日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > Gooday Books  > 知っておきたい新型コロナワクチン 基礎の基礎
印刷

Gooday Books

知っておきたい新型コロナワクチン 基礎の基礎

『新型コロナとワクチン 知らないと不都合な真実』より(前編)

 峰宗太郎、山中浩之

 新型コロナ対策の切り札として、ワクチン接種が日本でも始まろうとしています。そんな中、6万部突破のベストセラーとなり、大きな反響を呼んでいるのが『新型コロナとワクチン 知らないと不都合な真実』(日経プレミアシリーズ)です。本書は、米国立研究機関のウイルス免疫学者である峰宗太郎先生が、日経ビジネスの編集者である山中浩之(編集Y)を聞き役として、ワクチン接種前に誰もが知っておきたい知識を分かりやすく解説しているのが特徴です。

 この連載では、本書の内容を基に、ワクチンの基礎から、なぜ新型コロナワクチンがここまで早く開発できたのか、その効果などをまとめ、2回に分けてお届けします。今回は、前編です。

写真はイメージ (c) instaphotos-123RF

おことわり:本記事の内容は基本的に書籍が執筆された2020年11月時点の情報に基づいています。当時は新型コロナワクチンの第3相臨床試験結果が発表されたタイミングで、現状よりも確実な情報に乏しかったため、新型のワクチン(核酸ワクチン)については抑制的な表現になっています。

 書籍の重版時に追記をしておりますとおり、峰先生は2021年1月に核酸ワクチンの1つ、モデルナのmRNAワクチンを自ら接種されました。こちらについては日経ビジネス電子版の記事「新型コロナの変異は『当たり前』の話、騒げば騒ぐだけ損」を合わせてお読みください。

「免疫力」に気をつけろ

峰宗太郎先生(以下、峰) ワクチンについては、原理原則から話すのが一番分かりやすいと思います。ワクチンって何のためのものかといったら、ヒトの身体に特定のウイルスに対する「免疫」をつけさせるための手段なんです。

編集Y つまり身体に「免疫力」をつけるための手段ですね。

『新型コロナとワクチン 知らないと不都合な真実』(日経プレミアシリーズ)

 はい、それは言うたらあかんのです。「免疫力」というのは自分の一番嫌いな言葉です。というのは、複雑な免疫システムを単純なものだと誤解させてしまうところもありますし、実際にはできないことをできるかのように誤認させるからです。「免疫力アップ」と言うと、いかにもそれらしいですが、実はそれを実現するのはものすごく難しい。つまりこの「免疫力」という言葉は、ある意味で「トンデモ」な文脈で使われることが、すごく多いんですよね。

編集Y うっ、「免疫力」と出てきたら、眉につばを付けろ! と。

 と、まぁ言葉についてはおいておいて、そもそも「免疫」という言葉ですが、これは、「二度なし」から来ている。

編集Y 二度なし。

 「一度かかった感染症に二度はかからない」という現象ですね。

編集Y そうか、そうか。「疫」を「免」れる。

 ただし、これはかなり単純化されています。「二度かからない」ならば、歳を取れば病気にかかることが少なくなりそうですが、そんなことはない。免疫機能は常にすべての細菌やウイルスに対してパーフェクトに機能するかといえば、ほぼパーフェクトな場合もあれば、ダメダメなこともある。

1/4 page

最後へ

次へ

新型コロナ
キーワード一覧へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

  • 痛風だけじゃない!「高すぎる尿酸値」のリスク

    尿酸値と関係する病気といえば「痛風」を思い浮かべる人が多いだろう。だが、近年の研究から、尿酸値の高い状態が続くことは、痛風だけでなく、様々な疾患の原因となることが明らかになってきた。尿酸値が高くても何の自覚症状もないため放置している人が多いが、放置は厳禁だ。本記事では、最新研究から見えてきた「高尿酸血症を放置するリスク」と、すぐに実践したい尿酸対策をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.