日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > Gooday Books  > ゲーム時間は制限すべきか 子供の賢さを伸ばす「ルール作り」
印刷

Gooday Books

ゲーム時間は制限すべきか 子供の賢さを伸ばす「ルール作り」

 瀧靖之=東北大学教授

デジタル機器は、正しく使えば、子供の学力を伸ばし、知的好奇心を育むツールとなる(写真=123RF)
デジタル機器は、正しく使えば、子供の学力を伸ばし、知的好奇心を育むツールとなる(写真=123RF)

 デジタル技術が進歩する中、子供にも早いうちからゲームやスマートフォン、YouTubeなどに触れさせたほうがいい、という考え方がある。流れに逆らわず、デジタルツールを子供でも使いこなせるようになったほうがいい、というわけだ。

 しかし、子供の脳の発達に詳しい東北大学教授の瀧靖之氏は、「子供は脳のネットワークが柔軟に変化する時期なので、ゲームやネットの依存症に気を付けたほうがいい」と指摘する。

 一方で、デジタル機器の使いようによっては、子供の脳の成長を促すきっかけにもなる。瀧氏の最新の書籍『脳医学の先生、頭がよくなる科学的な方法を教えて下さい』から、子供の脳と学力を伸ばす方法について、ライターの郷和貴氏を聞き手としてお届けする。

中韓のように子供が小さいときから猛烈に勉強させたほうがいい?

郷和貴氏(以下、郷):私は4歳になる娘がいるのですが、どんな教育を受けさせればいいのか悩ましいです。「勉強しなさい」とばかりうるさく言う親にはなりたくないですが、これからの世の中、英語はますます必要だし、AIがもっと普及すれば数学もできたほうがいいですよね。

瀧靖之氏(以下、瀧):親なら誰もが持つ悩みですよ。勉強に関しては、「学力主義」を無理に否定しなくてもいいと思います。「学力が高いと進路選択がしやすくなり、社会的な成功につながる」という研究(*1)がありますし、「学力の高さが自尊感情(自己肯定感)や健康にもつながる」というデータ(*2)もあります。

:中国や韓国には教育熱心な親が多く、小さいときから猛烈に勉強させるなんて聞きますけど、子供の幸せのためには、そこまでやらせてでも学力を伸ばしたほうがいいということですか?

:子供が自分からそれを楽しんでいるならいいと思います。そうでなければ、無理にやらせる必要はありません。

:それを聞いて安心しました。実は、小学校受験専門の塾に娘を通わせていたんですけど、「全然楽しくない」と言い出したのでやめさせたんです……。

:焦らなくていいですよ。ある研究では、「早期教育を受けた子供でも小学校の高学年くらいになると、早期教育がIQ(知能)に与えた影響が薄れていく」という研究(*3)があります。もちろん、早期教育によってその子の才能が開花する場合もあるでしょうが。

*1 Shapka J.D. et al., Educational Research and Evaluation, 12(4): 347-358., 2006
*2 Ray C.E. et al., School Psychology Review, 35(3): 493-501., 2006
*3 Bailey D. et al., Journal of Research on Educational Effectiveness, 10(1): 7-39., 2017

1/3 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 効率的に「お腹を凹ませる」トレーニング

    中年にもなると、お腹がぽっこり出てくるのが気になる人も多い。特に薄着の季節になると、お腹が出ているのが気になり、何とか短期間で凹ませたいと思う人は多いだろう。しかし、スポーツジムでしっかり運動するのはつらいし、運動する時間を確保するのも大変だ。そこで、今回のテーマ別特集では、効率よくお腹を凹ませるために知っておきたい「内臓脂肪」の落とし方と、トレーニングのコツ、そしてお腹を凹ませる「ドローイン」のやり方について解説しよう。

  • 脳を衰えさせる悪い習慣、活性化する良い習慣

    「もの忘れがひどくなった」「単語がスッと出てこない」「集中力が落ちてきた」……。加齢とともに脳の衰えを実感する人は多いだろう。「このままだと、早く認知症になるのでは?」という心配が頭をよぎることもあるだろうが、脳の機能は加齢とともにただ落ちていく一方なのだろうか。どうすれば年齢を重ねても健康な脳を維持できるのか。脳に関する興味深い事実や、健康な脳を維持するための生活習慣について、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

  • 疲労解消は「脳の疲れ」をとることから

    しつこい「疲労」の正体は、実は脳の自律神経の機能の低下であることが近年の疲労医学の研究で明らかになってきた。本記事では、放置すると老化にもつながる「疲労」の怖さとその解消法を、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.