日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > 一介の外科医、日々是絶筆  > 新型コロナ第4波の「地獄」を見た医師、「本当に怖いのは人間」  > 2ページ目
印刷

一介の外科医、日々是絶筆

新型コロナ第4波の「地獄」を見た医師、「本当に怖いのは人間」

 中山 祐次郎

誇張ではなく「ただただ地獄」

中山:やっと第3波が終息したのもつかの間、すぐに第4波がやってきました。特に大阪では感染者数が爆発的に増え、重症者があふれて大ピンチだったのではないかと思います。その頃の「大阪の地獄」と呼ばれるお話を教えてください。

倉原:決して誇張するわけではなく、ただただ「地獄」でした。当院は55床での運用でしたが、ほぼ満床でフル稼働していました。大阪府の「医療逼迫(ひっぱく)」が始まったのは、2021年4月上旬からです。このころから、重症病床が満床になりました。これは何を意味しているかというと、軽症中等症病床で気管挿管しても、重症病床が引き受けてくれないということです。つまり、療養型病床であろうと集中治療医がいない病院であろうと、自施設で人工呼吸器を装着してCOVID-19患者を診切らなければなりません。

大阪の重症患者数の推移(倉原優氏作成)
大阪の重症患者数の推移(倉原優氏作成)
[画像のクリックで拡大表示]

 図の黄色の部分が、転院できなかった重症患者さんです。5月4日には、全重症患者数が449人、そのうち転院できないのが94人にまで到達しました。大阪府のICUベッド数が610余りですから、これはもう医療崩壊と言ってもよいでしょう。待機手術(緊急手術ではない、計画的に行う手術)を止めないとICUが回らなくなる水準ですね。私はちょうどゴールデンウイーク中のコロナ当番だったので、4日連続で気管挿管することがあり、アドレナリンがずっと出ている状態で診療していました。

 自宅療養中のCOVID-19患者さんが救急車を要請しても、どこも引き受けられない事案が出始めました。こちらとしても診てあげたいのですが、軽症中等症病床の看護というのはマンパワーが限られています。そのため、人工呼吸管理が必要な患者がズラっと並んでいる状態では、看護師の人手が足りないがゆえに引き受けできなかったのです。

急激に酸素飽和度が低下し、気管挿管に至る

中山:お話を伺って、本当に大変な状況だったのだろうと身震いしました。気管挿管という、医師にとって非常に感染リスクの高い行為を日常的にしなければならなかったと思います。その頃はどんなストレスがありましたか。

倉原:まず、挿管に至る予測が難しかったです。普段私たちが経験するARDS(急性呼吸窮迫症候群)は、細菌感染症などが原因によって呼吸不全が起こるものが多く、そろそろこの人は挿管だなぁという予測が立てられていました。しかし、COVID-19はその常識が通用しません。朝元気だったにもかかわらず、夜に電話がかかってきて緊急で挿管になったこともありました。

 新型コロナ肺炎の怖いところは、両肺すりガラス陰影になっている患者さんでも、当初はSpO2(酸素飽和度。体内の酸素濃度のこと)が比較的保たれているところです。それから恐らく肺胞腔(くう)内に滲出(しんしゅつ)液が出始め、換気できなくなる肺胞が指数関数的に増えることで、急激にSpO2が低下するのだろうと理解しています。

 他院で挿管中に感染した医師をコロナ病棟で診ていたこともあったので、自分も感染したらやばいなと思ったこともありますが、第3波、第4波と経ていくにつれて、(感染対策がしっかりした)コロナ病棟では意外と感染しないことが分かってきました。看護師も挿管の介助に慣れてきていました。ですので、第4波のときよりも、実はコロナ病棟を立ち上げて間もない第2波あたりのほうが怖かった、というのが正直なところです。

新型コロナ
キーワード一覧へ

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 加齢で進む胃の不調 機能性ディスペプシアと逆流性食道炎の原因と対策

    加齢により胃の機能が衰えると、さまざまな不調が起きる。ピロリ菌の除菌が進んで胃がんや胃潰瘍が減ってきた今、胃の病気の主役は、胃もたれや胃痛の症状を招く「機能性ディスペプシア」と、胸やけやげっぷが起きる「逆流性食道炎」の2つに移行しつつある。なぜ機能性ディスペプシアと逆流性食道炎は起きるのか、どのような治療が必要なのか、セルフケアで改善・予防できるのか。このテーマ別特集では、胃の不調の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 「中途覚醒が多く寝た気がしない」 中高年の睡眠の悩み解消術

    「睡眠の途中で何度も目を覚まし、眠った気がしない」「早朝に目覚めてしまい、その後なかなか寝付けない」――。歳をとるにつれ、そんな「中途覚醒」「早朝覚醒」に悩まされるようになったという人も多いだろう。なぜ中途覚醒は起きるのか。中途覚醒を解消して、若い頃のような「熟睡」を手に入れることはできるのか。このテーマ別特集では、中途覚醒の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.