日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 病院で受ける検査事典  > 画像などによるおもな生体検査:循環器系の検査  > 心臓超音波検査

画像などによるおもな生体検査:循環器系の検査

心臓超音波検査

しんぞうちょうおんぱけんさ

心臓疾患が疑われるときに行う検査です。超音波を通しやすくするゼリーが、ヒヤッとしますが、痛みはないので安心してください。

先天性心疾患、心臓弁膜症、急性心筋梗塞などの診断に有用

 動悸や息切れ、チアノーゼ(唇や爪、指先などが紫色になること)、胸痛などの症状があるとき、心臓の病気を疑って行う検査です。

 人の耳には聞こえない周波数の高い音を、体表から心臓に向かって発信し、はね返ってくる反射波(エコー)を画像化して、心臓の形や動きを観察します。

 心臓の形からは、先天性の心疾患(心室中隔欠損症など)や心臓弁膜症、肥大型心筋症などが、心臓の動きからは、急性心筋梗塞(こうそく)や心筋症などを診断することが可能です。

僧帽弁狭窄症では収縮・拡張時の波が台形に

 心臓超音波の画像には、BモードとMモードがあります。写真の①-1と②-1がBモードで、ある瞬間の心臓の形を示しています。右側の①-2と②-2がMモードで、心臓の収縮・拡張時の経時的な位置の動きを示しています。

 写真は、正常例と、心臓弁膜症のひとつ僧帽弁狭窄(きょうさく)症の例です。

 ②-1の写真からは、僧帽弁前尖(ぜんせん)のエコー増強、僧帽弁後退速度の減少、拡張期後尖(こうせん)の異常前方運動、左室後壁の運動低下などが認められます。

 ①-2と②-2のMモードをみると、正常では心室の拡張と心房の収縮による波がMに似た型を示すのですが、僧帽弁狭窄症では台形の波形になり、これは弁の肥厚、硬化による多重エコーを示しています。

検査時間は約30分

 検査台に、胸部の衣服を開くか、あるいは上半身裸になってあお向けに寝ます。心電図も同時にとるために電極をつけます。

 そして、プローブと呼ばれる超音波発信器に、超音波を通しやすくするためのゼリーを塗って胸部にあて(ちょっと冷やっとするが、苦痛はない)、超音波を心臓に向かって発信させ、モニターテレビで画像を観察します。全行程で30分程度です。

だれでも安心して受けられる

 検査当日の飲食は、普通にとってかまいません。胸部を出せるように、前が開けられる服装で受けてください。まったく安全で苦痛のない検査ですので、妊婦や乳幼児でも安心して受けることができます。

■正常と僧帽弁狭窄症の画像
①が正常、②が僧帽弁狭窄症の画像。正常の①-2の写真(Mモード)では心室の拡張と心房の収縮による波がM型を示しているのに対して、②-2の僧帽弁狭窄症では台形の波形となり、弁の肥厚、硬化による多重エコーが認められる。
疑われるおもな病気の追加検査は

◆心臓弁膜症→心音図、心臓カテーテルなど

◆心筋症→心臓カテーテル、心筋生検など

▲医師が使う一般用語:「しんぞうちょうおんぱ」「しんエコー」=「エコー」は「反射波」のこと

◎著作権 日経Gooday(グッデイ)の「病院で受ける検査事典」検索サービスは、「四訂版 病院で受ける検査がわかる本」(発行:法研)をデータベース化したものです。掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

◎日経Gooday(グッデイ)の免責事項必ずお読みください

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

  • 認知症のリスクを下げる食事のポイントは?

    近年の研究から、認知症リスクは生活習慣によって大きく変わることが分かってきた。中でも重要なのが食生活だ。米国の最新食事法をきちんと実践した人は、認知症の発症リスクが最大53%低かったという驚きの結果も出ている。では、具体的にどのような食生活にすればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、最新研究に基づいた「認知症を遠ざける食事」のポイントを紹介しよう。

  • 宴会で「尿酸値・血糖値・中性脂肪」を上げない賢い飲み方

    年末年始や年度の変わり目など、宴会が増える季節に、楽しくお酒を飲みながらふと頭をよぎるのが、「体重の増加」と「気になる検査値への影響」ではないだろうか。暴飲暴食が続くとさまざまな検査値に影響が及ぶ。今回は、働き盛りの世代に身近な「尿酸値」「血糖値」「中性脂肪」を上げないための、宴会での上手な飲み方・食べ方のコツをまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

人生100年時代プロジェクト

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.