日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 病院で受ける検査事典  > 画像などによるおもな生体検査:呼吸器系の検査  > 肺機能検査

画像などによるおもな生体検査:呼吸器系の検査

肺機能検査

はいきのうけんさ

■肺活量分画
■スパイログラム上での努力呼気曲線
〈用語解説〉

肺活量:空気を最もたくさん吸い込んだとき(最大吸気)と、 できるだけ吐き出したとき(最大呼気)の差

%肺活量:〈実際に測定した肺活量÷標準値(予備値)〉

標準値

 男性(50歳、身長160~170㎝)=3500~3700ml

 女性(50歳、身長150~160㎝)=2500~2700ml

努力性肺活量:最大吸気位からできるだけ速やかに吐き出したときの肺活量

1秒量:1秒間で最大に吐き出せる呼吸量

1秒率:全体呼気量に対する1秒量の比率

呼吸の力を評価し、障害部位を特定する検査で、異常があればくわしく調べます。喘息のある人は、検査で喘息を誘発する場合があるので注意が必要です。

肺気腫、気管支喘息などの診断の助けとなる検査

 息苦しい、咳(せき)や痰(たん)が出る、動悸がするなどの症状があって、肺の病気を疑うときに行う検査で、呼吸の力(吸気(きゅうき)・呼気(こき))を定量的に評価し、障害の部位を明らかにします。

 肺機能障害には大別して、肺の有効容量が小さくなる拘束(こうそく)性肺機能障害(肺結核、肺線維症など)、気道が狭くなる閉塞性肺機能障害(肺気腫、気管支喘息(ぜんそく)など)、その混合型がありますが、臨床的には閉塞性がよくみられます。

肺活量80%以下、1秒率70%以下のときは障害を考える

 スパイロメトリーという機械で、肺活量、努力性肺活量、1秒量を測り、1秒率を計算します。診断上は、肺活量と1秒率で肺機能を調べます。

 肺活量は、検査データ上では〈%肺活量〉で表示されます。これは、実際に測定した肺活量をあらかじめ決められている標準値(予備値)で割ったもので、この〈%肺活量〉が80%以下のときは検査上、拘束性肺機能障害があるといいます。一方、1秒率は、70%以下になると検査上、閉塞性肺機能障害があるといい、どちらの場合もさらにくわしい検査を行います。

10分ほどで終了、苦痛はない

 座って検査をします。まず、肺活量を測ります。鼻をノーズクリップで止め、呼吸管を接続したマウスピースを口に加え、静かな呼吸を数回繰り返したのち(少し息苦しさを感じることもあるが、呼吸は普通にできる)、一度大きく息を吐き(最大呼気)、次に大きく息を吸い(最大吸気)、さらに大きく息を吐きます(呼気肺活量、一般にいう肺活量)。これを2~3回繰り返します。

 次に、努力性肺活量、1秒量を測ります。まず、静かな呼吸を2~3回したのち大きく息を吸い、一気に強く息を全部吐きます(努力性肺活量)。呼吸量はグラフに表れ、1秒間の呼気量を測り(1秒量)、呼気率を計算します(1秒率)。

 10分くらいですべて終了します。苦痛はありません。

喘息発作で苦しいときは行わない

 当日の飲食は、普通にとってかまいません。検査時は入れ歯を外して行います。喘息発作で呼吸が苦しいときは、検査はできません。また、検査で喘息発作を誘発することがありますので、注意が必要です。

疑われるおもな病気の追加検査は

◆肺気腫→胸部単純X線撮影、胸部CTなど

◆気管支喘息→胸部単純X線撮影、血液検査(好酸球、IgE)など

▲医師が使う一般用語:「はいきのう」「こきゅうきのう」

◎著作権 日経Gooday(グッデイ)の「病院で受ける検査事典」検索サービスは、「四訂版 病院で受ける検査がわかる本」(発行:法研)をデータベース化したものです。掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

◎日経Gooday(グッデイ)の免責事項必ずお読みください

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「胃がん」撃退のため知っておきたい最新情報

    これまで多くの人の命を奪い、「死の病」であった胃がんが、「ピロリ菌」除菌の登場によって未然に防ぐことができる病気になってきた。また、万が一胃がんになってしまった場合も、胃カメラによる検診を定期的に受けていれば、超早期の段階で見つけて治療し、胃の機能をほとんど損ねることなく日常生活に戻ることができる。本特集では、近年死亡率が大きく減少している胃がんの最新事情をまとめる。

  • 寝ても取れない疲れを取るには?

    「疲労大国」といわれる日本。「頑張って仕事をすれば、ある程度疲れるのは当たり前」「休む間もないほど忙しいが、やりがいがあるから、さほど疲れは感じない」などと思っている人も多いかもしれない。だが、睡眠時間を削るような働き方を続けていると、知らぬうちに疲れはたまる。結果、「寝てもなかなか疲れがとれない」という状態に陥るばかりか、免疫力の低下や、生活習慣病の発症につながることは多くの研究で知られている。疲労の正体から、疲労回復の実践的な方法までをまとめた。

  • つらい筋トレ不要? 効率的に「お腹を凹ませる」トレーニング

    薄着の季節になると、何かと気になる“お腹ぽっこり”。短期間で何とか解消したい!と思う人は多いだろう。しかし、スポーツジムでしっかり運動するのはつらいし、運動する時間を確保するのも大変だ。そこで、今回のテーマ別特集では、手軽に実践できる「ドローイン」と「猫背姿勢の改善」で“ぽっこりお腹”を解消していこう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.