日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > ヘルプ  > サービスについて
印刷

ヘルプ

サービスについて

日経Gooday(無料)
―日経Goodayに登録された会員の方すべてがご利用いただけます

主なサービス内容

  • 日経Gooday会員限定の記事の閲覧
  • メールマガジン「日経Goodayメール」の配信(原則、毎週火曜日/金曜日にお届けします)*1

*1 メールマガジンの配信を停止するには、日経Goodayを解約する必要があります。このほかにお知らせメールを配信することがあります。

日経Goodayマイドクター(有料)
―日経Goodayマイドクターに登録された方のみご利用いただけます

主なサービス内容

上記サービスのほか

  • 日経Goodayマイドクター会員限定の記事の閲覧
  • 電話相談24(【1】健康相談、【2】全国の医療機関案内、【3】メンタルヘルス相談)【1】【2】の対応は24時間365日。海外からもOK。 【3】の対応は月~土曜日午前10時~午後10時。日曜・祝日・年末年始は休み
  • ベストドクターズ(R)・サービス(名医紹介サービス 午前10時~午後9時、ただし日曜・祝日および年末年始を除く)※マイドクター会員になってから、連続して180日以上経過した方専用のサービスです。

料金

  • 通常利用料金は月額780円(税込み)
  • 読者割引料金は月額550円(税込み)*2

*2 日経電子版有料会員または日経ID決済で日本経済新聞(宅配)をご購読中の方には、読者割引料金が適用されます。読者割引料金の適用は、毎月1日午前0時時点のご購読状況にもとづきます。1日午前0時時点でご購読が確認できない場合は、通常利用料金が適用されます。

日経Goodayマイドクターのお申し込みはこちら

申込月無料
日経Goodayマイドクターをお申し込みの方は、原則として初回登録の方に限り、登録月の利用料金が無料になります。*3

*3 登録月に解約した場合には、登録月の通常利用料金780円(税込み)を課金します。ただし、登録月の翌月1日午前0時時点で日経電子版有料会員または日経ID決済で日本経済新聞(宅配)をご購読中の方に限り550円(税込み)を課金します。

ご利用にあたってのご注意

サービス全般について

  • 日経Goodayまたは日経Goodayマイドクターへの登録には、日経IDの取得(無料)が必要です。
  • 日経Goodayまたは日経Goodayマイドクターの解約手続きが行われないかぎり、それぞれの契約は自動更新されます。
  • 毎月1日0時~6時と毎月13日23時55分から14日0時5分(いずれも日本時間)は、システムメンテナンスのため日経Goodayおよび日経Goodayマイドクターの登録や変更、解約のお手続きができません。ご注意ください。

日経Goodayマイドクター全般について

  • 「電話相談24」は、健康に関して日経Goodayマイドクター会員(相談者)が知りたいことを医師や看護師などの専門家に相談し、参考情報として回答を得られるサービスです。医療・診療行為やそれに準ずる行為を目的にしたものではありません。相談者の体調や状況によっては、回答が必ずしも適切でない場合があります。相談者が必要とお考えの際は、回答の内容にかかわらず医療機関を受診してください。相談者はこうした注意点を十分に認識いただいた上で、ご自身の責任においてご利用ください。
  • 「ベストドクターズ(R)・サービス」は日経Goodayマイドクター会員になり連続して180日以上経過した会員(無料期間を除く)に対し信頼できる名医・専門医を紹介し、安心して治療を受けられるようサポートするサービスです。本サービスは無料でご利用いただけますが、治療費・セカンドオピニオンの取得に関わる費用等は、すべてマイドクター会員様ご本人の負担となります。また、ご利用に関して生じた損害について当社およびサービスの提供元であるベストドクターズ社は責任を負いません。
  • 日経Goodayマイドクターは日本国内居住者向けサービスです。
  • 日経Goodayマイドクターのお支払いはクレジットカードによる月払いです。お申し込みの際には、クレジットカード情報の登録が必要です。
  • 日経Goodayマイドクターの料金はご請求月の税率で請求させていただきます。

電話相談24について

  • 回線混雑などにより電話がつながらない場合があります。恐れ入りますが、その場合はしばらくたってから再度おかけ直しください。
  • 通話は、電話相談の品質向上と相談内容確認のため、録音させていただいております。あらかじめご了承ください。
  • ご契約期間中の相談回数、通話時間の制限は設けておりませんが、いずれも常識的な範囲にとどめていただくようお願いいたします。
  • 健康相談の範囲を超える質問など、内容によっては回答できない場合があります。
  • 相談内容はご自身やご家族の健康に関するものに限ります。

ベストドクターズ(R)・サービスについて

  • ご利用の前にサービス紹介ページでご案内している「ベストドクターズ(R)・サービス(ファインド・ベスト・ドック)」利用規約を必ずご確認ください。
  • 回線混雑などにより電話がつながらない場合があります。その場合はしばらくたってから再度おかけ直しください。
  • 通話は、品質向上と相談内容確認のため、録音させていただいております。あらかじめご了承ください。
  • 相談内容はご日経Goodayマイドクター会員(有料)ご本人に関するものに限ります。匿名でのご利用は受付できかねます。
  • 「ベストドクターズ(R)・サービス」は以下の疾病に罹患したと診断確定されたときにご利用いただけます。
    (1)すべてのがん
    (2)心臓疾患※
    (3)脳(神経)疾患※
    (4)眼科疾患の一部※
    (5)整形外科疾患の一部※
    (6)婦人か疾患の一部
    (7)肝臓病の一部※
    (8)膠原病
    (9)難病の一部
    ※のある疾病は、原則、手術を必要とするものが対象です。対象となる疾病は、予告なく変更される場合があります。
  • ご利用いただく場合は、対象疾患と診断されていることが必要です(「疑い」の状態ではご利用できません)。
  • 日本国内居住者向けのサービスになります。また、地域やご相談内容により、ご要望に沿えない場合があります。
  • 緊急手術が必要な場合、また救急対応ではご利用できません。
  • 紹介サービスは無料でご利用いただけますが、治療費・セカンドオピニオンの取得に関わる費用等は、すべてご利用者負担となります。
  • 入院・転院を目的としたサービスではありません。

RELATED ARTICLES関連する記事

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 筋肉を衰えさせない「たんぱく質」の正しい摂取法

    最近、筋肉の大切さが指摘される中で、「たんぱく質をしっかりとるべき」という意識が定着しつつある。だが、たんぱく質は、誤解されていること、そして知っているようで知らないことが多くある。いくらとってもいいのか、肉と大豆ではどっちがいいのかなど、即答できない人も多いだろう。本特集では、たんぱく質の基礎から、正しい摂取法、そして身近な食品に含まれるたんぱく質の量までを一挙に紹介する。

  • あなたの腎臓、大丈夫? 急増する慢性腎臓病を防ぐ

    普段あまり意識することの少ない「腎臓」。だが近年、人口の高齢化に伴い、慢性腎臓病から人工透析へと至る患者が急増している。腎臓は、ひとたびその機能が失われると、坂道を転がり落ちるように悪化していく。そうなる前に腎臓の異常を察知し、腎機能の悪化を食い止めるにはどうすればいいのか。重要ポイントをまとめた。

  • もの忘れと将来の認知症の関係は?

    「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」…。“もの忘れ”は、ミドル以上なら誰にでも経験があるもの。本特集では、もの忘れの原因は何なのか、将来の認知症につながるのかなどについて紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.