日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 病院で受ける検査事典  > 画像などによるおもな生体検査:脳神経系の検査  > 脳シンチグラフィ検査

画像などによるおもな生体検査:脳神経系の検査

脳シンチグラフィ検査

のうシンチグラフィけんさ

体内に放射性同位元素を投与し、その脳内動態や分布を検出して、病気の所在や性質を検査する方法です。

脳梗塞、脳出血の診断に有用な検査

 放射性同位元素標識薬剤(ラジオアイソトープ)を体内に注入して、脳の変化を計測して診断する検査方法で、脳核医学検査ともいわれています。これには、脳血流シンチグラフィと脳腫瘍シンチグラフィとがあります。

 脳血流シンチグラフィには、使用するアイソトープの違いと、解析する機械の違いで、PET(ポジトロン放出断層撮影法)とSPECT(単光子放出コンピュータ断層撮影法)に分けられますが、日常ではSPECTが一般に行われています。

 SPECTは、脳の血液の流れを画像処理して、脳梗塞や脳出血、クモ膜下出血などの診断のために行われている検査です。以下、SPECTについてみていきます。

脳梗塞では血流が低下

 血管内に投与されたγ(ガンマ)線で標識されたアイソトープが脳に集積すると、γ線を発します。これを特殊な検出器(シンチカメラ)で検出して(撮像という)、核医学情報処理装置で画像処理解析して判定します。脳梗塞をおこして血流が低下すると、その部分のアイソトープのとりこみが低下し、血流遮断の像として写ります。

 SPECTは、頭部CT(参照)やMR(参照)よりも、早期の脳梗塞を診断することができます。

認知症の診断にも行う

 また、アルツハイマー型認知症に対しては、頭部CTやMRなどの形態学的検査のみでは診断が困難ですが、SPECTによる脳血流検査では、早期の認知症の診断に有用となります。

検査中は動かないように

 検査は、シールドされた核医学検査室で行います。検査台にあお向けになります。目隠しをし、頭を固定することもあります。検査中、目を開いたり動いたりすると結果の判定に影響してしまうので、なるべく動かないように静かにしています。

 シンチカメラが頭の約1㎝の距離まで近寄ってきます。アイソトープを静脈注射し、1分間カメラで撮像します。次に、カメラを回転させながら約10分間撮像し、終了です。機械の動く音が聞こえますが、心配ありません。体動の多い場合や子供は、催眠剤で眠らせて検査を行います。

心配ないアイソトープ

 検査当日の飲食は普通にとってかまいません。術着に着替える必要はありませんが、上半身、頭、顔の金属(ネックレスやイヤリング、ヘヤピン、胸ポケットの金属など)は画像処理に影響するので外します。

 検査後の注意もありません。体内に入ったアイソトープは微量であり、速やかに尿中に排泄されるので、体内に貯留する心配はありません。

■脳梗塞
SPECTの横断層像。左側頭葉に血流の欠損がみられる。
疑われるおもな病気の追加検査は

◆脳梗塞→頭部CT、MR、頭部血管造影など

◆脳出血→頭部CT、MR、頭部血管造影など

◆クモ膜下出血→腰椎穿刺、頭部CT、MR、頭部血管造影など

◆認知症→頭部CT、MR、脳波検査など

▲医師が使う一般用語:「スぺクト」または「脳スぺクト」=single photon emission computed tomography(単光子放出コンピュータ断層撮影法)の略SPECTから

◎著作権 日経Gooday(グッデイ)の「病院で受ける検査事典」検索サービスは、「四訂版 病院で受ける検査がわかる本」(発行:法研)をデータベース化したものです。掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

◎日経Gooday(グッデイ)の免責事項必ずお読みください

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • もの忘れと将来の認知症の関係は?

    「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」…。“もの忘れ”は、ミドル以上なら誰にでも経験があるもの。本特集では、もの忘れの原因は何なのか、将来の認知症につながるのかなどについて紹介する。

  • 健康寿命を左右する「全粒穀物と食物繊維」の摂取方法

    今、世界的に「全粒穀物」の健康効果が注目されている。全粒穀物の摂取が増えるほど、がん、心血管疾患、総死亡率が低くなるという研究報告も出ている。その健康効果の中核となっているのが「食物繊維」だ。食物繊維が体にいいことはよく知られているが、主に便通などに影響するものと軽視されがち。だが、食物繊維不足は生活習慣病と密接な関係がある。本特集では、主食の選択が及ぼす健康効果から、注目の大麦の健康効果、穀物以外の食物繊維のとり方までを一挙に紹介する。

  • 「胃がん」撃退のため知っておきたい最新情報

    これまで多くの人の命を奪い、「死の病」であった胃がんが、「ピロリ菌」除菌の登場によって未然に防ぐことができる病気になってきた。また、万が一胃がんになってしまった場合も、胃カメラによる検診を定期的に受けていれば、超早期の段階で見つけて治療し、胃の機能をほとんど損ねることなく日常生活に戻ることができる。本特集では、近年死亡率が大きく減少している胃がんの最新事情をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.