日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 病院で受ける検査事典  > 画像などによるおもな生体検査:循環器系の検査  > 血圧測定検査

画像などによるおもな生体検査:循環器系の検査

血圧測定検査

けつあつそくていけんさ

■血圧値の分類(日本高血圧学会)
《分 類》
至適血圧
〔最高(収縮期)血圧〕120未満 かつ〔最低(拡張期)血圧〕80未満
正常血圧
〔最高(収縮期)血圧〕130未満 かつ〔最低(拡張期)血圧〕85未満
正常高値血圧
〔最高(収縮期)血圧〕130~139 または〔最低(拡張期)血圧〕85~89
Ⅰ度高血圧
〔最高(収縮期)血圧〕140~159 または〔最低(拡張期)血圧〕90~99
Ⅱ度高血圧
〔最高(収縮期)血圧〕160~179 または〔最低(拡張期)血圧〕100~109
Ⅲ度高血圧
〔最高(収縮期)血圧〕180以上 または〔最低(拡張期)血圧〕110以上
(孤立性)収縮期高血圧
〔最高(収縮期)血圧〕140以上 かつ〔最低(拡張期)血圧〕90未満
 カフを握ってマンシェットに空気を送り加圧していくと、水銀柱の水銀が上がり出し、聴診器を通してドキドキと血管の拍動する音がきこえ出す。音がきこえなくなるまで加圧し、次にカフをゆるめて減圧すると水銀が下がり出し、再び拍動する音がきこえてくる。このきこえ出したところの水銀の目盛を読む。これが最高血圧。さらに減圧していくと再び拍動音がきこえなくなり、その目盛を読む。これが最低血圧。
普段の健康状態を知るうえでも重要な検査です。緊張や興奮、運動などで変動するため、検査の15分ほど前から安静にします。

高血圧、低血圧を診断する検査

 血圧とは、心臓のポンプ作用により全身に血液を送り出すときの圧力のことで、心臓が収縮したとき最高血圧(収縮期血圧)に、心臓が拡張したとき最低血圧(拡張期血圧)になります。

 血圧は、①心臓のポンプ作用の変化、②末梢血管の抵抗性の度合い、③全身の血液量、④血液の粘り度、⑤血管壁の弾力度、などによって変動し、これらのどれかがおかしくなると高血圧、低血圧になります。

生活習慣病の危険因子、高血圧

 高血圧と動脈硬化には、深い相関関係があります。動脈硬化がおこって血管の壁が硬く狭くなると、血管は拡張しにくくなるため、最低血圧が上昇します。すると、脈圧(最高血圧-(マイナス)最低血圧)をある程度に保つために、最高血圧を高くしなければならなくなり、高血圧になります。

 一方、高血圧の状態が続くと動脈に負担がかかり、血管に障害が生じて動脈硬化を引きおこします。

 高血圧が続くと、血管によって養われている全身の器官、とくに脳や心臓、腎(じん)臓に障害が生じてきます。例えば、脳の血管が高血圧に耐えきれずに破綻(はたん)すると、脳出血がおこります。高血圧は生活習慣病の発症と密接な関係があります。血圧は、ふだんの健康状態を知るうえでも重要な検査であり、自分の血圧を知っておく必要があります。

検査前は15分ほど安静に

 血圧は、精神状態(緊張、興奮、ストレス)や運動などで大きく変動するため、検査の15分くらい前から安静にしてください。

 病院では、水銀柱血圧計で測定しています。椅子に姿勢を正して座り、腕(左右どちらでもよい)にマンシェット(加圧用の帯)を、ほぼ心臓の高さの位置で巻き、肘関節の動脈の拍動の位置に聴診器をあてて測定します。

 なお、腕の左右の血圧差は一般に10mmHg以内で、これが20mmHgあると異常です。上の表に示したような病気が疑われるときは、両腕を測定します。

最も多い本態性高血圧

 血圧が高値のときは再検査し、何が高値の原因かを調べます。高血圧の多くは、高血圧そのものしかない本態性(ほかの病気に伴う血圧の上昇ではない)高血圧で、この場合は高血圧の程度により、生活指導や薬物療法が行われます。

 一方、低血圧ですが、これも本態性のものが最も多く、この場合は体質的なもので心配はいりません。

■血圧に左右差を認める病気
①動脈硬化による片側の血管の狭窄
②解離性大動脈瘤
③大動脈炎症候群
④大動脈縮窄(しゅくさく)症(腕の血圧>脚の血圧)
⑤胸郭出口症候群
疑われるおもな病気の追加検査は

◆高血圧→胸部単純X線撮影、心電図、尿検査、血液検査、眼底検査など

◆低血圧→胸部単純X線撮影、心電図、尿検査、血液検査など

▲医師が使う一般用語:「ドゥルック」=ドイツ語のDruck(圧)から

◎著作権 日経Gooday(グッデイ)の「病院で受ける検査事典」検索サービスは、「四訂版 病院で受ける検査がわかる本」(発行:法研)をデータベース化したものです。掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

◎日経Gooday(グッデイ)の免責事項必ずお読みください

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 筋肉を衰えさせない「たんぱく質」の正しい摂取法

    最近、筋肉の大切さが指摘される中で、「たんぱく質をしっかりとるべき」という意識が定着しつつある。だが、たんぱく質は、誤解されていること、そして知っているようで知らないことが多くある。いくらとってもいいのか、肉と大豆ではどっちがいいのかなど、即答できない人も多いだろう。本特集では、たんぱく質の基礎から、正しい摂取法、そして身近な食品に含まれるたんぱく質の量までを一挙に紹介する。

  • あなたの腎臓、大丈夫? 急増する慢性腎臓病を防ぐ

    普段あまり意識することの少ない「腎臓」。だが近年、人口の高齢化に伴い、慢性腎臓病から人工透析へと至る患者が急増している。腎臓は、ひとたびその機能が失われると、坂道を転がり落ちるように悪化していく。そうなる前に腎臓の異常を察知し、腎機能の悪化を食い止めるにはどうすればいいのか。重要ポイントをまとめた。

  • もの忘れと将来の認知症の関係は?

    「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」…。“もの忘れ”は、ミドル以上なら誰にでも経験があるもの。本特集では、もの忘れの原因は何なのか、将来の認知症につながるのかなどについて紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.