日経 Gooday

ホーム  > お知らせ  > 1月は「その症状って、本当に認知症?」、「最先端治療 胆道がん・膵臓がん」

お知らせ

1月は「その症状って、本当に認知症?」、「最先端治療 胆道がん・膵臓がん」

<会員限定!>健康・医療の解説書を公開!

 日経Gooday編集部

 ビジュアル満載の初心者向け健康・医療解説書が読み放題のサービスを、会員限定・期間限定でご提供いたします。私たちが気になる病気や痛みについて、その症状や対策を図やマンガなどを使って分かりやすく解説していきます。「日経Goodayマイドクター会員(有料)」の方は、書籍を全ページ、追加料金なしでお読みいただけます。

 2020年1月にお読みいただけるのは、その症状って、本当に認知症?(法研)、最先端治療 胆道がん・膵臓がん(法研)です。1月1日から31日まで、パソコン、スマホのWebブラウザーでお読みいただけます。日々の健康管理にお役立てください。


その症状って、本当に認知症?】<公開しました!>

 認知症は患者数が多いので、身近な高齢者にもの忘れが増えたり、以前と比べて変わった様子を見ると「認知症かな?」と考えがちです。しかし、認知症のように見えて認知症ではない、治療可能な病気は多くあります。

 本書は認知症と間違えやすい病気、高齢者の認知機能を低下させる要因を解説し、認知機能を回復する可能性があれば適切な対処を行い、患者さんもご家族もいきいきと暮らすための対処法や工夫を紹介します。




最先端治療 胆道がん・膵臓がん】<公開しました!>

 胆道がん・膵臓がんは、治りにくいがんとして知られています。体の深くに位置していることからくる早期発見の難しさや、手術の難易度が高いことなどが要因となっています。

 本書では、最新の診療の動向とともに、分子標的薬やゲノム医療の今後の方向性などについても取り上げています。国立がん研究センター中央病院における胆道がん、膵臓がんの最先端治療がわかる1冊です。安心して治療に臨むためにお役立てください。



*本サービスは、法研の協力を得て、期間限定でウルトラ図解シリーズなどの書籍を、日経Goodayマイドクター会員限定で、ウェブ上で閲覧いただけるものです。内容は法研によるもので、掲載情報の著作権は提供元企業に帰属します。
*本サービスのデータは、パソコンやスマホにはダウンロードできません。
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート
人生100年時代プロジェクト

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.