寝る前に自分で装着します。装着のしかたや検査中の注意は、病院で説明されます。

 検査のための特別な準備はなく、食事も入浴も洗顔も普段どおりです。深酒で、睡眠中の無呼吸をおこしてしまうことがあるので、検査前の飲酒は控えます。また、夜間の睡眠を妨げないよう、就寝前の飲水は少なめにします。爪のマニキュアは落とします。

 寝る準備ができたら、3個のセンサーをつけます。まず、鼻での吸気をチェックする薄いプラスチックでできているセンサーの先端を、鼻孔にしっかりとテープで固定します。このセンサーは蝶のような形で、口の呼吸の流れ(吸気)も感知します。

 次に、頸(けい)部甲状軟骨(いわゆる喉(のど)ぼとけ)の下に、いびきや気道を空気が通る音を拾うための喉のセンサーをテープで止めます。

 3個目は、人差し指に、血液中の酸素飽和度を測定するためのセンサーをつけ、ずれないように指カバーで被います。

 3個のセンサーは、弁当箱程度の大きさの記録器具に接続し、睡眠中の酸素濃度、吸気の流れ、喉の音を記録します。

 夜中にトイレにおきても、モニターを外さずに自由に行けます。翌日、覚醒時に機械を外して終了です。

 記録されたデータから、無呼吸の回数を解析し、診断します。その結果、睡眠時無呼吸症候群が疑われたら、終夜睡眠時呼吸モニター(ポリソムノグラフィ)によって無呼吸の型や重症度の判定などを行います。

睡眠時無呼吸症候群

●なりやすい人

・中年以降の男性

・太っている

・首が短くて脂肪が多い

・上気道が狭い

・下顎が小さい・後退している

・扁桃腺肥大

・甲状腺機能低下症

 など

●おもな症状

・日中の眠気

・睡眠中の頻繁な呼吸停止

・激しい大きないびき

・睡眠中の窒息感やあえぎ呼吸

・夜間の頻尿

・朝の頭痛

・覚醒時の倦怠感、口渇

・記憶・集中力の減退

・抑うつ状態

 など

●おもな合併症

・高血圧、肺性心、不整脈、虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞など)

・低酸素血症、認知障害、脳血管障害(脳梗塞、 脳出血など)

▲医師が使う一般用語:「アプノモニター」

◎著作権 日経Gooday(グッデイ)の「病院で受ける検査事典」検索サービスは、「四訂版 病院で受ける検査がわかる本」(発行:法研)をデータベース化したものです。掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

◎日経Gooday(グッデイ)の免責事項必ずお読みください

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • もの忘れと将来の認知症の関係は?

    「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」…。“もの忘れ”は、ミドル以上なら誰にでも経験があるもの。本特集では、もの忘れの原因は何なのか、将来の認知症につながるのかなどについて紹介する。

  • 健康寿命を左右する「全粒穀物と食物繊維」の摂取方法

    今、世界的に「全粒穀物」の健康効果が注目されている。全粒穀物の摂取が増えるほど、がん、心血管疾患、総死亡率が低くなるという研究報告も出ている。その健康効果の中核となっているのが「食物繊維」だ。食物繊維が体にいいことはよく知られているが、主に便通などに影響するものと軽視されがち。だが、食物繊維不足は生活習慣病と密接な関係がある。本特集では、主食の選択が及ぼす健康効果から、注目の大麦の健康効果、穀物以外の食物繊維のとり方までを一挙に紹介する。

  • 「胃がん」撃退のため知っておきたい最新情報

    これまで多くの人の命を奪い、「死の病」であった胃がんが、「ピロリ菌」除菌の登場によって未然に防ぐことができる病気になってきた。また、万が一胃がんになってしまった場合も、胃カメラによる検診を定期的に受けていれば、超早期の段階で見つけて治療し、胃の機能をほとんど損ねることなく日常生活に戻ることができる。本特集では、近年死亡率が大きく減少している胃がんの最新事情をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.