日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 病院で受ける検査事典  > 画像などによるおもな生体検査:呼吸器系の検査  > 肺機能検査

画像などによるおもな生体検査:呼吸器系の検査

肺機能検査

はいきのうけんさ

■肺活量分画
■スパイログラム上での努力呼気曲線
〈用語解説〉

肺活量:空気を最もたくさん吸い込んだとき(最大吸気)と、 できるだけ吐き出したとき(最大呼気)の差

%肺活量:〈実際に測定した肺活量÷標準値(予備値)〉

標準値

 男性(50歳、身長160~170㎝)=3500~3700ml

 女性(50歳、身長150~160㎝)=2500~2700ml

努力性肺活量:最大吸気位からできるだけ速やかに吐き出したときの肺活量

1秒量:1秒間で最大に吐き出せる呼吸量

1秒率:全体呼気量に対する1秒量の比率

呼吸の力を評価し、障害部位を特定する検査で、異常があればくわしく調べます。喘息のある人は、検査で喘息を誘発する場合があるので注意が必要です。

肺気腫、気管支喘息などの診断の助けとなる検査

 息苦しい、咳(せき)や痰(たん)が出る、動悸がするなどの症状があって、肺の病気を疑うときに行う検査で、呼吸の力(吸気(きゅうき)・呼気(こき))を定量的に評価し、障害の部位を明らかにします。

 肺機能障害には大別して、肺の有効容量が小さくなる拘束(こうそく)性肺機能障害(肺結核、肺線維症など)、気道が狭くなる閉塞性肺機能障害(肺気腫、気管支喘息(ぜんそく)など)、その混合型がありますが、臨床的には閉塞性がよくみられます。

肺活量80%以下、1秒率70%以下のときは障害を考える

 スパイロメトリーという機械で、肺活量、努力性肺活量、1秒量を測り、1秒率を計算します。診断上は、肺活量と1秒率で肺機能を調べます。

 肺活量は、検査データ上では〈%肺活量〉で表示されます。これは、実際に測定した肺活量をあらかじめ決められている標準値(予備値)で割ったもので、この〈%肺活量〉が80%以下のときは検査上、拘束性肺機能障害があるといいます。一方、1秒率は、70%以下になると検査上、閉塞性肺機能障害があるといい、どちらの場合もさらにくわしい検査を行います。

10分ほどで終了、苦痛はない

 座って検査をします。まず、肺活量を測ります。鼻をノーズクリップで止め、呼吸管を接続したマウスピースを口に加え、静かな呼吸を数回繰り返したのち(少し息苦しさを感じることもあるが、呼吸は普通にできる)、一度大きく息を吐き(最大呼気)、次に大きく息を吸い(最大吸気)、さらに大きく息を吐きます(呼気肺活量、一般にいう肺活量)。これを2~3回繰り返します。

 次に、努力性肺活量、1秒量を測ります。まず、静かな呼吸を2~3回したのち大きく息を吸い、一気に強く息を全部吐きます(努力性肺活量)。呼吸量はグラフに表れ、1秒間の呼気量を測り(1秒量)、呼気率を計算します(1秒率)。

 10分くらいですべて終了します。苦痛はありません。

喘息発作で苦しいときは行わない

 当日の飲食は、普通にとってかまいません。検査時は入れ歯を外して行います。喘息発作で呼吸が苦しいときは、検査はできません。また、検査で喘息発作を誘発することがありますので、注意が必要です。

疑われるおもな病気の追加検査は

◆肺気腫→胸部単純X線撮影、胸部CTなど

◆気管支喘息→胸部単純X線撮影、血液検査(好酸球、IgE)など

▲医師が使う一般用語:「はいきのう」「こきゅうきのう」

◎著作権 日経Gooday(グッデイ)の「病院で受ける検査事典」検索サービスは、「四訂版 病院で受ける検査がわかる本」(発行:法研)をデータベース化したものです。掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

◎日経Gooday(グッデイ)の免責事項必ずお読みください

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

  • 認知症のリスクを下げる食事のポイントは?

    近年の研究から、認知症リスクは生活習慣によって大きく変わることが分かってきた。中でも重要なのが食生活だ。米国の最新食事法をきちんと実践した人は、認知症の発症リスクが最大53%低かったという驚きの結果も出ている。では、具体的にどのような食生活にすればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、最新研究に基づいた「認知症を遠ざける食事」のポイントを紹介しよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

人生100年時代プロジェクト 日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.