日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 病院で受ける検査事典  > 画像などによるおもな生体検査:呼吸器系の検査  > 胸部単純X線撮影検査

画像などによるおもな生体検査:呼吸器系の検査

胸部単純X線撮影検査

きょうぶたんじゅんXせんさつえいけんさ

■肺がん
両方の肺野に円形の腫瘤像がうっすらと白く写っている。写真左側では矢印の上にも3つの腫瘤がみえる。
なぜX線と呼ぶ?

 ドイツの物理学者レントゲンによって発見されたため、レントゲン線といいますが、発見時、正体不明の電磁波だったためXと名づけられました。

呼吸器、胸部の異常を調べるための検査です。検査時間は2~3分で、副作用もありません。妊娠中も検査可能ですが、下腹部を保護する必要があります。

肺がん、肺結核の診断に重要な検査

 咳(せき)が出る、痰(たん)が出る、胸が痛い、息苦しいなどの症状があるときに必ず行う検査です。肺がん、肺結核、肺炎、肺気腫、気管支炎、胸膜炎、気胸(肺に穴があく病気)、胸水などが診断でき、また、心肥大も判定できます。

 肺がんの症状は、咳、痰(血痰)で始まり、進行すると胸痛なども認めるようになります。肺結核では、咳、痰、微熱が特徴です。肺炎では咳、痰、胸痛、高熱を認め、自然気胸では突然の激しい胸の痛みが出ます。

がんは不整な円形の白い影

 肺野(はいや)の異常陰影で、病気が診断できます。X線は空気を素通り(透過)してネガを感光させるため、フィルムには黒く写ります。一方、筋肉や骨、水などはX線の透過性を低下させるため、白っぽく写ります。

 肺がん、肺結核、肺炎などの異常があると、白い影として写ります。がんでは不整な円形の陰影として、肺炎では境が不明瞭な影になります。気胸では胸膜に空気がたまり、黒い像となります。

2~3分で終了、苦痛はない

 立位での正面像と側面像、ときに側臥位(そくがい)(検査台に寝て横向き)の像を撮影します。上半身裸になり、検査着に着替えます。撮影のときは、息をしっかり止めないと写真がぶれるので、注意が必要です。

 正面撮影では、胸側にフィルムを

置き、背中側からX線を照射します。大きく息を吸い、しっかり止めたところで撮影します。次に横を向き、同じように撮ります。X線の照射は0.02秒くらい、検査は着替えを含め2~3分で終了、苦痛はありません。

 側面像では、肺が心臓や横隔膜、肋骨などと重なって、正面像では判定困難な変化をみつけることもできます。なお、側臥位撮影は胸水などが疑われるときに行い、胸水のたまり具合がよく判断できます。

副作用はない

 当日の飲食は、普通にとってかまいません。副作用はなく、繰り返しの検査もできます。妊娠していても検査することはできますが、この場合は下腹部をプロテクトし、撮り過ぎないようにしなければなりません。

疑われるおもな病気の追加検査は

◆肺がん→喀痰(かくたん)細胞診、血液検査(腫瘍マーカー:シフラ、SCCなど)、胸部CT、気管支内視鏡、PET-CTなど

◆肺結核→喀痰培養、ツベルクリン反応、胸部CTなど

◆肺炎 →喀痰細菌培養、胸部CTなど

▲医師が使う一般用語:「エックスせん」「レントゲン」「エックスピー」=X-rayphotography(X線写真)の略XPから

◎著作権 日経Gooday(グッデイ)の「病院で受ける検査事典」検索サービスは、「四訂版 病院で受ける検査がわかる本」(発行:法研)をデータベース化したものです。掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

◎日経Gooday(グッデイ)の免責事項必ずお読みください

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 睡眠不足は肥満や生活習慣病のリスクを高める

    近年、睡眠不足が積み重なる「睡眠負債」の怖さが取り上げられるようになり、睡眠の大切さがクローズアップされている。実際、睡眠不足や質の低下が、疲れや集中力の低下につながることを実感したことがある人も多いだろう。しかし、問題はそれだけではない。睡眠不足や質が低下すると“太りやすくなる”。さらに、高血圧、糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病のリスクも高まることも分かっている。そこで本特集では、睡眠と生活習慣病の関係から、実践的な睡眠改善法までを一挙に紹介する。

  • 女性の「尿漏れ」「頻尿」には骨盤底筋トレーニングが効く!

    トイレに行く回数が多い、くしゃみをすると少し漏らしてしまう、突然尿意に襲われて我慢できない…。女性の尿の悩みは、「頻尿」や「尿漏れ(尿失禁)」が多いのが特徴だ。これらを改善するにはどうすればいいのだろうか?

  • 男性も無関係ではない骨粗鬆症、飲酒・喫煙・高血糖はリスク

    骨がスカスカになってもろくなり、骨折の危険性が増すのが「骨粗鬆症」だ。急速な高齢化に伴って患者数が増えており、日本骨粗鬆症学会などによると、日本における患者数は現在1300万人と推定されている。骨粗鬆症というと女性のイメージがあるが、男性の患者数は300万人と見られている。本特集では、骨粗鬆症が起きる仕組みから、気をつけたい生活習慣、そして骨を強くするための対策までを一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.