日経Gooday TOP  > からだケア  > Gooday Books  > 猛スピードで開発された新型コロナワクチンは、どう効くのか?  > 4ページ目

Gooday Books

猛スピードで開発された新型コロナワクチンは、どう効くのか?

『新型コロナとワクチン 知らないと不都合な真実』より(後編)

 峰宗太郎、山中浩之

編集Y 体内で増やすほうはどうでしょう。

 従来のワクチンだと、何で作ればいいのか、精製法はどうなのか、といった製造や精製の工程がありましたが、それらはすべてすっ飛ばして、DNAなりRNAなりを合成したら、理屈の上ではあとはDDSを考えて加工して打つだけ、です。

編集Y あとは打つだけ……って。そうか、核酸ワクチンやベクターを使ったワクチンは、打った人の体の細胞を工場にするわけだから。

 そうなんです。「ヒトの身体に作らせるだけ」とも言えるので、最適な設計図を打ち込めればいい、ということなんですよね。

 今回のワクチンの開発「競争」は、こんな状況下で始まりました。新しい技術でSARS、MERS対応を考えていた、RNA、DNA、およびウイルスベクター関連の研究所や会社がスタートダッシュをかけて、目立つのはそういうところばかりです。

参考:N Engl J Med 2020; 382:1969-1973 DOI: 10.1056/NEJMp2005630 など。『<a href="https://www.amazon.co.jp/gp/product/4532264502/" target="_blank">新型コロナとワクチン 知らないと不都合な真実</a>』より
参考:N Engl J Med 2020; 382:1969-1973 DOI: 10.1056/NEJMp2005630 など。『新型コロナとワクチン 知らないと不都合な真実』より

編集Y さきほどおっしゃっていましたが、従来のワクチン開発のおよそ10 倍速で進む大きな理由は、治験(テスト)期間の短縮なんですよね。

リスクは承知、威信をかけて開発レース

 ワクチンの開発レース、特に核酸ワクチンの場合は「どこが最初にワクチンを開発するか」という、科学大国ぶりを見せつける効果を狙っているところもあるように思います。言わせてもらえば「スプートニクと一緒」だと。実際、ロシアの新型コロナワクチンのコードネームは「スプートニクV」ですね。一方で、不活化ワクチンや成分ワクチンが出てくれば、こっちは安全性や副反応については経験からおおむね「予測」ができるものなんですね。こちらが上市(販売)されるのは、2021年の夏か秋になっちゃうと思うんですけれど……。

編集Y じゃ、ワクチン3兄弟のうち「生」はともかくとして、不活化ワクチン、組換えワクチンの開発はどうなっているんでしょう。

 やっているところはちゃんとやっているんです。ただやっぱり遅いんですね。今までのペースより速いとはいえ、テクノロジーの波に乗っていない分、遅い。ということで報道があまりされない、みんなも注目してくれない。

編集Y なるほど。ワクチン開発の歴史をひもといていただくと、今の新型コロナワクチンの開発競争が違った目で見えてきますね。図らずも最先端の開発と需要がマッチした。オーソドックスなほうにはどうも注目が集まらない。ということは、リソースも割かれていないのかもしれない。

 でも、遺伝子工学発祥のちょうど間に合いそうな新技術があること自体は、幸運、とは言えないんでしょうか。

新型コロナ
キーワード一覧へ
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.