日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 病院で受ける検査事典  > 画像などによるおもな生体検査:脳神経系の検査  > 腰椎穿刺検査(脳脊髄液検査)

画像などによるおもな生体検査:脳神経系の検査

腰椎穿刺検査(脳脊髄液検査)

ようついせんしけんさ(のうせきずいえきけんさ)

脳や髄膜の変化が疑われる場合に行う検査です。局所麻酔を行うので、検査中の痛みはありません。検査後、枕を使わずに1~2時間、上向きで安静にします。

髄膜炎やクモ膜下出血などの診断に行う検査

 脊髄(せきずい)は、脳幹から腰へと伸びているひも状の組織で、脳と脊髄は頭蓋骨や脊柱という骨によって守られています。この組織と骨の間に流れている透明な液体を、脳脊髄液あるいは髄液といいます。

 腰椎穿刺(せんし)は、この髄液を腰部の脊髄腔(くう)に針を刺して調べる検査で、激しい頭痛や嘔吐(おうと)、発熱などの症状があって脳や髄膜の変化が疑われたとき、すなわち髄膜炎や脳腫瘍、クモ膜下出血などの診断をするときに行います。

 また、虫垂炎の手術のときに行う腰椎麻酔も腰椎穿刺で行います。

髄膜炎では髄液の圧が上昇

 細菌やウイルスが髄膜に感染して髄膜炎をおこすと、正常圧70~180mmH2Oの髄液圧が200mmH2O以上に上昇します。

 髄液中の細胞数も増加し、原因が細菌では多核球、ウイルスではリンパ球が増えています。

 髄液中の糖の値も重要で、細菌性では細菌による糖の分解で、糖の数値が減少します。ウイルス性では減少していません。

両手で両膝を抱えて検査

 左側臥位(そくがい)になり、両膝頭を腹部につくように曲げ、両手でその両膝を抱えます。頭は前胸部に寄せ、腰を後ろに突き出してエビのような格好になります。この姿勢は、針を刺す椎間腔(ついかんくう)が広くなり、いちばん穿刺しやすい格好になるので重要です。第3、第4腰椎間を穿刺します。

 姿勢ができたら、穿刺する部位を消毒し、局所麻酔薬を注射します。チクッとした痛みはありますが、すぐに麻酔が効き、局所の痛みは感じなくなります。穿刺針が入ってくるとき、痛みはありませんが、圧迫される感じはあります。穿刺針が神経に触ると足がビリッとします。

 脊髄腔に針先が入ったら髄液の圧力を計り、細胞数や蛋白、糖を測定するため、5~6mlの髄液をとります。圧を測定したり髄液を採取するとき、痛みはありません。検査は5~6分で終了します。検査後、枕をしないで1~2時間、上向きで安静にしています。

症状があったら医師に伝える

 検査当日の飲食は普通にとってかまいません。検査後、頭痛や頸(けい)部痛、背部痛、腰痛、複視などの症状が出る場合があります。一般に数日以内に回復しますが、なんらかの症状がみられたら医師に伝えてください。

 髄膜炎では、治療中(2~3週後)に治ったことの確認のため、腰椎穿刺の再検査を行います。検査は、繰り返し行っても危険はありません。

■髄液の検査結果
《正 常》
 [液 圧]70~180mmH2O
 [外 観]水様透明
 [細胞数]0~5/mm3(おもにリンパ球)
 [ 糖 ]50~75mg/dl
 [蛋 白]10~40mg/dl
《細菌性髄膜炎》
 [液 圧]上昇
 [外 観]水様透明~混濁
 [細胞数]高度上昇(おもに多核球)
 [ 糖 ]減少
 [蛋 白]上昇
《ウイルス性髄膜炎》
 [液 圧]上昇
 [外 観]水様透明
 [細胞数]上昇(おもにリンパ球)
 [ 糖 ]不変
 [蛋 白]軽度上昇
《クモ膜下出血》
 [液 圧]高度上昇
 [外 観]血性~黄
 [細胞数]軽度上昇(おもにリンパ球)
 [ 糖 ]減少
 [蛋 白]高度上昇
疑われるおもな病気の追加検査は

◆髄膜炎→頭部CT、MRなど

◆脳腫瘍→頭部CT、MR、PET-CT、頭部血管造影、眼底検査など

◆クモ膜下出血→頭部CT、MRなど

▲医師が使う一般用語:「ルンバール」=lumbar puncture(腰椎穿刺)のlumbarから

◎著作権 日経Gooday(グッデイ)の「病院で受ける検査事典」検索サービスは、「四訂版 病院で受ける検査がわかる本」(発行:法研)をデータベース化したものです。掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

◎日経Gooday(グッデイ)の免責事項必ずお読みください

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 始めよう筋トレ 最低限やりたいエクササイズと食生活のポイント

    筋トレはできるだけ若いうちに始めることに大きなメリットがあるといわれる。それはなぜなのか。また、どんな筋肉をどのように鍛えるのが効果的なのか。高齢になってもしっかりした足腰でいるために今のうちから最低限やっておきたい筋肉エクササイズ、食生活の注意点などを知り、今年こそ「筋トレ習慣」を身に付けよう。

  • 第3波を乗り切るためのコロナ対策

    新型コロナウイルスの新規感染者が再び急増し、日本は今、流行の第3波を迎えている。今後さらに気温と湿度が下がると、ウイルスの生存により適した条件が整うようになる。これ以上の流行拡大を防ぐためには、1人1人が感染予防策を改めて見直し、感染リスクの高い行動を避けて生活することが不可欠だ。第3波を乗り切るためのコロナ対策を、もう一度まとめた。

  • 寝たきり予備軍「フレイル」を防ぐためにできること

    老化を防ぎ、健康寿命を延ばすためには、加齢により心身が衰えた状態である「フレイル」の予防が必要になる。フレイルは、健康な状態と要介護状態の中間に当たるが、これを避けるために特に重要なのが「筋肉量の維持」だ。筋肉量が減少すると、足腰が弱くなって寝たきりにつながるだけでなく、認知症や心疾患のリスクが上がることも分かってきた。筋肉量を維持し、フレイルを防ぐために何をすればよいだろうか。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設 日経Gooday初割キャンペーン

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.