日経Gooday TOP  > 医療・予防  > 尿のトラブルSOS  > 女性の「頻尿」「尿漏れ」 薬や手術、レーザー治療などの選択肢も  > 2ページ目

尿のトラブルSOS

女性の「頻尿」「尿漏れ」 薬や手術、レーザー治療などの選択肢も

第9回 セルフケアで改善しない場合は、泌尿器科に相談しよう

 関口由紀

腹圧性尿失禁:重症の場合には手術を検討

 腹圧性尿失禁では、骨盤底筋群を鍛えるトレーニングを実施しても改善が思わしくない場合は、内服薬による薬物療法を行います。ただ、現在、公的医療保険(健康保険)が適用される薬物療法の選択肢は、「β2刺激薬」(クレンブテロールなど)しかありません。β2刺激薬は、気管支を拡張させる作用があり、ぜんそくによる激しい咳や息苦しさを改善する薬ですが、尿道括約筋を収縮させて尿道を締める作用が副次的にあります。


続きは「日経Goodayマイドクター会員(有料)」の方のみ、
ご利用いただけます。

残り3533文字 / 全文4325文字

この記事の概要

頻尿
キーワード一覧へ
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.