日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > こころの相談室  > 出社する? しない? リモートワークで社員が次々メンタル不調に
印刷

こころの相談室

出社する? しない? リモートワークで社員が次々メンタル不調に

第1回 出社にもメリットはある。産業医の回答は…?

 奥田弘美

働く人のストレス状況はますます深刻になっています。コロナ禍で働き方が多様になったものの、社員が孤立化し、一人で多くの仕事を抱えてメンタル不調に陥ることも。どのように対策すればいいでしょうか? 働く人のメンタルヘルスに関連した「お悩み」について産業医が回答する本連載。今回は精神科医・産業医の奥田弘美先生が、「リモートワークが原因で3人の若手社員が次々メンタル不調になった」というケースを取り上げます。

リモートワークが原因でメンタル不調になる人が続出している(写真はイメージ=PIXTA)
リモートワークが原因でメンタル不調になる人が続出している(写真はイメージ=PIXTA)

今回の「お悩み」
リモートワークで若手3人が次々メンタル不調に

 大手メディア企業の関連会社で労務管理を担当しています。社員は50人未満。産業医はいません。

 コロナ禍では、親会社の方針に沿って感染対策を実施し、リモートワークをメインにして業務を行ってきました。

 ところがこの1年ほどで、立て続けに3人の若手社員がメンタル不調になって休職しました。直属の上司たちからの報告によると、その理由が「リモートワークが原因だ」というのです。

 一部の社員からは、「そろそろ出社に戻していったほうが良いのでは?」という声も出ています。

 社員に良かれと思って、リモートワーク中心にしてきたのに、出社率をもっと高めたほうがいいのでしょうか? リモートワークを喜ぶ社員もいるため、どうしたらいいのか迷っています。

※取材などを基に得た情報から創作した「お悩み」です。また、このコーナーでは「お悩み」を募集しております。詳しくはこちら

なぜリモートだとコミュニケーションが希薄化するのか

 コロナ禍においては感染対策が最優先され、リモートワークが全面的に推奨されていました。そのため、リモートワークのメリットばかりが強調され、負の側面についてはあえて議論が避けられていたように思います。

 しかし、嘱託の産業医としてさまざまな会社で社員と面談していると、確かに「リモートワークが原因でメンタル不調になる社員」がまれではないことを実感しています。

 そこで、筆者が遭遇したケースを交えながら、リモートワークのデメリットについて挙げてみたいと思います。

デメリットその1:コミュニケーションが希薄化し、信頼関係が深まらない

 リモートワークにおけるウェブ会議でのコミュニケーションは、パソコン上に映った上半身だけとの会話となり、相手の醸(かも)し出す雰囲気を感じ取ることが難しくなります。

 さらに、多人数のウェブ会議ともなると、発言している人だけがクローズアップされるため、その他大勢の態度や顔色をキャッチすることができません。

 つまり対面でのコミュニケーションに比べると、リモートでの会話は、相手から得られる情報量が圧倒的に少なくなってしまうのです。

1/3 page

最後へ

次へ

ストレス
キーワード一覧へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 効率的に「お腹を凹ませる」トレーニング

    中年にもなると、お腹がぽっこり出てくるのが気になる人も多い。特に薄着の季節になると、お腹が出ているのが気になり、何とか短期間で凹ませたいと思う人は多いだろう。しかし、スポーツジムでしっかり運動するのはつらいし、運動する時間を確保するのも大変だ。そこで、今回のテーマ別特集では、効率よくお腹を凹ませるために知っておきたい「内臓脂肪」の落とし方と、トレーニングのコツ、そしてお腹を凹ませる「ドローイン」のやり方について解説しよう。

  • 脳を衰えさせる悪い習慣、活性化する良い習慣

    「もの忘れがひどくなった」「単語がスッと出てこない」「集中力が落ちてきた」……。加齢とともに脳の衰えを実感する人は多いだろう。「このままだと、早く認知症になるのでは?」という心配が頭をよぎることもあるだろうが、脳の機能は加齢とともにただ落ちていく一方なのだろうか。どうすれば年齢を重ねても健康な脳を維持できるのか。脳に関する興味深い事実や、健康な脳を維持するための生活習慣について、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

  • 疲労解消は「脳の疲れ」をとることから

    しつこい「疲労」の正体は、実は脳の自律神経の機能の低下であることが近年の疲労医学の研究で明らかになってきた。本記事では、放置すると老化にもつながる「疲労」の怖さとその解消法を、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.