日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > Gooday Books  > 炎上、電凸… 医師が実感した「コロナと言論封殺」
印刷

Gooday Books

炎上、電凸… 医師が実感した「コロナと言論封殺」

肺炎を正しく恐れる(1)

 大谷義夫=池袋大谷クリニック院長

 呼吸器のスペシャリストとして肺炎と向き合って30年。池袋大谷クリニック院長の大谷義夫さんは、新刊『肺炎を正しく恐れる』(日経プレミアシリーズ)で、コロナから私たちの命と健康を守る方法を徹底的に解説します。

 自身のクリニックで毎日のように新型コロナ感染疑いの患者を診察し、その豊富な臨床経験をもとに、テレビ等での分かりやすい情報発信でも定評のある大谷さん。この連載では、『肺炎を正しく恐れる』の内容をもとにしつつ、本では書ききれなかったエピソードも盛り込んでお届けします。

「PCR検査の拡充」を訴えただけで言われなき批判が殺到

写真はイメージ (c)stylephotographs-123RF
写真はイメージ (c)stylephotographs-123RF

 私のクリニックは、池袋の中心部にあります。

 新型コロナの感染拡大を受けて、クリニックを改装し、機械を導入して陰圧スペースを作り、唾液によるPCR検査にも対応しています。

 毎日のようにコロナ感染が疑われる患者さんを診察しています。そのときはもちろん、防護服を着ます。

 こうした本業の合間を縫って、メディアでも情報発信を続けています。

 新型コロナウイルス感染症の拡大によって、自分では解決できない大きな不安を抱えたみなさんのために、日々患者さんと接する臨床の現場からさまざまな情報をお伝えすることは意義があると考えているのです。

 もちろん、現在の流行について分析し、社会全体の対策をどうすべきかを解説するのは、感染症を専門とする先生方の役割です。私からは、診察においてどのような課題があるか、患者さんがどのような状態かなどをお伝えしています。

 ところが、このような情報発信が思わぬ事態を招いたこともありました。

大谷義夫著『肺炎を正しく恐れる』(日経プレミアシリーズ)
大谷義夫著『肺炎を正しく恐れる』(日経プレミアシリーズ)

 2020年の2~3月の頃は、PCR検査の体制がまだ十分ではなく、私が診察で「酸素吸入が必要で入院しなければならない重症肺炎で、新型コロナの疑いが強いので検査をしたほうがいい」と判断しても、保健所がなかなか検査を許可してくれないということが相次いでいました。

 私がテレビ番組でこうした現場の悩みと、必要な患者さんへのPCR検査の拡充を訴えたところ、一部の人から猛烈な批判にさらされたのです。

 1日に20~30件もの抗議の電話が数日間かかってきました。

 私のクリニックは呼吸器内科が専門です。呼吸が苦しくて受診を希望している患者さんからの電話が、つながらなくなってしまいました

 抗議の電話に応対した妻によると、「政権批判だ!」などと支離滅裂なことを言われ、さらに見知らぬ男性がクリニックに乗り込んできたこともありました。

 そして、妻は心労から体調を崩し、帯状疱疹を発症してしまったのです。

1/2 page

最後へ

次へ

新型コロナ
キーワード一覧へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 加齢で進む胃の不調 機能性ディスペプシアと逆流性食道炎の原因と対策

    加齢により胃の機能が衰えると、さまざまな不調が起きる。ピロリ菌の除菌が進んで胃がんや胃潰瘍が減ってきた今、胃の病気の主役は、胃もたれや胃痛の症状を招く「機能性ディスペプシア」と、胸やけやげっぷが起きる「逆流性食道炎」の2つに移行しつつある。なぜ機能性ディスペプシアと逆流性食道炎は起きるのか、どのような治療が必要なのか、セルフケアで改善・予防できるのか。このテーマ別特集では、胃の不調の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 「中途覚醒が多く寝た気がしない」 中高年の睡眠の悩み解消術

    「睡眠の途中で何度も目を覚まし、眠った気がしない」「早朝に目覚めてしまい、その後なかなか寝付けない」――。歳をとるにつれ、そんな「中途覚醒」「早朝覚醒」に悩まされるようになったという人も多いだろう。なぜ中途覚醒は起きるのか。中途覚醒を解消して、若い頃のような「熟睡」を手に入れることはできるのか。このテーマ別特集では、中途覚醒の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.