日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > Gooday Books  > 「加齢で脳が衰えるのは仕方ない」は間違い! 脳医学者が解説  > 3ページ目
印刷

Gooday Books

「加齢で脳が衰えるのは仕方ない」は間違い! 脳医学者が解説

 瀧 靖之

趣味を持たないのは「人生損してる」

:それだけ運動に効果が期待できるなら、やったほうがいいのかな……。つい、おっくうになってしまうんですよね。

:気持ちはよく分かります。人間が新しい習慣を身に付けること自体、非常に難しいことですから。楽しみながら続けられる運動が見つかるのが一番です。

 続いて、「趣味・好奇心」です。楽しみながら何かに没頭することが大人にとって「最高の脳トレ」になります。

:趣味なら任せてください。川釣りのほか、プログラミングや、パソコンでの音楽制作などに最近はハマっています。

:素晴らしい。趣味にハマっている人は知的好奇心が次々と湧いてきますよね。知的好奇心が強い人ほど、高次認知機能を担う側頭頭頂部の萎縮が抑えられていることが分かったという研究があります(*6)。つまり、加齢による脳の機能低下が抑えられるわけです。

 また、知的好奇心が強い人ほど記憶の定着がよくなります。具体的には海馬、腹側被蓋野(ふくそくひがいや)、側坐核(そくざかく)、中脳黒質(ちゅうのうこくしつ)などの活動が高まるといわれています(*7)。

:「趣味を持たないのは人生損してる」って言い切っていいんじゃないですか。

:その通りです。「運動しないのも損」って言い切ることもできますが。

:まあ、はい……。

*6 Taki Y. et al., Human Brain Mapping, 34(12):3347-53., 2012e
*7 Gruber M.J. et al., Neuron, 84(2):486-96., 2014

退職年齢は「遅ければ遅いほどいい」

:次は、「コミュニケーション(社会との関わり)」です。なぜコミュニケーションや社会との関わりが大事かというと、感情認知、言語、共感性、社会性などに関わる脳のいろんな領域を駆使して行われるからです(*8)。

:会社で働いていたらコミュニケーションは必須ですよね。

:以前は60歳定年が普通でしたけど、この「退職年齢」ってけっこう大事なんです。健康な高齢者において、退職時年齢が1歳高いだけで死亡リスクが11%低下したというデータもあります(*9)。

:えっ、じゃあ仕事をリタイアするのは遅いほどいいってことですか?

:そうなんです。早々にリタイアして生活費の安い地域に移住したいと思っている方もいるかもしれませんが、早期退職をすると60代前半くらいで脳の機能にマイナスの影響を与える可能性があるという研究もあります(*10)。

:定年退職後にどんな生活を送るかで、だいぶ脳の状態が変わってきそうですね。

:仕事を辞めたあとに何か熱中できることがあって、友人との交流も盛んならいいんですけどね。

 さて、今回は記事の中ではお伝えできませんでしたが、すでにお話ししたように、このほか「食事」「睡眠」「幸福感」も重要です。

:食事と睡眠はまだイメージができますが、「幸福感」とは何ですか?

:自分が幸せだと感じることを、「主観的幸福感」と言いますが、幸せだと感じることでやっぱり脳にもよい影響があるんです。どんな人が幸福感が高いかというと、自分の好きなことを思う存分楽しんでいたり、社交性が高くて社会と積極的につながっている人(*11)、ボランティアのような利他的な活動をしている人ですね(*12)。

:なるほど。うちの母親は地域の福祉に関わる民生委員をやっているのですが、それも脳によいのですね。

:最高ですよ。社会との関わりができ、幸福感も高められ、認知症の予防にもつながるはずです。

(聞き手 郷和貴=ライター)

*8 Kennedy D. et al., Trends in Cognitive Sciences, 16(11):559-572., 2012
*9 Wu C. et al. Journal of Epidemiology and Community Health, 70(9):917-23., 2016
*10 Rohwedder S., et al., J Econ Perspect, 24(1): 119-138., 2010
*11 Diener E. et al., Psychlogical Science, 13(1):81–84., 2002
*12 Borgonovi F., Social Science and Medicine, 66(11):2321-34., 2008

脳医学の先生、頭がよくなる科学的な方法を教えて下さい

瀧靖之 東北大学教授・著
瀧靖之 東北大学教授・著

子供4人を東大理IIIに合格させた佐藤亮子ママ推薦!

 猛スピードで環境が変化する現在、「スキルより地頭が重要」と考えられるようになってきた。

 この地頭は、「持って生まれたもの」であり、あとから鍛えたり伸ばしたりする余地はあまりないと思っている人も多いが、東北大学教授の瀧靖之氏はそれを否定する。成長期にある子供だけでなく、中高年のビジネスパーソンでも、脳に適切な刺激を与えれば能力が伸びるという。

 最新の脳科学の成果を基に「地頭を伸ばす方法」を具体的に解説したのが『脳医学の先生、頭がよくなる科学的な方法を教えて下さい』だ。

  • 子供を賢くする声かけは「勉強しなさい」より「好きなことをしなさい
  • 結果」を褒めるより「努力」を褒めたほうが学力は伸びる
  • 東大生は勉強以外のスポーツや音楽、ゲームなどに熱中した体験を持つ人が多い
  • 中高年になると脳の能力は衰える一方」というのは間違い

 子供はもちろん大人の「脳の基礎力UP法」を一挙に紹介した一冊!

瀧靖之(たき やすゆき)さん 東北大学 スマート・エイジング学際重点研究センターおよび加齢医学研究所 臨床加齢医学研究分野 教授
瀧靖之(たき やすゆき)さん 医師。医学博士。東北大学医学部卒業、東北大学大学院医学系研究科博士課程修了。脳のMRI画像を用いたデータベースを作成し、脳の発達や加齢のメカニズムを明らかにする研究者として活躍。読影や解析をした脳のMRI画像は、これまでに16万人に上る。10万部を超えたベストセラー『生涯健康脳』(ソレイユ出版)、『回想脳 脳が健康でいられる大切な習慣』(青春出版社)など著書多数。

先頭へ

前へ

3/3 page

認知症
キーワード一覧へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 加齢で進む胃の不調 機能性ディスペプシアと逆流性食道炎の原因と対策

    加齢により胃の機能が衰えると、さまざまな不調が起きる。ピロリ菌の除菌が進んで胃がんや胃潰瘍が減ってきた今、胃の病気の主役は、胃もたれや胃痛の症状を招く「機能性ディスペプシア」と、胸やけやげっぷが起きる「逆流性食道炎」の2つに移行しつつある。なぜ機能性ディスペプシアと逆流性食道炎は起きるのか、どのような治療が必要なのか、セルフケアで改善・予防できるのか。このテーマ別特集では、胃の不調の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 「中途覚醒が多く寝た気がしない」 中高年の睡眠の悩み解消術

    「睡眠の途中で何度も目を覚まし、眠った気がしない」「早朝に目覚めてしまい、その後なかなか寝付けない」――。歳をとるにつれ、そんな「中途覚醒」「早朝覚醒」に悩まされるようになったという人も多いだろう。なぜ中途覚醒は起きるのか。中途覚醒を解消して、若い頃のような「熟睡」を手に入れることはできるのか。このテーマ別特集では、中途覚醒の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.