日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > Gooday Books  > ゲーム時間は制限すべきか 子供の賢さを伸ばす「ルール作り」  > 3ページ目
印刷

Gooday Books

ゲーム時間は制限すべきか 子供の賢さを伸ばす「ルール作り」

 瀧靖之=東北大学教授

ゲームの時間は制限したほうがいい?

:子供が好きなことを後押しするのがいいのなら、「YouTube」はどうですか。子供ならみんなそうですが、うちの娘はYouTubeが大好きで、放っておくとずっと見ようとします。動画をぼーっと見ているようで、そこから新しい言葉を覚えたりもしているようです。

:小学生にとってはYouTuberが憧れの職業になっているそうですね。YouTubeをきっかけにいろんな情報に触れて、新しい世界を知ることも実際にあります。ギター、サッカーなど、楽器やスポーツの練習動画も充実していて、英語など語学の勉強にも使えますよね。ただ、YouTubeなどのネットサービスは、ゲームなどと同様、「依存症」に気を付けなければならないと考えています。

:「依存症」って、アルコールとかと同じですか?

:その通りです。自分が好きだからネットやゲームを続けるのではなく、「中毒になってやめられない」から続けてしまうんです。WHO(世界保健機関)は、ゲーム症(ゲーム障害)の判定基準を以下のように定めています。

ゲーム症(ゲーム障害)の判定基準

以下のような状態が12カ月続く場合

  • ゲームをする衝動が止められない
  • ゲームを最優先してしまう
  • 何か問題が起きてもゲームを続けてしまう
  • 個人、家族、社会、学習、仕事などに重大な問題が生じている

:これが12カ月続く場合、病気とみなされるんですね。新作ゲーム発売後、1週間だけ廃人になるほどゲームをやるみたいなのはセーフなんですね(笑)。

:そうです(笑)。ただ、幼少期は脳のネットワークが柔軟に変化するので、大人と比べて依存症の進行が速く、すべての症状に当てはまり、かつ重症なら、子供は短期間でもゲーム症とみなすようになっています。「ゲームのプレイ時間が長いほど脳発達が遅れる可能性がある」という研究(*7)もあります。

:ええ! 子供に人気の「マインクラフト」なんて、めちゃくちゃ頭使うし、プログラミングっぽいこともできるので、娘にやらせてあげたいと思っているんですけど。

:もちろん、ゲームによって脳のある領域が鍛えられることはあると思います。ただ、「やり過ぎ」は脳の成長にとってマイナスな影響が増えてしまうんですね。1日2時間とか、夜何時まで、みたいなルールを決めることをお勧めします。

*7 Takeuchi H. et al, Molecular Psychiatry, 21:1781-1789., 2016

高校生の3割強は1日5時間スマホを使う

:個人的にはデジタル技術がこれだけ進化したんだから、その流れに逆らわずツールを使いこなせるようになってほしいと思っていたんですが、子供が小さいうちは依存症にならないよう、使用時間を制限したほうがいいということでしょうか。

:そうなんです。ネットについてもゲームと同じで、LINE、Instagram、Twitter、TikTokのようなSNS にハマってしまって四六時中見ている状態も、やはりWHO が疾病として認定しています。令和2年度(2020年度)「青少年のインターネット利用環境実態調査」(内閣府)によると、10~17歳の青少年のインターネット利用時間は1日平均3時間25分、高校生の3割強(35.9%)が5時間以上使っているそうです。使用時間は年々増加しています。

:1日5時間も!

:チャットやSNSにハマっている子供たちは本当に幸せを感じているのかというと、実はそうではなく、「SNSの利用頻度が高い子供ほど、自己肯定感が低く、孤独感を抱えている」という研究もあります(*8)。

:なるほど。県の条例などでゲーム時間を制限することには「違うんじゃないか」と思っていましたが、自分の子供が依存症になっていないか、ちゃんと見守らないといけないですね。

:私もそう思います。子供が自己管理できるようになるまでは、ゲームやスマホなどの使い方について「ルール」を親と子供で相談して決めるのがお勧めです。

*8 Liu D. et al. Journal of Research in Personality, 64:79-89., 2016

(聞き手 郷和貴=ライター)

脳医学の先生、頭がよくなる科学的な方法を教えて下さい

瀧靖之 東北大学教授・著
瀧靖之 東北大学教授・著

子供4人を東大理IIIに合格させた佐藤亮子ママ推薦!

 猛スピードで環境が変化する現在、「スキルより地頭が重要」と考えられるようになってきた。

 この地頭は、「持って生まれたもの」であり、あとから鍛えたり伸ばしたりする余地はあまりないと思っている人も多いが、東北大学教授の瀧靖之氏はそれを否定する。成長期にある子供だけでなく、中高年のビジネスパーソンでも、脳に適切な刺激を与えれば能力が伸びるという。

 最新の脳科学の成果を基に「地頭を伸ばす方法」を具体的に解説したのが『脳医学の先生、頭がよくなる科学的な方法を教えて下さい』だ。

  • 子供を賢くする声かけは「勉強しなさい」より「好きなことをしなさい
  • 結果」を褒めるより「努力」を褒めたほうが学力は伸びる
  • 東大生は勉強以外のスポーツや音楽、ゲームなどに熱中した体験を持つ人が多い
  • 中高年になると脳の能力は衰える一方」というのは間違い

 子供はもちろん大人の「脳の基礎力UP法」を一挙に紹介した一冊!

瀧靖之(たき やすゆき)さん 東北大学 スマート・エイジング学際重点研究センターおよび加齢医学研究所 臨床加齢医学研究分野 教授
瀧靖之(たき やすゆき)さん 医師。医学博士。東北大学医学部卒業、東北大学大学院医学系研究科博士課程修了。脳のMRI画像を用いたデータベースを作成し、脳の発達や加齢のメカニズムを明らかにする研究者として活躍。読影や解析をした脳のMRI画像は、これまでに16万人に上る。10万部を超えたベストセラー『生涯健康脳』(ソレイユ出版)、『回想脳 脳が健康でいられる大切な習慣』(青春出版社)など著書多数。

先頭へ

前へ

3/3 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 加齢で進む胃の不調 機能性ディスペプシアと逆流性食道炎の原因と対策

    加齢により胃の機能が衰えると、さまざまな不調が起きる。ピロリ菌の除菌が進んで胃がんや胃潰瘍が減ってきた今、胃の病気の主役は、胃もたれや胃痛の症状を招く「機能性ディスペプシア」と、胸やけやげっぷが起きる「逆流性食道炎」の2つに移行しつつある。なぜ機能性ディスペプシアと逆流性食道炎は起きるのか、どのような治療が必要なのか、セルフケアで改善・予防できるのか。このテーマ別特集では、胃の不調の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 「中途覚醒が多く寝た気がしない」 中高年の睡眠の悩み解消術

    「睡眠の途中で何度も目を覚まし、眠った気がしない」「早朝に目覚めてしまい、その後なかなか寝付けない」――。歳をとるにつれ、そんな「中途覚醒」「早朝覚醒」に悩まされるようになったという人も多いだろう。なぜ中途覚醒は起きるのか。中途覚醒を解消して、若い頃のような「熟睡」を手に入れることはできるのか。このテーマ別特集では、中途覚醒の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.