日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > Gooday Books  > コロナの家庭内感染を防ぐ切り札は「家でも◯◯◯」
印刷

Gooday Books

コロナの家庭内感染を防ぐ切り札は「家でも◯◯◯」

肺炎を正しく恐れる(2)

 大谷義夫=池袋大谷クリニック院長

 呼吸器のスペシャリストとして肺炎と向き合って30年。池袋大谷クリニック院長の大谷義夫さんは、新刊『肺炎を正しく恐れる』(日経プレミアシリーズ)で、コロナから私たちの命と健康を守る方法を徹底的に解説します。

 自身のクリニックで毎日のように新型コロナ感染疑いの患者を診察し、その豊富な臨床経験をもとに、テレビ等での分かりやすい情報発信でも定評のある大谷さん。この連載では、『肺炎を正しく恐れる』の内容をもとにしつつ、本では書ききれなかったエピソードも盛り込んでお届けします。今回は、家庭内感染の予防について。

家庭内感染が夏以降に急増!

写真はイメージ (c) Comaniciu Dan Dumitru-123RF

 前回、私がテレビ番組で「PCR検査の拡充」を訴えたところ、思わぬ事態を招いた件についてお話ししました。今回は、よく質問を受ける「家庭内感染を防ぐ方法」についてです。

 日本で新型コロナウイルスに感染した人が、どの場所で感染したのかを調べると、特に2020年の夏以降に増えているのは「家の中」です。

 このウイルスは、発熱や咳などの症状が出る前から人にうつしてしまうので、一緒に住んでいる家族に感染させてしまうのは、ある意味仕方のないことなのかもしれません。

 発症してから、慌てて本人を隔離して、家の中を消毒しても、ほかの人にうつってしまった後だったかもしれないのです。

 ここで、「濃厚接触者」の定義を確認しておきましょう。よく聞く言葉である濃厚接触者とは、感染者が発症する2日前以降に、同居あるいは、車内などで長時間一緒だった人、近い距離で感染予防策のないまま15分以上接触があった人などと決められています。

濃厚接触者の定義

感染者の発症2日前以降に次の範囲で接触した人を濃厚接触者という

  • 同居あるいは長時間の接触(車内、航空機内等)があった人
  • 適切な感染防護なしに感染者を診察、看護もしくは介護した人
  • 気道分泌液もしくは体液等の汚染物質に直接触れた可能性が高い人
  • 1m程度の距離で、感染予防策なしで15分以上の接触があった人

厚生労働省『新型コロナウイルス感染症診療の手引き 第2.2版』より。

 つまり、家族の誰かが新型コロナウイルスに感染していることが分かると、一緒に住んでいる人はそのまま濃厚接触者となり、すぐにPCR検査の対象となることが分かります。

基本は手洗い、消毒だが…

大谷義夫著『肺炎を正しく恐れる』(日経プレミアシリーズ)

 家庭内でのクラスター感染を予防するのはなかなか難しいことかもしれませんが、方策はいくつか考えられます。

 まず、アルコール消毒手洗いを徹底すること。玄関先での手指のアルコール消毒、ドアノブなどよく触れるところの消毒、そして食事の際に感染することも考えられるので、食卓もきちんと消毒しましょう。

 食卓に座るときは、可能ならば向かい合わせに座るのではなく、斜めに座るといいでしょう(*1)。食事中は飛沫を飛ばさないよう、大きな声での会話は控えましょう。やや寂しい感じがしますが、当面の家庭内感染防止のための生活様式です。

 なお、最近、我が家では、ダイニングとリビングに分かれて食事をとるようにしています。

*1 理化学研究所や神戸大などが2020年10月に公表したスーパーコンピューター「富岳」のシミュレーションによると、横に座った人とマスクを付けずに話した場合、飛沫が多く届く可能性があるという結果も出ている。

1/2 page

最後へ

次へ

新型コロナ
キーワード一覧へ
日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 肩の痛みから高血圧まで、「姿勢の崩れ」は様々な不調の原因に

    「姿勢」が、肩こりや腰痛の原因になることを知っている人は多いだろうが、足の痛みや高血圧、誤嚥性肺炎まで、全身の様々な不調・疾患の原因になることをご存じの方は少ないかもしれない。これまでに掲載した人気記事から、姿勢と様々な病気・不調との関係について知っておきたいことをコンパクトにまとめた。

  • あなたも「隠れ心房細動」?! 高齢化で急増する危険な不整脈

    脈の速さやリズムが乱れる「不整脈」。その一種である「心房細動」は、高齢化に伴い患者数が増加しており、潜在患者も含めると100万人を超えると言われている。心房細動の怖いところは、放置すると脳梗塞などの命に関わる病気を引き起こす可能性があることだ。本記事では、心房細動の症状や早期発見のコツ、治療のポイントなどをコンパクトにまとめた。

  • 変形性膝関節症のつらい痛みを改善する運動とは?

    年を取ると多くの人が感じる「膝の痛み」。その原因で最もよくあるケースが「変形性膝関節症」だ。膝が痛いと外出がおっくうになり、体を動かす機会が減るため、そのまま何もしないとますます足腰が衰えてしまう。だが実は、変形性膝関節症の痛みをとり、関節の動きを改善するために有効なのが、膝への負担を抑えた「運動」なのだ。ここでは、膝の痛みが起きる仕組みから、改善するための運動のやり方までをまとめよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設 日経Gooday春割キャンペーン

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.