日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > 一介の外科医、日々是絶筆  > コロナ感染の恐怖、我が子に会えない 外科医の壮絶なリアル
印刷

一介の外科医、日々是絶筆

コロナ感染の恐怖、我が子に会えない 外科医の壮絶なリアル

 中山 祐次郎

外科医の中山祐次郎さんによる日経ビジネス電子版の連載記事を、日経Goodayでもお届けします。コロナの感染拡大に関しては「予想を大きく外した」という中山さん。コロナの影響は、外科の領域でも決して小さくありませんでした。そんななか、妻の出産に立ち会えないという事態に…。

新型コロナウイルス感染症の拡大による影響は、外科でも決して小さくない。写真はイメージ(写真:123RF)

 こんにちは、総合南東北病院外科の中山祐次郎です。コロナ禍でずいぶんご無沙汰してしまいましたが、久しぶりの記事をお送りいたします。日経Goodayの読者の皆さん、はじめまして。

 私生活では初めての子が生まれたり、2018年に出版した小説『泣くな研修医』がテレビ朝日系列でドラマ化されたりと、いろんなことがありました。

 さて、2019年の冬から始まった新型コロナウイルス感染症の世界的流行(パンデミック)。私たちは嫌というほどこの病名をニュースで見聞きし、恐ろしい数の死者を経験しました。290万人を超えるという下手な戦争よりも多い死者なのですから、とんでもない惨禍に世界中が見舞われました。

 そんななか、アジアの島国である我が国の、福島県という一地方でこぢんまりとサラリーマン医者をやっている40歳の私に起きたこと。非常にミクロな視点ではありますが、一医者に起きた経験談として、恥ずかしい失敗も含めて、どうしてもお伝えしておきたいと今、考えています。

 本原稿を書いているのはまだ風が肌寒い2021年3月の中ごろ。コロナウイルスのワクチンを接種した、まさに翌日のことです。これからワクチン接種が全国的に進めば、自然と感染症は終息に向かうかもしれません。2022年の夏ごろにはWHOが終息宣言を出していてくれ、という希望的観測を持ちつつお話をしてまいりましょう。

予想が大きく外れたコロナの感染拡大

 正直なところ、私はこの病気を初め「大したことはなさそうだ」と見ていました。

 この感染症が2020年1月に数人規模で国内に入り、大きな客船が封鎖され、などの報道を見ていて、私は「間違いなく国内で流行するが、死者が多数出るようなことはない」と確信していました。

 医者として理屈で考えると、呼吸器(=肺やのど)の感染症で、ウイルスが原因なのだから、くしゃみや咳による飛沫感染はあるだろう。飛沫感染があるなら、とうてい水際対策で防ぎ切れるものではない。さらに日本の水際対策はザルで、諸外国のように強制的に隔離をしたり外出したら逮捕したりするようなことをしないので、国内に入ることは防げないだろう。

 そう予想しつつ、しかし都会だけでの流行ですむだろう、とも思っていたのです。特に私の住む人口約30万人の福島県郡山市は、観光客が多い街ではなく、強いて言えば東京へのアクセスがまあまあいい(東北新幹線で1時間半程度です)くらいで、あまり危険性を感じていなかったのですね。

 もっと言うと、当時はまだどんな病気か、特に、どれくらい人を死なせる病気かが分かっていなかったので、まあはしか(麻疹)ほどは恐ろしくないだろうし、ちょっと流行しても1シーズンで終わるだろう、と高をくくっておりました。日経ビジネスの私の連載でも、「まあ、大したことはないんじゃないですか」というトーンでした。

 ちなみに私は外科医ではありますが、医者になって11年目に京都大学大学院で公衆衛生を学んで修士号(MPHと言います)を取っており、かつ日本の感染症治療の雄である都立駒込病院で(外科ではありますが)働いていたため、感染症について一定の知識を持っていました。日本感染症学会のICD(インフェクションコントロールドクター:感染管理医師)という資格も持ち、実際に「病院内で院内感染を防ぐ」仕事にも携わっていたのです。

 その立場からも、「大したことはなさそうだけど、まだよく分からないな……」というのが正直なところでした。皆さんご存じの通り、この予想は大きく外れることになります。

1/3 page

最後へ

次へ

新型コロナ
キーワード一覧へ

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

  • 痛風だけじゃない!「高すぎる尿酸値」のリスク

    尿酸値と関係する病気といえば「痛風」を思い浮かべる人が多いだろう。だが、近年の研究から、尿酸値の高い状態が続くことは、痛風だけでなく、様々な疾患の原因となることが明らかになってきた。尿酸値が高くても何の自覚症状もないため放置している人が多いが、放置は厳禁だ。本記事では、最新研究から見えてきた「高尿酸血症を放置するリスク」と、すぐに実践したい尿酸対策をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.