日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > Gooday Books  > 炎上、電凸… 医師が実感した「コロナと言論封殺」  > 2ページ目
印刷

Gooday Books

炎上、電凸… 医師が実感した「コロナと言論封殺」

肺炎を正しく恐れる(1)

 大谷義夫=池袋大谷クリニック院長

家族と患者を守るため出演を取りやめ

肺炎を正しく恐れる』の著者である、池袋大谷クリニック院長の大谷義夫さん。
[画像のクリックで拡大表示]

 確かに当時は、国もPCR検査を拡充したくてもできなかったのかもしれません。ですが私の発言は、政権を批判したのではなく、医学的見地から必要性を訴えただけなのです。

 それに対して、怒りに任せて抗議の電話をかけてきたり、突然訪問して診療を妨害したりするのは、一種の“言論封殺”ではないかとすら思います。

 私は、家族と患者さんを守るため、しばらくテレビなどの出演を取りやめました。

 このような形で呼吸器の症状で悩む患者さんの診療を妨害するのは、許されることではありません。

 数カ月後、NHKの報道番組でこの“事件”が取り上げられました。テレビでPCR検査の拡充を訴えたことで、抗議の電話が多数かかってきて、診療が妨害された件が報じられると、今度はありがたいことに、温かいメールやお手紙、電話をたくさんいただいたのです。

 ただでさえ、このコロナ禍で、医療従事者はさまざまな問題に直面しています。自分が感染するリスクと隣り合わせであるのは、覚悟してやっているのでまだいいでしょう。ですが、医療従事者やその家族が、周囲の人から言われなき差別を受けたりしていることには心が痛みます。

 「コロナうつすな、学校に来るな」などと言われたお子さんがいると聞くと、想像しただけでも涙が出そうです。

 不安を抱えているのは、患者さんも、感染を恐れる一般の方も、医療従事者とその家族も、みんな同じです。

 新型コロナウイルス感染症は、簡単にはこの世から消えてなくなりません。だからこそ、日々の診察やメディアでの発信を、これからも続けていこうと、私は自分に誓っています。

◇     ◇     ◇

 次回は、新型コロナの「家庭内感染」を防ぐ方法についてお伝えします。

(写真:鈴木愛子)

肺炎を正しく恐れる

大谷義夫 著

新型コロナウイルスによる肺炎は、これまでとは何が違うのか。
なぜ、一気に悪化してあっという間に亡くなる人がいるのか。
肺炎を避け、予防するにはどうすればいいのか――。
呼吸器内科医として肺炎と向き合って30年。テレビにもたびたび出演する、池袋大谷クリニック院長の大谷義夫さんが徹底的に解説する一冊。

大谷義夫(おおたに よしお)さん 池袋大谷クリニック院長 呼吸器内科医
大谷義夫(おおたに よしお)さん 2005年に東京医科歯科大学呼吸器内科医局長に就任。米国ミシガン大学に留学などを経て、2009年に池袋大谷クリニックを開院。全国屈指の呼吸器内科の患者数を誇るクリニックに。呼吸器内科のスペシャリストとしてテレビ等で情報発信を行う。著書に『絶対に休めない医師がやっている最強の体調管理』など多数。最新刊は『肺炎を正しく恐れる』(日経プレミアシリーズ)。

先頭へ

前へ

2/2 page

新型コロナ
キーワード一覧へ
日経グッデイ初割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 始めよう筋トレ 最低限やりたいエクササイズと食生活のポイント

    筋トレはできるだけ若いうちに始めることに大きなメリットがあるといわれる。それはなぜなのか。また、どんな筋肉をどのように鍛えるのが効果的なのか。高齢になってもしっかりした足腰でいるために今のうちから最低限やっておきたい筋肉エクササイズ、食生活の注意点などを知り、今年こそ「筋トレ習慣」を身に付けよう。

  • 第3波を乗り切るためのコロナ対策

    新型コロナウイルスの新規感染者が再び急増し、日本は今、流行の第3波を迎えている。今後さらに気温と湿度が下がると、ウイルスの生存により適した条件が整うようになる。これ以上の流行拡大を防ぐためには、1人1人が感染予防策を改めて見直し、感染リスクの高い行動を避けて生活することが不可欠だ。第3波を乗り切るためのコロナ対策を、もう一度まとめた。

  • 寝たきり予備軍「フレイル」を防ぐためにできること

    老化を防ぎ、健康寿命を延ばすためには、加齢により心身が衰えた状態である「フレイル」の予防が必要になる。フレイルは、健康な状態と要介護状態の中間に当たるが、これを避けるために特に重要なのが「筋肉量の維持」だ。筋肉量が減少すると、足腰が弱くなって寝たきりにつながるだけでなく、認知症や心疾患のリスクが上がることも分かってきた。筋肉量を維持し、フレイルを防ぐために何をすればよいだろうか。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設 日経Gooday初割キャンペーン

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.