日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > 一介の外科医、日々是絶筆  > 新型コロナ第4波の「地獄」を見た医師、「本当に怖いのは人間」  > 3ページ目
印刷

一介の外科医、日々是絶筆

新型コロナ第4波の「地獄」を見た医師、「本当に怖いのは人間」

 中山 祐次郎

気管挿管の例(写真はイメージ:123RF)
気管挿管の例(写真はイメージ:123RF)

中山:「軽症中等症病床で気管挿管しても、重症病床が引き受けてくれない」とのこと。想像しただけで恐ろしいストレスですね。これはつまり、一般病棟で人工呼吸器の管理に慣れていない医師・看護師で管理をしたということでしょうか? 

倉原:そうです。特に看護師の配置が問題になりました。集中治療では「2対1看護(患者2人に対して看護師が1人)」が標準ですが、そんなスタッフ数を想定していません。怖かったのは、「国公立病院の病床数の多さ」です。当時、私立病院もぼちぼちとCOVID-19患者を診てくれるようになっていたのですが、それでも5床とか10床のレベルでした。国公立病院の病床数は、例えば当院は55床、堺市立総合医療センターは60床、十三市民病院は90床と、かなり多いのです(いずれも第4波の時点)。

 第4波では、軽症例はもう入院してきません。新規入院の70%がSpO2 90%を下回っていました。このうち、少なくとも1割、多くて2割が重症化しますので、病床数が多いところほど地獄を見ていたと確信しています。夜勤看護師3人の病院で、人工呼吸器4台を診ていたところもあったと聞いています。

 人工呼吸器装着患者も「1床」のカウントですから、空きがあればどんどん新規入院がやってきます。しかもその7割が呼吸不全です。地獄の悪循環でした。

「患者の選別」に現実味

中山:倉原先生の病院では人工呼吸器を装着するかどうか、患者を選別する必要に迫られたのでしょうか。

倉原:直接的な選別はありませんでしたが、この次もし悪化した場合、この人を挿管するかどうかという議論にはなりました。すでに人工呼吸器が3台稼働していて、1人が悪化しそうだったのですが、ネーザルハイフロー(鼻を経由して酸素を投与する機器。気管挿管は必要ない)で乗り切るべきかどうか議論しました。

中山:まだコロナ禍が明けたわけではありませんが、これまで最も恐ろしいと感じたことは何でしたか。そして、学びになったことは何だったのでしょうか。

倉原:当初は新型コロナのことを私たちは恐怖していましたが、だんだん慣れてくると、自施設でクラスターを出さないように頑張ろうという一体感のほうが強くなってきて、恐怖心は薄れてくるんです。しかし、新型コロナ診療に従事する医療従事者への差別は結構ひどいものがありました。特に、職員の子供が保育園の登園をやんわり敬遠されたり、コロナ病棟に勤務している保護者は名乗り出てほしいという手紙が小学校から来たり。まぁこれは報道にある通りです。

 たぶん、差別している人は悪気があるわけではなく、えたいの知れないものを自分のそばに近寄らせたくないだけなんですよね。だから何が最も恐ろしかったのかといえば、「人間」そのものです。ハンセン病、HIV感染症、ペストなどいろいろな感染症と人類は対峙してきましたが、これは差別の歴史でもあります。この情報化社会になってもなお、感染症で差別が起こるというのは信じ難かったですし、「人間」の怖さを思い知りました。

中山:なるほど、「地獄」といわれた大阪の第4波をくぐった先生がおっしゃると、重みがあります。本日は貴重なお話を聞かせていただき、ありがとうございました。

[日経ビジネス電子版 2021年8月12日の記事を再構成。過去の連載記事はこちら

中山祐次郎(なかやま・ゆうじろう)さん
外科医
中山祐次郎(なかやま・ゆうじろう)さん 1980年生まれ。聖光学院高等学校を卒業後、2浪を経て、鹿児島大学医学部医学科を卒業。その後、都立駒込病院外科初期・後期研修医を修了。2017年2~3月は福島県広野町の高野病院院長、現在は郡山市の総合南東北病院で外科医長として勤務。資格は消化器外科専門医、外科専門医、がん治療認定医、感染管理医師など。モットーは「いつ死んでも後悔するように生きる」。Yahoo!ニュース個人連載では計4回の月間Most Valuable Article賞を受賞。主な著書に『幸せな死のために一刻も早くあなたにお伝えしたいこと~若き外科医が見つめた『いのち』の現場三百六十五日~』(幻冬舎) 、『医者の本音』(SBクリエイティブ)、『泣くな研修医』(幻冬舎文庫)ほか。

先頭へ

前へ

3/3 page

新型コロナ
キーワード一覧へ

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 加齢で進む胃の不調 機能性ディスペプシアと逆流性食道炎の原因と対策

    加齢により胃の機能が衰えると、さまざまな不調が起きる。ピロリ菌の除菌が進んで胃がんや胃潰瘍が減ってきた今、胃の病気の主役は、胃もたれや胃痛の症状を招く「機能性ディスペプシア」と、胸やけやげっぷが起きる「逆流性食道炎」の2つに移行しつつある。なぜ機能性ディスペプシアと逆流性食道炎は起きるのか、どのような治療が必要なのか、セルフケアで改善・予防できるのか。このテーマ別特集では、胃の不調の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 「中途覚醒が多く寝た気がしない」 中高年の睡眠の悩み解消術

    「睡眠の途中で何度も目を覚まし、眠った気がしない」「早朝に目覚めてしまい、その後なかなか寝付けない」――。歳をとるにつれ、そんな「中途覚醒」「早朝覚醒」に悩まされるようになったという人も多いだろう。なぜ中途覚醒は起きるのか。中途覚醒を解消して、若い頃のような「熟睡」を手に入れることはできるのか。このテーマ別特集では、中途覚醒の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.