日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 病院で受ける検査事典  > 画像などによるおもな生体検査:循環器系の検査  > 心臓カテーテル検査

画像などによるおもな生体検査:循環器系の検査

心臓カテーテル検査

しんぞうカテーテルけんさ

■心臓病の診断手順
問診(主訴、現病歴、家族歴など)
身体所見(バイタルサイン、四肢血圧、脈、聴診など)
心電図、胸部X線、心臓超音波、血液生化学検査
冠動脈CT・心臓カテーテル・冠動脈造影・心筋シンチグラフィ
心臓に特殊な管(カテーテル)を挿入し、心臓の血行状態や心室・心房などの動きを調べる検査です。病変が見つかれば、その場で生検も行います。

先天性心疾患、心臓弁膜症などで行う検査

 心臓カテーテルは、心臓に特殊な細いプラスチックの管(カテーテル)を挿入し、心臓内の圧や血液の酸素濃度を測定・分析したり、造影剤を注入してX線撮影し、心臓の血行状態や形、心室・心房と弁の動きを調べたり、さらには心臓の筋肉(心筋)を採取して病理学的に検索する心筋生検などを行う検査です。

 また、冠動脈に造影剤を注入すれば、次項で解説する冠動脈造影検査(→参照)になります。

 この検査は、先天性心疾患や心臓弁膜症などの診断や重症度判定では欠かせません。

静脈あるいは動脈からカテーテルを挿入

 心臓カテーテルは、肘静脈または大腿(だいたい)静脈から挿入する〈右心カテーテル法〉と、上腕動脈あるいは大腿動脈から挿入する〈左心カテーテル〉とがあり、カテーテルを静脈あるいは動脈に直接挿入する検査です。

 左の図は、大腿動脈から挿入しているものです。

 患者には、苦痛や精神的なストレスが伴うために、心電図(参照)や胸部単純X線撮影(参照)、あるいは心臓超音波(参照)などの比較的苦痛を伴わない検査のあとに行います。

検査時間は30分~1時間

 検査は、前日に入院して行います。検査前に、血液凝固時間や出血傾向などの血液検査(参照)を行って、鼠径部からの検査では、カテーテル挿入部の体毛を切ります(除毛)。

 検査室に入り、局所麻酔をしたのち、カテーテルを挿入して検査を行います。検査時間は30分から1時間です。

 検査の流れ、止血のしかた、検査後の注意点などについては頭部血管造影(参照)とほぼ同じですので、そちらを参照してください。

 ただ、この検査では、検査中に疑わしい病変があったら、その場でカテーテルの中に細い針を通して、その病変を採取する生検が加わります。生検自体には何の苦痛もありません。

 検査データは、専門医により綿密に分析されます。心臓病と診断された場合は、その重症度あるいは予後までが、この検査で推測できることもしばしばあります。4~5日後には担当医から説明があり、今後の治療指針が話されます。

▲医師が使う一般用語:「しんカテ」=心臓カテーテル検査の略

◎著作権 日経Gooday(グッデイ)の「病院で受ける検査事典」検索サービスは、「四訂版 病院で受ける検査がわかる本」(発行:法研)をデータベース化したものです。掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

◎日経Gooday(グッデイ)の免責事項必ずお読みください

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • あなたの腎臓、大丈夫? 急増する慢性腎臓病を防ぐ

    普段あまり意識することの少ない「腎臓」。だが近年、人口の高齢化に伴い、慢性腎臓病から人工透析へと至る患者が急増している。腎臓は、ひとたびその機能が失われると、坂道を転がり落ちるように悪化していく。そうなる前に腎臓の異常を察知し、腎機能の悪化を食い止めるにはどうすればいいのか。重要ポイントをまとめた。

  • もの忘れと将来の認知症の関係は?

    「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」…。“もの忘れ”は、ミドル以上なら誰にでも経験があるもの。本特集では、もの忘れの原因は何なのか、将来の認知症につながるのかなどについて紹介する。

  • 健康寿命を左右する「全粒穀物と食物繊維」の摂取方法

    今、世界的に「全粒穀物」の健康効果が注目されている。全粒穀物の摂取が増えるほど、がん、心血管疾患、総死亡率が低くなるという研究報告も出ている。その健康効果の中核となっているのが「食物繊維」だ。食物繊維が体にいいことはよく知られているが、主に便通などに影響するものと軽視されがち。だが、食物繊維不足は生活習慣病と密接な関係がある。本特集では、主食の選択が及ぼす健康効果から、注目の大麦の健康効果、穀物以外の食物繊維のとり方までを一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.