日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 病院で受ける検査事典  > 画像などによるおもな生体検査:脳神経系の検査  > 頭部血管造影検査

画像などによるおもな生体検査:脳神経系の検査

頭部血管造影検査

とうぶけっかんぞうえいけんさ

脳内の動・静脈や毛細血管の異常を調べる検査です。頸動脈に細い針を刺すので検査後は出血に注意し、6時間は病室のベッドで安静にします。

脳動脈瘤の診断、出血部位の判定に有用な検査

 頭部血管造影検査は、頭部の血管にX線を透さない造影剤(ヨード系薬剤など)を注入してX線撮影し、動脈、静脈、毛細血管の異常を観察する検査です。

 動脈にコブができている動脈瘤(りゅう)や、先天的に動・静脈間が毛細血管を経ないで直接つながっている脳動静脈奇形の診断に重要な検査です。

 これらはいずれも、クモ膜下出血の原因になります。クモ膜下出血や脳出血による出血部位の判定、また脳腫瘍の存在なども診断します。

 なお血管の検査は、最近ではこの検査よりも、頭部CT(参照)やMR(参照)が主体で行われています。

障害部は白く写る

 写真A、Bともに右の頸(けい)動脈を造影したものです。Aでは、中大脳動脈の分岐部の直前に脳動脈瘤が白く写っています。Bでは、頭頂部に動静脈奇形が認められます。

検査時間は30~40分

 頸動脈に細い針を刺して(穿刺(せんし)して)直接造影剤を注入する〈直接穿刺法〉と、鼠径(そけい)部(股のつけ根)の大腿(だいたい)動脈からカテーテルを入れて検査する〈セルジンガー・カテーテル法〉の2つがあります。後者の方法を説明します。

 入院して検査します。検査前に鼠径部の毛を切り(除毛)、尿道カテーテルを留置し、また筋肉注射(鎮静剤)と点滴をします。検査台にあお向けになり、右側の鼠径部に局所麻酔の注射をします。麻酔が効いたら大腿動脈に針を刺し、カテーテル(細いプラスチックの管)を挿入して、頭部の頸動脈や椎骨(ついこつ)動脈まで進め、造影剤を注入しながらX線撮影します。

 検査時間は30~40分です。終了したら事前に用意しておいた前あきの浴衣(ゆかた)とT字帯を着せてもらい、そのまま約15分間、鼠径部を圧迫し、止血します。止血を確認後、絆創膏(ばんそうこう)で固定してさらに砂嚢(さのう)をのせて6時間は圧迫して、病室のベッド上で安静にします。止血を完全に確認後、歩行が許可されます。

出血に注意し、安静を守る

 検査のため、前あきの浴衣とT字帯を用意します。前日の夕食は普通ですが、当日の朝は絶食です。造影剤注入時に灼熱(しゃくねつ)感がありますが、痛みはありません。検査後、鼠径部からの出血に注意し、安静を守ります。

 ヨード剤にアレルギーのある人や妊娠中あるいはその可能性のある人は検査できません。医師にその旨を告げてください。喘息(ぜんそく)やそばアレルギーのある人、腎(じん)機能の悪い人は、〈造影撮影〉には注意が必要です。事前に申し出てください(参照)。

■脳動脈瘤
中大脳動脈の分岐部の直前に脳動脈瘤が白く写っている(マルで囲んだ部分)。
■脳動静脈奇形
頭頂部に脳動静脈奇形が認められる。

▲医師が使う一般用語:「のうアンギオ」=脳のangiography(血管造影) の略

◎著作権 日経Gooday(グッデイ)の「病院で受ける検査事典」検索サービスは、「四訂版 病院で受ける検査がわかる本」(発行:法研)をデータベース化したものです。掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

◎日経Gooday(グッデイ)の免責事項必ずお読みください

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

  • 痛風だけじゃない!「高すぎる尿酸値」のリスク

    尿酸値と関係する病気といえば「痛風」を思い浮かべる人が多いだろう。だが、近年の研究から、尿酸値の高い状態が続くことは、痛風だけでなく、様々な疾患の原因となることが明らかになってきた。尿酸値が高くても何の自覚症状もないため放置している人が多いが、放置は厳禁だ。本記事では、最新研究から見えてきた「高尿酸血症を放置するリスク」と、すぐに実践したい尿酸対策をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.